<   2005年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

火星の不思議パート2

火星の巨大なバクテリア?それとも構造物?。  ↓
e0026609_1129924.jpg

         UPしてみると・・・  ↓
e0026609_2335432.jpg

火星の月デミオに建物が?。  ↓
e0026609_23473618.jpg

エロスにある四角い構造物?。  ↓
e0026609_21113181.jpg

e0026609_2349742.jpg

火星表面で動くものは何?。  ↓
e0026609_23522036.jpg

エロスのUFO            ↓
e0026609_23501858.jpg

火星の砂旋風(ダストデビル)の動画  ↓
http://www.nasa.gov/images/content/125798main_pia04157.gif
by yakuraibosi | 2005-12-30 23:53 | Comments(5)

火星の不思議

オリンポス山の写真   ↓
e0026609_22371878.jpg

緑地帯も見えます。植物も生息しているのかな? ↓
e0026609_22385028.jpg

河口には雪か氷が”・・・ということは水があるのかな?。  ↓
e0026609_22431951.jpg

火星の湖か?。  ↓
e0026609_22464115.jpg

おなじみ人面岩  ↓
e0026609_23285446.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-30 22:48 | Comments(6)

火星の衛星(ダイモスとフォボス)

火星の衛星(ダイモス)  ↓
e0026609_21555136.jpg

e0026609_21585492.jpg

火星の衛星(フォボス)  ↓
e0026609_21571543.jpg

e0026609_2214017.jpg

e0026609_21592576.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-30 22:07 | Comments(0)

太陽系の第四の惑星 『火星』

火星(かせい)
火星は、地球のすぐそとがわを回る赤い惑星です。赤くかがやくすがたを見ることができます。大きさは、地球の約半分です。
 1972年のマリナー9号は、火星の表面で大量の水が流れたあとを写真にとりました。このことは、火星が昔はずっと暖かく、大気が厚かったかもしれないことを示しています。このような環境であれば、生命が発達し、生息していたかもしれません。ただ、この4年後にアメリカのバイキング・ランダーが火星の土を調べましたが、生命を見つけることはできませんでした。はたして、火星に生物はいるのでしょうか?あるいは、以前は生物がいたのでしょうか?これは火星の石を地球に持って帰るまでは分からないのかもしれません。

e0026609_216012.jpg

ハップル宇宙望遠鏡が撮った写真  ↓
e0026609_20333112.jpg

バイキング1号が撮った火星の表面  ↓
e0026609_20354034.jpg

最初発表された写真の空はきれいな青だった。
その後、茶褐色の空に修正しては発表した。  ↓
e0026609_20363358.gif


e0026609_20404015.jpg

バイキング1号の着陸地点         ↓
e0026609_2222268.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-30 20:36 | Comments(5)

太陽系の第三惑星 『地球』

『地球は守られている』 そして 『人類は試されている』

インテリジェントデザイン(知的計画)によって人類が創造されました。
宇宙船地球号には国境がありませんね!!。地球は一つなんですから。
人類は暴力の連鎖を絶つことが出来るかどうか?試されています。
「目には目を歯には歯を」の原理は地球を滅ぼします。
「右の頬を殴られたら、左の頬を差し出しなさい」が『愛』です。
『愛』のみが地球を救います。
”私たちは自分の敵を愛さなくてはいけません”。
それは自分の意識しだいです。
誰も他人を変えることは出来ません。自分が変わるのです。
人類は黄金文明に到達出来るでしょうか?。
『真実を告げる書』 第一部 『真実のメッセージ』 第二部 『不死の惑星への旅』
『地球人は異星人(知的計画者)エロヒムによって科学的に創造された』

http://www.rael.org/

e0026609_18402999.jpg


e0026609_18411023.jpg


e0026609_18415420.gif

by yakuraibosi | 2005-12-30 20:28 | Comments(0)

