「断食」が体に良いことが判明!免疫系を再生させると科学的に証明された

「断食」が体に良いことが判明!免疫系を再生させると科学的に証明された
2014年7月27日

老化や腫瘍の成長の抑制、免疫力の強化・・・。
今、証明されつつある、断食の効能。
e0026609_1072261.jpg


断食(Fasting)と聞いて思い浮かべるのは過激なダイエットか、あるいはイスラム教におけるラマダーンか。いずれにせよ「極端な行為」と位置づけている人が多いはずだ。しかし、南カリフォルニア大学長寿研究所のヴァルテル・ロンゴの研究結果は「極端な行為」の効果を実証した。

ロンゴの実験において、被験者たちは6カ月ごとに2〜4日間、断食を実践した。そのデータ分析から、断食が老化や腫瘍の成長のリスクと関係する酵素、PKA(プロテインキナーゼA)を減少させることに貢献することがわかった。短期間の断食によって細胞は刺激をを受け、新しい白血球を生み出す。その白血球は、感染に強く、病気を遠ざける。断食は、免疫系全体を再生させるというのだ。

「断食の間に、カラダは損傷や老化によって不要となった細胞から解放されます。おそらくは、エネルギーを節約しようとしているのでしょう。この事実はは、高齢者や化学療法を受けている人にとって非常に重要です。断食は、文字どおり新しい免疫系を作り出すのです」

もしもこの実験結果に対して確証が得られれば、断食によって化学療法の効果を何倍も増幅することができる。健康なカラダにとっても体調管理や改善に役立つだろう。

「数日間食事を控えることが人体に害を与えるという証拠は何もありません。一方で特筆すべき恩恵をもたらすという強力な確証が存在するのです」

さて、じつは最大の問題は「断食をやりとげるだけの精神力があるか」ではないだろうか。誘惑の多いの日常生活のなかで、あなたは健康のために食べることをやめられるだろうか?

by yakuraibosi | 2014-08-09 10:09 | Comments(1)
Commented by watanabe-photo-st at 2014-08-09 11:05
はじめまして
小生は修験道の行を行っています
感覚的には 使えない 使わない能力の再稼働か?
五穀断 十穀断も 適当な時期に 適当な方法で行います
 合掌 14代 拝
<< 米大学研究者がヒト細胞からHI... 深圳11歳の小学生、脳腫瘍を患... >>