<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

UFO


by yakuraibosi | 2007-11-28 20:36 | Comments(0)

UFO

e0026609_20391111.jpg


e0026609_2040898.jpg


e0026609_20403410.jpg


e0026609_20424712.jpg

by yakuraibosi | 2007-11-28 20:36 | Comments(0)

140億年前に宇宙が誕生したという説は深刻な誤りか?。

e0026609_19313112.jpg


ノーベル賞を受賞した研究によると、この画像は宇宙の誕生を表わしているという。しかし、Verschuur博士の論文はこの主張に疑問を呈している。
人工衛星『宇宙背景放射探査機』(COBE)から送られてきた有名な画像は、初期宇宙の構造を示したものだと大半の天文学者が考えている。ところが、ある電波天文学者が、この画像はわれわれが住む銀河系内に存在する水素ガスの雲をとらえたものにすぎないとして、この重要な理論に疑問を投げかけている。

メンフィス大学のGerrit Verschuur博士によるこの主張は、天文学者の間で議論を呼んでいる。もし主張が正しければ、過去15年間における最大の発見の1つとされ、2006年のノーベル物理学賞を受賞した理論が、根底から覆されることになるからだ。

Verschuur博士の言う通りなら、140億年前に宇宙が誕生したとするわれわれの認識に、深刻な誤りが存在することになる。天文学者たちにとっては、20世紀初めに一部研究者が火星に「運河」を発見したと主張したとき以上の赤っ恥だ。
by yakuraibosi | 2007-11-24 19:31 | Comments(0)

男性器を撮影した写真集持ち込み禁止の取り消し請求

メイプルソープ男性ヌード写真集輸入禁止の二審判決、見直しか?。

2007年11月19日 09:26 発信地:東京

2005年6月29日、ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)で行われたファッションショーに登場したZoompの新作を身につけた男性モデル。(c)AFP/Mauricio Lima

【11月19日 AFP】出版社アップリンク(Uplink)の浅井隆(Takashi Asai)社長が日本国内で出版済みだった米写真家ロバート・メイプルソープ氏写真集を米国からの持ち込むことを禁止された件について、同社長が国側に禁止処分の取り消しなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁は口頭弁論を2008年1月22日に開くことを決定した。

 アップリンクは1994年、米国の写真家、故ロバート・メイプルソープ(Robert Mapplethorpe)氏が男性器を撮影した写真集を国内で出版。1999年、浅井氏はこの写真集を持って渡米し帰国したが、その際、税関でわいせつ物にあたるとして持ち込みを禁止された。

 同件について、一審の東京地方裁判所は持ち込み禁止の取り消しを認め、政府に70万円の賠償を命じた。しかし二審の東京高等裁判所は一審の請求を退けた。

 最高裁は1999年、同様のケースで原告敗訴の判決を下している。

 
by yakuraibosi | 2007-11-23 15:40 | Comments(0)

世界初 ヒトから“万能”細胞

世界初 ヒトから“万能”細胞

e0026609_9434928.jpg

[写真] 人の体細胞からできたiPS細胞=山中教授提供(京都新聞)

e0026609_21173019.jpg

人の皮膚から「万能細胞」 京大グループら作成成功
 京都大物質-細胞統合システム拠点の山中伸弥教授らの研究グループが、体細胞を遺伝子操作してさまざまな細胞になる能力を持たせた多能性幹細胞「iPS細胞」を、人の細胞で作ることに成功し、米科学誌「セル」電子版で20日発表した。(京都新聞)

NHK - 2007年11月20日
心臓の筋肉や神経細胞など、さまざまな組織や臓器になる「es細胞」とほぼ同じ働きの細胞を、ヒトの皮膚を使って作ることに、京都大学の研究グループが世界で初めて成功しました。再生医療などを大きく前進させる画期的な研究として、注目を集めています。

中でも、最近研究が進んでいるのが人間の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)。全身のどの部位の組織にも変わり得る特殊な能力(全能性)が認められ、「万能細胞」とも呼ばれる。
by yakuraibosi | 2007-11-22 22:44 | Comments(0)

新しいエネルギー

水素発生の新方法環境に優しいエネルギーとして注目されている水素を、特殊な溶液と
アルミを反応させて、簡単に生産できる方法を仙台市の会社が考案しました。


水素は、地球温暖化対策に向けた新しいエネルギーとして注目されていますが、これまでは、
天然ガスを燃やしたり、水を電気分解したりして製造するため、製造過程で出る二酸化炭素のほか、
コストや安全性などの課題を抱えていました。

仙台市青葉区にある研究開発会社「アルカディア」では、およそ8年かけてアルカリ性の特殊な溶液を開発し、
アルミの廃材と反応させて簡単に水素を発生させることに成功しました。
会社では、今回の方法を使えば、二酸化炭素もまったく出ず、
溶液を廃棄しても、環境にもほとんど影響がないとしています。
これについて、エネルギー分野などが専門の東北大学大学院の三浦隆利教授は
「二酸化炭素を出さないで、水素を作るところが非常に優れている。ほとんど水に近い『特殊な水』だが、低いアルカリ濃度で
アルミと反応するのは非常に珍しい。アルミの廃棄物や廃アル カリを組み合わせて出来るのでコスト面でも競争できる」と話しています。

会社では今後、この方法を応用して各国で開発競争が行われている水素自動車に組み込めば、走りながら水素を補
充することも可能になるとして、さらに研究を進めることにしています。
by yakuraibosi | 2007-11-22 22:33 | Comments(0)

UFO


ウェブカメラに写ったUFO母船?。
e0026609_22261011.jpg


e0026609_22262943.jpg


e0026609_22264518.jpg


e0026609_22274020.jpg

by yakuraibosi | 2007-11-22 22:27 | Comments(0)

UFO

e0026609_2215345.jpg


e0026609_22155985.jpg


e0026609_22205239.jpg


e0026609_22212134.jpg


e0026609_22241853.jpg

by yakuraibosi | 2007-11-22 22:16 | Comments(0)

UFO

e0026609_2275144.jpg


e0026609_2281344.jpg


e0026609_2283877.jpg


e0026609_228579.jpg

by yakuraibosi | 2007-11-22 22:09 | Comments(0)

UFO


ニューヨークに出現したUFO母船?。
e0026609_2244230.jpg


e0026609_2253784.jpg


e0026609_2255539.jpg


e0026609_2261443.jpg

by yakuraibosi | 2007-11-22 22:06 | Comments(0)