<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「かぐや」のハイビジョンカメラによる「地球の出」撮影

月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による
「地球の出」撮影の成功について


平成19年11月13日
宇宙航空研究開発機構
日本放送協会


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)および日本放送協会(NHK)は、平成19年10月18日(日本時間、以下同様)に高度約100kmの月周回観測軌道に投入した月周回衛星「かぐや(SELENE)」からハイビジョンカメラ(HDTV)による「地球の出」(注)の動画撮影に世界で初めて成功しました。

 月面越しに地球が昇っていく「地球の出」は、アポロ計画で初めて撮影されました。暗黒の宇宙空間にただひとつ浮かぶ青い地球が印象的なこの画像のハイビジョン撮影に、今回、「かぐや(SELENE)」が世界で初めて成功しました。また、この画像は約38万km隔てた遠い宇宙から地球をハイビジョン撮影したもので、これも世界で初めてです。

 撮影は、「かぐや(SELENE)」に搭載されたNHK開発の宇宙仕様のハイビジョンカメラ(HDTV)によって行われたものです。「かぐや(SELENE)」で撮影した動画画像をJAXA臼田宇宙空間観測所にて受信し、その後、NHKにおいてデータ処理を行いました。

 なお、臼田宇宙空間観測所で受信したテレメトリデータにより、衛星の状態は正常であることを確認しています。

(注)今回、「地球の出」という表現を使っていますが、これは月周回衛星「かぐや(SELENE)」やアポロ有人宇宙船のように月のまわりを回る衛星で見られる現象です。月面上に立つ人間からは地球は絶えずほぼ同じ位置に見え、地球が地平線から昇ってくるような「地球の出」を見ることはできません。

■ハイビジョンカメラ(広角)による「地球の出」の撮影映像
e0026609_21275627.jpg


図1 かぐや搭載のハイビジョンカメラによる「地球の出」の撮影結果
 この画像は、平成19年11月7日14時52分(日本時間)に「かぐや(SELENE)」ハイビジョンカメラ(広角)から撮影され、JAXA臼田宇宙空間観測所にて受信した動画の一部を静止画像として切り出したものです。
 月面は北極付近で、地球にはアラビア半島、インド洋などが見えます。

■ハイビジョンカメラ(望遠)による「地球の入り」の撮影映像
e0026609_21282477.jpg


図2 かぐや搭載のハイビジョンカメラによる「地球の入り」の撮影結果
 この画像は、平成19年11月7日12時07分(日本時間)に「かぐや(SELENE)」ハイビジョンカメラ(望遠)から撮影され、JAXA臼田宇宙空間観測所にて受信した動画の一部を静止画像として切り出したものです。
 月面は南極付近で、地球の中央左にはオーストラリア大陸、右下にアジア大陸が見えています(画面の上が地球の南になっているため、オーストラリア大陸の上下が通常とは逆になっています)。
by yakuraibosi | 2007-12-27 21:29 | Comments(0)

「かぐや」アポロ着陸地点を撮影&痕跡確認されず?。

アポロ着陸地点を撮影 アポロ着陸地点を撮影 かぐや、機器に不調も

私の私的なコメント(^_^;)です。

アポロ17号が着陸した付近のハイビジョン画像を公開した結果、「かぐや」の機器の不調
の為、「アパロ17号が残してきた旗や機体の一部は確認されなかった」と発表した。

しかし、これは「機器のトラブル」だというが、明らかに闇の世界からの
圧力がかかった?と思われます。
何のためのハイビジョンだったのか?。
「機器のトラブル」では世界が納得しないと思います。
真実を公開してほしいです。。。

■「かぐや」打ち上げ成功・・・ おめでとう!!。
e0026609_20411331.jpg


■アポロ17号が着陸した付近のハイビジョン画像を公開・・・ この程度の画像では納得できない。期が熟したら公開してほしい!!。
e0026609_20415694.jpg


 宇宙航空研究開発機構は21日、月周回衛星「かぐや」が撮影した、1972年に米国のアポロ17号が着陸した付近のハイビジョン画像を公開した。かぐやは機器の点検を終了し、同日から本格観測を開始した。

 宇宙機構には、かぐやによる月の映像が公開されて以来「アポロが月に残してきた旗や機体の一部などが写っていないか」という問い合わせが多数寄せられていたが、解像度が足りず、そうした痕跡を見極めることはできないという。

 11月に撮影したハイビジョン映像から得られた静止画像では、アポロ17号の着陸地点の左に「晴れの海」が、右には「タウルス山地」が写っている。17号はアポロ計画の最終便で、人類はこれ以降、月面に降り立っていない。

 一方、宇宙機構は、かぐやの14種類の機器のうち、2つで性能が出ないトラブルがあったと発表した。観測全体には大きな影響はないとしている。
by yakuraibosi | 2007-12-27 20:54 | Comments(0)

UFO

e0026609_2143812.jpg


e0026609_2145730.jpg


e0026609_2151367.jpg


e0026609_2152819.jpg

by yakuraibosi | 2007-12-26 21:05 | Comments(0)

