ベンジャミンフルフォードとデイビットロックフェラー

本日ベンジャミンフルフォードはデイビットロックフェラーに会いました。ブログ読者のsunさんが、来日していることを教えてくれたので、居場所を探しインタビューのアポを取りました。

わずか15分ほどで天皇陛下に呼ばれたので打ち切りましたが、詳しくはイラン国営テレビで次回取りあげる際に報告します。録画もしているので、映像等はセミナーなどでできる範囲で公開します。

おそらく日本国家は動き出したので、21世紀は想像を絶するほどの進歩と平和の世紀になるだろう。
※私個人的には(闇の帝王)と(光の帝王)・・・まさに真逆の二人なので歴史的な会見に感じます。
e0026609_7444098.jpg


e0026609_8223942.jpg

あのデヴィッド・ロックフェラー(92)が来日
今日は都内で、回想録の日本語版の出版記念サイン会を開いた。
サイン会の会場になったのは、ニューヨーク近代美術館(MOMA)の日本におけるアンテナショップがある都内・表参道のビル。

主催したのは、このストアーがオンラインストアとして立ち上がった2004年から出資している、三洋電機の子会社の三洋セールスアンドマーケティング。会場では、三洋電機の社長が、「ロックフェラー様」「ロックフェラー様」と、なぜか「様」付けでロックフェラーを紹介していた。「ロックフェラー先生」なら分かるが、「様」付けは普通なかなか聞かないものである。やはり、<世界皇帝>と称されるほどの人物には「様」づけが当然なのだろうか。

しかし、それだけの理由で92歳のデヴィッド・ロックフェラーが来日するわけがない。財界との会合など色々の予定がセッティングされているらしい。アメリカ国内では、セオドア・ルーズヴェルト4世らが参加しての「日米財界人会議」が開催中である。
by yakuraibosi | 2007-11-12 07:43 | Comments(1)
Commented by 脱洗脳報道はベンジャミン・フル at 2014-08-27 13:13 x

世界皇帝 ディヴィッド・ロックフェラー 死亡 金星人(-) 毎年8,9,10月が大殺界 広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。 アメりカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、見事な洗脳に晒され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 我々はハッ、と気付いて用心し、注意し、警戒すれば騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!


<< 「かぐや」地球の出、地球の入り... UFO >>