<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

UFO

e0026609_951562.jpg


e0026609_953649.jpg




e0026609_9135551.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-28 09:11 | Comments(0)

UFO

e0026609_913143.jpg


e0026609_914884.jpg


e0026609_924535.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-28 09:03 | Comments(0)

UFO

e0026609_858164.jpg


e0026609_858523.jpg


e0026609_8591622.jpg


e0026609_20592184.jpg


e0026609_8595570.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-28 09:00 | Comments(0)

UFO

e0026609_8492687.jpg


e0026609_8494563.jpg


e0026609_8505023.jpg


e0026609_8514331.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-28 08:52 | Comments(0)

細胞から歯の再生に成功、毛の再生にも成功

細胞から歯が再生 東京理科大のグループ、マウスで成功
2007年02月19日
e0026609_8344169.jpg

歯の再生の流れ
 マウスの胎児から歯のもとになる細胞を取り出して培養し、おとなの歯を再生させることに、東京理科大の辻孝・助教授(再生医工学)らの研究グループが成功した。作製の成功率は100%で、歯の中に血管や神経などもできていた。臓器を人工的に再生させる技術につながると期待される。18日付の米科学誌ネイチャーメソッズ電子版で発表する。

 胎児期にはさまざまな臓器や組織が、上皮細胞と間葉細胞という2種の細胞の相互作用でつくられる。辻さんらはこれに着目。マウス胎児のあごの歯胚(はい)から取り出した両細胞を酵素でばらばらにし、どちらも高密度の細胞塊にしたうえで、区分けしてコラーゲンのゲルに入れると、培養に成功することを突き止めた。

 さらに、この細胞塊を50匹のマウスの腎皮膜下に注射。14日後に、すべてで歯の形成を確認できた。歯の再生研究は他にもあるが、作製率は20~25%にとどまっていた。

 また、生体内で育てた歯や、生体の外で人工培養を続けた細胞塊を、おとなのマウスの歯を抜いた跡に移植すると、歯が高い頻度で生着した。この歯の内部には血管や神経のほか、クッションなどの役割を果たす歯根膜も再生できていた。

 グループは今回、同様の手法で毛の再生にも成功した。今後、肝臓や腎臓などの臓器づくりも目指すという。

by yakuraibosi | 2007-02-20 08:23 | Comments(0)

量子コンピューター

世界初! 量子コンピュータの基本素子となる量子ドットの
サイズ・配列制御に成功
e0026609_14184461.jpg


株式会社富士通研究所(社長:藤崎道雄、本社:川崎市)は、量子コンピュータ(*1)の基本素子となる量子ドット (*2)を、所望の位置に所望の大きさで作製する技術を世界で初めて開発し、必要な量子ドット配列を形成することに成功いたしました。当社は量子コンピュータの基本素子である量子ビット(*3)として、結合量子ドット(*4)中の電子スピン(*5)を用いる方式を既に提案しており、今回の成果は、量子コンピュータの実現に大きく貢献するものです。
なお、本研究は、筑波大学の協力を得て、当社の「ナノテクノロジー研究センター」が行ったもので、本技術の詳細は、7月29日から英国エジンバラで開催されている第26回半導体物理国際会議(26th International conference on the Physics of Semiconductors, ICPS2002)にて発表いたします。

by yakuraibosi | 2007-02-19 14:19 | Comments(0)

量子コンピューター

■「商用の量子コンピュータを開発」、カナダのベンチャー企業が発表
http://www.nikkeibp.co.jp/news/manu07q1/525823/
2007年2月16日 12時51分
カナダのベンチャー企業であるD-Wave Systems、Inc.は米国時間の2007年2月13日に、「商用になり得る規模の量子コンピュータを開発した」と発表した。
16個の「量子ビット(qubit)」を用いて構築したシステムで、「離散最適化問題を解くことが可能」と主張する。
すでに一部の報道機関にはシリコンバレーの「Computer History Museum」で、2種類のアプリケーションを解くデモを公開した。

少し前には「実現には数十年以上かかる」「1億年以上かかる」(ある日本人の量子コンピュータの研究者)という指摘もあった同技術だが、D-Wave Systems社は「開発した量子コンピュータを2007年第2
四半期以後に大手企業などに販売する予定」と、「夢物語」から一気に実用化に進む可能性が出てきた。