UFO

e0026609_2105234.jpg


e0026609_2112032.jpg


e0026609_212681.jpg


e0026609_2125784.jpg

by yakuraibosi | 2007-12-26 21:03 | Comments(0)

バッテリー駆動時間を10倍にする技術、米大学が開発

■バッテリー駆動時間を10倍にする技術、米大学が開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071222-00000002-zdn_n-sci

米スタンフォード大学の研究者が、リチウムイオンバッテリーの駆動時間を10倍にする技術を
発見したことを明らかにした。

この技術は、同校の材料科学工学助教授イー・クイ氏が発見したもので、シリコンナノワイヤを
使って、既存のリチウムイオンバッテリーの10倍の電気を生み出す。

例えば、今のバッテリーで2時間動くノートPCは、この技術を使ったバッテリーでは20時間動くという。

 クイ氏によると、リチウムイオンバッテリーの電気蓄積量は、バッテリーのアノード(陰極)にどのくらいのリチウムを保持できるかによって決まる。

アノードはたいてい炭素でできている。
シリコンなら炭素よりも多くの電気を蓄積できるが、充電中に膨張し、電気を使用している間に縮小するために、壊れたり性能が落ちるという欠点があるという。

 だが同氏のバッテリーは、ナノテクノロジーを使ってこの問題を回避する。
このバッテリーは、リチウムを微細なシリコンナノワイヤに蓄積する。

ナノワイヤはリチウム蓄積中は4倍にふくらむが、ほかの形態のシリコンとは違って壊れることはないと同氏は説明している。
実験ではステンレススチールの基板にナノワイヤを生成した。

 クイ氏はこの技術に関する特許を出願済みで、企業を立ち上げるか、バッテリー製造会社と
契約することを検討している。

 この発見についての論文は12月16日にオンライン版「Nature Nanotechnology」に掲載された。
(2007年12月22日 ITmediaニュース)
by yakuraibosi | 2007-12-26 18:11 | Comments(0)

世界最小の“ナノ聖書”作成に成功 

世界最小の“ナノ聖書”作成に成功 イスラエル

2007.12.24 11:50
e0026609_2162224.jpg

このニュースのトピックス:中東

イスラエル・ハイファの大学で、旧約聖書の全文を書き込むことに成功したチップ(AP) イスラエル北部ハイファの大学が、わずか0・5平方ミリメートル弱のスペースに旧約聖書の全文を書き込むことに成功した。世界最小とみられる。

 この大学のナノテクノロジーの専門家によると、粒子線技術を使ってシリコンチップに文字を刻んだ。ヘブライ語で単語数は約30万語に及ぶ。

 極小の面積にどれだけ多くの情報量を蓄えることができるかを際立たせるために、旧約聖書が選ばれたという。(AP
by yakuraibosi | 2007-12-25 20:51 | Comments(0)

暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない

暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない、と米チーム
2007年12月25日05時52分

 「暗いところで本を読むと目が悪くなる」「毛をかみそりでそると濃くなる」など、米国で一般によく信じられている体に関する言い伝えについて、医学的な裏付けがないばかりか、誤りのものもあるとする研究を米インディアナ大のチームがまとめた。22日発行の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」クリスマス特別号に論文が掲載された。

体に関する言い伝えと医学的な妥当性(米インディアナ大チームによる)

 米国で医療関係者にも信じている人がいるという言い伝えを七つ選び、文献データベースやインターネットの検索で医学的な裏付けを示す研究があるかどうかを調べた。

 その結果、七つとも医学的な裏付けは見つからず、80年近く前の研究ですでに否定されているものもあったという。

 論文は結びで「このような言い伝えを信じるだけなら実害はないが、根拠のない治療法を勧めることは実害をもたらす可能性がある」と、科学的根拠に基づく医療の重要さを指摘している。
by yakuraibosi | 2007-12-25 20:46 | Comments(0)

万能細胞研究費5年間で100億円

万能細胞研究費100億円 5年間でと文科相2007年12月22日(土)21:23

 京都大の山中伸弥教授が作製に成功した万能細胞の人工多能性幹細胞について渡海紀三朗文科相は22日、今後5年間で100億円超の研究費を投入する方針を明らかにした。研究者の連携組織をつくる文科省の総合戦略にもこの方針が明記された。同日、08年度予算案の閣僚折衝で10億円の追加が認められ、08年度の総額が22億円になる。07年度の万能細胞研究関連予算2億7000万円の8倍増となる。
by yakuraibosi | 2007-12-24 15:35 | Comments(0)

UFO

これは母船?と思われますね。。。
e0026609_8215871.jpg


e0026609_8221644.jpg


e0026609_8255991.jpg

by yakuraibosi | 2007-12-19 08:27 | Comments(0)

UFO

e0026609_20554793.jpg


e0026609_8163022.jpg


e0026609_217216.jpg


e0026609_20574531.jpg

by yakuraibosi | 2007-12-14 20:58 | Comments(0)