<   2005年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 『マイトレーヤ・ラエル』

 『マイトレーヤ・ラエル』 氏へのインタビュー

ラエリアン・ムーブメントの創始者ラエル氏が8月”日本にやってきた。
日本でアジア地区の研修会を開くための来日だ”。

”ラエリアン・ムーブメント”あまり聞きなれないグループだが、日本での活動は20年程前から。一時「クローン人間の開発に着手」とマスメディアに注目されたことも。

”ラエリアン・ムーブメント”とは1973年、当時27歳だったラエル氏がUFOに乗って現れた
「異星人エロヒム」に遭遇し宇宙の原理や人類の起源と未来に関するメッセージを託され
それを世界に知らせるために設立したのだという。

ラエル氏は現在『マイトレーヤ・ラエル』と名乗っている。
そのラエル氏から話を聞いた。

ムーブメントについて、エロヒムを歓待するための神殿、大使館を建設するのが使命
だという。
それはイスラエルの古代文書に記されている人類最後の神殿「第三の神殿」と考えている。

マイトレーヤと名乗るのも、仏教文化の地域での預言者としての名前だという。
そして、世界にいろいろある宗教のなかで仏教が一番”ラエリアン・ムーブメント”に近い
という。

「西の宗教は過去のことを述べ、仏教は未来のことを語っている。仏になる”それは
調和を意味している」と。

日本について「世界の中でも特別な場所」だという。
世界で西暦を使っていることについて「各種の宗教がある中でキリスト暦を使うのは
おかしい、今年はAH60年というべきだ」と主張する。

AHとは「アフター・ヒロシマ」を意味するのだという。
人類が初めて原爆を使用してしまった「1945年8月6日」が新しい時代の始まりで、
この日を長く記憶にとどめるべきだと考えているという。
http://www.rael.org
                     ↓

e0026609_2242610.jpg

by yakuraibosi | 2005-11-30 20:38 | Comments(0)

【ブルガリアのUFO】動画あり!!

【ブルガリアのUFO】動画あり!!
こんな急発進は地球上の乗り物ではないですね。
               ↓
http://www.lookatentertainment.com/nneu231nd1zd823/vids/v-1783.wmv
by yakuraibosi | 2005-11-30 19:49 | Comments(0)

ラエリアン・ムーブメント

ラエリアン・ムーブメント

ラエリアン・ムーブメントという名前を聞いたことがありますか?。

1973年12月13日・・・すべてがひっくり返ることがこの地球上で起きました。
ラエルはエロヒム(天空より飛来した人々)から人類へのメッセージを受け取ったのです。

『地球人類は宇宙から飛来した人々によって、実験室で科学的に創造されたもの』であることを知った。
そして、『聖書や、地球上の大宗教の基本的な聖典はすべて、実際は、この科学による創造の過程を
叙述しているのです。』

それ以来 『ラエル』 は エロヒムのメッセージを知らせるために全世界を飛び回っているのです。
「エロヒムのメッセージ」を全人類に知らせる運動を 『ラエリアン・ムーブメント』といいます


1973年12月13日 『ラエル』 がエロヒムの惑星で不死会議の議長をしている
『ヤーウエ』 と初めて遭遇したときの想像図。↓
e0026609_13265994.jpg

ラエル 
 「いちばん年寄りの人は何歳ぐらいでしょうか?」

ヤーウェ
「最も年寄り、つまり不死会議の議長は2万5000歳ですが、あなたの目の前にいますよ。」
私は、これまでに25の体で生きてきました。
私は、この(採取しておいた遺伝子コードによる再生)実験が行われた、最初の人間です。
だから不死会議の議長になっているのですけれど。
そして、地球での生命の創造は、私自身が指揮したものです」


「宇宙人からのメッセージ」↓ 無限堂出版 ラエル著

ヤーウェ
「人間の将来は彼らの手中にあり、真実はあなたの手中にあります。
決して落胆することなく、真実を世界に広めなさい。」


e0026609_17534023.jpg


エロヒムが「人類に宛てたメッセージ」 ↓ (そのメッセージを無料でダウンロードもできます)

http://ja.rael.org/home

日本ラエリアン・ムーブメント 現ナショナル・ガイドは伊藤M氏です。
下記は 前ナショナル・ガイド沼倉H氏が香港の週刊誌に掲載されたときの写真です。
                ↓
e0026609_2313063.jpg


e0026609_2314839.jpg

       『UFOは写真を撮られることを意識しています』 ↓
e0026609_232536.jpg


『ラエル』
科学のおかげで、私達の近未来は無制限にありとあらゆるものが簡単に生み出される時代となるでしょう。希少資源の問題は過去のものとなります。

仕事の過酷さから解放され、クローン技術、その他の遺伝子工学、ナノテクノロジー(超微小技術)、ロボット工学とヒト生物学の融合により、人間の寿命ははるかに延び、人は病気のない人生を享受できるようになります。この時代は、人間が機械と同化した素晴らしい知能の時代となります。