○量子コンピュータとは

「量子力学的重ね合わせの状態を使って超並列計算ができる」
量子コンピュータというのは、超高速に動作する素子を使ったコンピュータではないという。ひとつひとつの素子が高速であるわけではなく、量子力学的重ね合わせの状態を使って超並列計算を行うことができる超高速コンピュータである、暗号を短時間で破る超高速性能ということだ。

by yakuraibosi | 2007-02-19 11:32 | Comments(0)

人類はこの男によって昇華する”。

エロヒムのメッセンジャー 「マイトレーヤ・ラエル」 
人類の間違った哲学を根底から覆す男!!
それは究極の哲学、永遠の哲学、無限の哲学、25000年進んだエロヒムの哲学!!。

『宇宙人からのメッセージ』

e0026609_21235766.jpg


Welcome to the Raelian Revolution    ↓
無料でダウンロードすることもできます。
http://www.rael.org/

異星人「エロヒム」から受け取ったメッセージは全世界の言語に翻訳されて無限堂から出版されております。

『真実を告げる書』
彼は空飛ぶ円盤と遭遇し搭乗者である異星人(エロヒム)と6日間の会見をした。
異星人(エロヒムは)彼に 「全人類に宛てたメッセージ」 として、書き取らせた内容を世界中に広めるように使命を課せられ「真実を告げる書」として出版した。
彼はその後 「メッセンジャー(使者)」 を意味する『ラエル』に改名した。
この本の第2部には、2年後2度目の遭遇の時、彼らの惑星に招待され想像を絶っする体験をした。この出来事を 「異星人が私を彼らの星に連れていった」 という題で書き記している。


e0026609_10335777.jpg


『異星人を迎えよう』
最初の著書で彼は 「地球上の生命は神の創造によるものでなく、また偶然による進化の産物でもなく、遺伝学と細胞生物学を完全にコントロールできるにいたった異星人によって、実験室で創造されたということだった。
ところが、多くの人々が彼の著書には矛盾することが多すぎると指摘した。
それに答えて、その見かけ上の矛盾について解明し、さらにテレパシーで伝えられた新しいメッセージを紹介している。


e0026609_11273066.gif


『ハーモニー・メデテーション』
時計屋以上に時計のことを知っている人はいるでしょうか?。・・・いませんね。
私たち人間を実験室で100パーセント科学的に創造した異星人エロヒム(時計屋)が私たち(時計)を無限の宇宙的覚醒へと誘うために準備した、究極の科学的瞑想法です。
官能瞑想は 「肉体の覚醒を通じて精神の覚醒に至たる」 ことを目的としており、人が開花するための、最も単純で最も効果的な技法です。


e0026609_11275090.jpg


『クローン・人間にYES』
”あなたはもうすぐ700歳まで生きられるようになるでしょう。
さらに永遠に生きることも可能なのです。
これらは夢物語ではありません。20年以内に起こることなのです”。↓

http://www.youtube.com/watch?v=2cBqyj4f_X4

e0026609_1128747.jpg


『マイトレーヤ』
人類を含む地球上の全生命は、異星人(エロヒム)によって科学的に創造された。
古代のモーゼ、ブッダ、イエス、マホメットらはエロヒムのメッセンジャーだった。
そして、今日、地球最後のメッセンジャーが誕生した。
その名は 『ラエル』・・・『マイトレーヤ・ラエル』(西方に生まれる新たなブッダ)
新しい「聖書」は、私たちの起源について革命的な回答をもたらされ、科学の発展によって到来するすばらしい未来を解き明かしています。その教えの真髄とは・・

e0026609_11282258.jpg


もっと知りたい方はhttp://maitreya.co.kr/jap/maitreya/maitreyarael17.htm
by yakuraibosi | 2007-02-19 11:12 | Comments(0)

UFO

e0026609_203938.jpg


e0026609_20394840.jpg


e0026609_20404385.jpg


e0026609_2041796.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-18 20:41 | Comments(0)

UFO

e0026609_22195294.jpg


e0026609_22211863.jpg


e0026609_22215494.jpg


e0026609_22222597.jpg

by yakuraibosi | 2007-02-06 22:22 | Comments(0)