太陽系の第二惑星 『金星』

金星は地球にいちばん近い惑星
 金星は、地球のすぐ内側を回り、地球と月の距離の約100倍まで、地球にもっとも近づく惑星(わくせい)です。赤道直径は地球の0.95倍の1万2104キロメートル、重さは地球の0.81倍と、大きさ・重さとも、地球とよく似ています。金星は、地球や他の惑星とは逆に自転し、その周期は243日です。太陽のまわりを1周する公転周期が225日なので、自転のほうが長くかかることがわかります。
 写真:探査機「マゼラン」がレーダー観測で明らかにした金星の表面 ↓
e0026609_20424596.jpg

e0026609_2043771.jpg

ハップル宇宙望遠鏡が撮った写真  ↓
e0026609_20123761.jpg

パイオニア・ビーナスが撮った写真  ↓
e0026609_20134891.jpg

宇宙船ガリレオが撮った写真      ↓
e0026609_20144984.jpg

金星表面の火山活動           ↓
e0026609_20153324.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-28 20:16 | Comments(0)

太陽系の第一惑星 『水星』

水星

小さいけれど、
とても重い惑星が水星
 水星は太陽系のいちばん内側を回る惑星(わくせい)です。水も空気もありません。直径は4880キロメートル。月より少し大きく、地球のおよそ5分の2の大きさで、重さは地球の18分の1です。
                   ↓
e0026609_2075051.jpg

マリナー10号が撮影した水星   ↓
e0026609_2052974.jpg

水星の表面の様子。         ↓
e0026609_2062683.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-28 20:08 | Comments(0)

 『太陽』

太陽
太陽は地球に近い場所にある恒星
 地球をいつも暖かく照らしてくれる太陽は太陽系の中心にあり、恒星の1つです。直径約140万キロメートル、地球の約109倍もある大きな星は、地球と月の軌道がすっぽり入る大きさです。地球からは1億5000万キロメートルはなれた距離にあり、ほかの恒星よりも地球の近くにあるため、明るく、大きな光の玉のように見えます。太陽は水素とヘリウムガスからできていて、表面の温度が約6000度、重さは地球の33万倍、体積は130万倍ほどの大きな球です。
 写真:日本の探査機「ようこう」が撮影した太陽  ↓
e0026609_21181720.jpg

エックス線で見た太陽   ↓
e0026609_21505687.jpg

1991年7月の日食     ↓
e0026609_2152722.jpg

太陽の黒点           ↓
e0026609_2153138.jpg

by yakuraibosi | 2005-12-25 21:53 | Comments(0)

我々のふるさと 『太陽系』

我々の故郷 『太陽系』はちょっと違うんですよ!!。

どこが違うんでしょうか?。
太陽系には10個?の惑星があります。
太陽の近くから見て、水、金、地、火、木、土、天、海、冥、セドナ?の10個ですね。
普通、太陽の重力の影響で近くの惑星は大きく、遠くなるにつれて小さい惑星になるのが自然現象なのです。
ところが我々の故郷 『太陽系』は近くの惑星が小さく、遠くの惑星が大きくなっています。
外回りを大きな引力でガードしてるんですね。
しかも火星と木星の間には小惑星群があり隕石の進入は困難になっています。
地球に隕石が届きにくくなっているのですね。
それは「地球を守る為に綿密に計算された惑星配置」になっていることです。
これは自然現象に逆行した惑星配置であり、「知的生命体によるデザイン」説意外に
考えられませんね。

私たちの『地球は守られているんです』。
太陽系惑星配置図   ↓
e0026609_2195824.jpg

火星と木星の間には小惑星群があり隕石をキャッチします。↓
e0026609_21284153.jpg

つまり「人類は守られている」ということになります。
誰に守られているのでしょうか?。神でしょうか?。
いや”・・・神は存在しません・・・しかし・・・超知的生命体(エロヒム)は存在します。

                                   ↓
http://www.rael.org/
by yakuraibosi | 2005-12-25 21:42 | Comments(0)

いったい地球を誰が回したんですか?。

e0026609_14283643.jpg


e0026609_14285754.jpg


e0026609_14243097.gif


e0026609_1425141.gif


e0026609_1425388.gif


e0026609_1426164.gif

by yakuraibosi | 2005-12-24 23:41 | Comments(0)