そのような世界では貨幣は廃止されるでしょう。なぜなら、労働のための動機付けの必要性がなくなるからです。そして、私達は天然資源を保全する必要もなくなります。なぜならば、全てが自己複製子を通して無料で、なおかつ、無制限に手に入るようになるからです。

by yakuraibosi | 2005-11-29 23:11 | Comments(0)

火星の衛星「エロス」

こちらは、火星の衛星「エロス」です。

e0026609_21182737.jpg


e0026609_21185351.jpg

by yakuraibosi | 2005-11-27 21:20 | Comments(0)

「はやぶさ」小惑星の岩石採取成功?。

宇宙航空研究開発機構は26日、探査機「はやぶさ」が地球から2億9千万キロ離れた
小惑星「イトカワ」に着陸し岩石採取のための金属球を発射したと発表した。
ところが、後の発表では金属球の発射に失敗した可能性がある”と修正した。

小惑星「イトカワ」は地球と火星の間の楕円軌道で太陽の周りを回る。
長さ約540メートル、幅約270メートル、高さ約210メートルのジャガイモのような
形をした小惑星。

ちなみに小惑星「イトカワ」は日本のロケット開発の父、故糸川英夫博士にちなんで
名づけられた。
                          ↓
e0026609_20463026.jpg

岩石採取システムの開発を担ったのは東北大の研究グループだった。
by yakuraibosi | 2005-11-27 20:49 | Comments(0)

「私たちの父は宇宙人(うちゅうびと)だった」

天空より飛来した人々”エロヒム”。
優れた科学を持つ彼らはDNAを合成し、あらゆる生物を作り、2万5千年前の地球に
彼らの姿に似せた私たち 『人間』 を想像した。

UFOが地球に飛来する理由は2つある。
彼らにとって我が子にも等しい地球人に真実を伝え、救いたい。
そして異星人と地球人が公式に理解し合う場所「大使館」を作るため
彼らはメッセージをラエル氏に伝えた。

エロヒムは我々を正しい方向へ導いて、平和でもっと良い社会になってもらいたいと
我々を導いてくれているのです。

1973年・12月・13日 の朝、それは起こった。
                 ↓
http://www.rael.org

e0026609_19343176.jpg

by yakuraibosi | 2005-11-27 19:34 | Comments(0)

意識は水の結晶をも変えられる

”人の心、意識は水の結晶をも変えられるのですよ。だから、自分の意識で自分を変えられるのです“と。
(江本勝氏は映画には出演していませんが、HPで紹介されています)
江本氏の紹介 http://www.whatthebleep.com/scientists/#Emoto

e0026609_1827215.jpg

例えば、信じる信じないは別として、水に祈ったり、言葉を伝えると
水の結晶の形が変わる。「ありがとう」ってメッセージを送り続けると
氷の結晶はある形に変わる。

想いが水にこれだけの変化を与えることができるのなら、
 私たちの想いが私たち自身をどれほど大きく変えることができるのか想像できますね。
私たちの体は70パーセント水で出来ていますから。!!
by yakuraibosi | 2005-11-27 18:27 | Comments(2)

UFO

e0026609_21575299.jpg


e0026609_2159328.jpg


e0026609_2202241.jpg


e0026609_21315775.jpg

by yakuraibosi | 2005-11-26 22:01 | Comments(0)

携帯サイズの音声翻訳機!NECがシステム開発に成功

これはすばらしい!!。
携帯サイズの音声翻訳機!NECがシステム開発に成功
         ↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20051124i501.htm

 携帯電話などの小型端末に搭載すれば、日本語、英語双方向で会
話を“同時通訳”できるシステムをNECが初めて開発した。

 英語の苦手な人が、海外旅行などの際に、手軽に持ち運ぶことを
可能にするもので、同社は自動翻訳機能付き携帯電話のソフトとし
て数年後の実用化を目指す。12月7日から都内で開かれる「C&
Cユーザーフォーラム&iExpo2005」で披露する。

 開発した翻訳システムは、旅行時に、ホテル、レストランなどで
使う会話に対応。5万の日本語、3万の英語の単語を認識できる。
端末に日本語や相手の話す英語を吹き込むと、一文ごとに話をして
から1秒後に、翻訳結果が文字と音声ででてくる仕組みだ。

 素早い翻訳と小型化に成功したのは、端末内のICチップ(縦横
約9ミリ)に三つの中央演算処理装置(CPU)を収納したことが
大きい。三つのCPUを同時に働かせることで、声紋などから、一
つ一つの母音、子音の判読、連続する単語列の認識、確率の高い言
葉の並び方の決定などを瞬時に実行することが可能になった。一つ
のCPUのデータ処理量が減り、低消費電力にもつながった。

 これまで、ホストコンピューターに、小型端末をインターネット
で接続して音声翻訳するシステムは研究レベルで開発されていたが、
携帯電話端末だけの翻訳システムは困難だった。
(2005年11月24日3時15分 読売新聞)
by yakuraibosi | 2005-11-26 09:30 | Comments(0)

カナダに現れたUFO

e0026609_193831100.jpg


e0026609_19385636.jpg


e0026609_224113.jpg


e0026609_194076.jpg


e0026609_19402497.jpg

by yakuraibosi | 2005-11-24 19:40 | Comments(0)