<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

UFO

e0026609_21125165.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-24 21:13 | Comments(0)

無重力でもブーメランの軌跡は同じ

無重力でもブーメランの軌跡は同じ…土井さんも「感激」

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)=安田幸一】
宇宙の無重力空間でも、ブーメランはやはり手元に戻ってきた。

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の土井隆雄飛行士(53)が、ステーション内でブーメランを投げる実験をしたところ、その軌道は地上の場合とさほど変わらないことがわかった。

 土井さんは「無重力でも地上と同じように飛ぶ姿に感激した」と話している。

 宇宙航空研究開発機構によると、実験は、土井さんが日本時間18日の自由時間に、ISSの米実験棟「デスティニー」で行った。ブーメランを縦に持って投げる、ごく普通の投げ方だったという。

 この実験は、一昨年のブーメランの国際大会で世界チャンピオンになった栂井(とがい)靖弘さん(36)(大阪府)が提案した。重力がないとブーメランはどう飛ぶのか疑問に思っていた栂井さんが、知人を通じて一昨年秋に土井さんと知り合い、その申し出に土井さんが乗った。

 地上で飛ぶブーメランには、浮き具合や曲がり具合に影響する空気からの力のほかに、重力も働いている。だが、ISS内では空気はあるが重力がない。

 栂井さんは、ブーメランの翼を地上で投げる時と同じように調節すると、無重力ではらせんを描いて頭上方向に離れてしまうと予想していた。栂井さんは、「土井さんが宇宙用に翼を調整したかもしれないが、長年の疑問を解いてくれた土井さんに、感謝の気持ちでいっぱい」とうれしそうに話した。

 いまのところ、土井さんからは簡単な結果報告しか届いていないが、宇宙機構は、実験の詳細を撮影した映像が地上に届き次第、公表することにしている。
(2008年3月20日19時00分 読売新聞)

e0026609_21101239.jpg


e0026609_2110342.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-24 20:50 | Comments(0)

UFO

e0026609_2138381.jpg


e0026609_2139322.jpg


e0026609_21392522.jpg


e0026609_21394371.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-20 21:47 | Comments(0)

エロヒムからの警告『大規模衝突型加速器』を使用してはいけません。

現在日本では重大な過ちを起こそうとしています。信じられません。
茨城県東海村に粒子を衝突させて粉々にする大規模衝突型加速器を建設中なのです。


目的は ↓ ということですが?・・・

■原子核物理・素粒子物理は
物質の根源が何であるかを極微のスケールで探究する基礎科学です。
物質の究極の構成要素が何であるか、どのような力がそれらを結びつけているか、などの研究を行っています。その研究手段としては、非常に精密な観測を行う方法、未観測の現象を探したり、エキゾチックな状態を作ってその性質を調べる方法などがあります。 21世紀にこれらの研究をさらに推し進めるためには、大強度の粒子ビームが必要となります。
--------------------------------------------------------------------------------
■50GeV陽子シンクロトロンは
このような研究を可能にする加速器です。
大強度の一次ビームから作り出される多彩な強度の高い二次粒子ビーム あるいは一次ビームそのものを使って、 原子核反応や素粒子崩壊などの様々な実験を行います。
--------------------------------------------------------------------------------


~~~2004年11月 エロヒムは人類に警告を与えました。~~~

「人類は超衝突型加速器を使用するべきではありません!
無限小の宇宙に損害を与え、銀河系が大変動を起こし、多くの生命が破壊されるからです。

無限のあらゆるレベルにおいての平和、非暴力、調和の守護者であるエロヒムは、無限小の宇宙に莫大な大変動を起こすことになるどのような技術も利用してはいけないと人間に要求しています。

それが良くない理由は、膨大な数の文明を絶滅させ、私たち自身の宇宙の均衡にも影響を与える可能性があるからです。

科学は良いものであり、分子を融合させる分には制限を設けるべきではありません。
しかし、無限小の粒子を壊したり砕いたりするために科学を決して使用してはなりません。」

---------------------------------------------------------------------------------
by yakuraibosi | 2008-03-17 22:33 | Comments(0)

UFO

e0026609_11493817.jpg


e0026609_1150193.jpg


e0026609_1150219.jpg


e0026609_11535166.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-16 11:50 | Comments(0)

UFO

e0026609_11465984.jpg


e0026609_11472286.jpg


e0026609_11474064.jpg


e0026609_11475789.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-16 11:48 | Comments(0)

UFO

e0026609_1144462.jpg


e0026609_11442485.jpg


e0026609_11444422.jpg


e0026609_1145463.jpg


e0026609_11452170.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-16 11:45 | Comments(0)

夢のゴーグル…忘れ物捜しに役立つ?

一目で記憶、夢のゴーグル…忘れ物捜しに役立つ?


実験ではゴーグル内の映像をモニターにも表示。花を見ると、パンジー、ベゴニアと表示された(東大工学部で) 置き忘れの心配は、もう無用?――。

見た瞬間に物の名前と映像を記録する、夢のようなゴーグルを、東京大学の原田達也講師(知能機械情報学)らが開発した。

 どこに置いたか忘れてしまった物でも、その名前を入力すれば、それの映像がゴーグル内に表示され、置いた場所を思い出すことに役立つという。

「サイバーゴーグル」と名付けられ、小型カメラとディスプレーを組み込んだゴーグルと、腰に着ける小型パソコンで構成。

 小型カメラが視界の中にある物体をとらえると、小型パソコンにあらかじめ記録されているデータベースをもとに、形や色などから、その物の名前を瞬時に識別。その結果を小型パソコンの中に保存し、後から必要に応じてゴーグル内のディスプレーに表示できる。

東大で行われた公開実験では、ゴーグルで消しゴムや花を見ると、すぐにゴーグル内のディスプレーに名前と映像が表れた。

原田講師は「多くの種類の物を一度に識別できる。賢いロボットの開発にも応用できる」と話す。


(2008年3月5日14時47分 読売新聞)

e0026609_8441175.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-06 08:40 | Comments(0)

火星で雪崩の瞬間

火星で雪崩の瞬間 画像を公開

e0026609_21856100.jpg


火星の北極付近で大規模な雪崩が発生した瞬間をNASA=アメリカ航空宇宙局の火星探査機がとらえ、画像が公開されました。

雪崩が発生したのは火星の北極付近のがけで、火星を回るNASAの探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」がその瞬間をとらえました。

by yakuraibosi | 2008-03-05 21:09 | Comments(0)

宇宙は生命だらけ?

宇宙は生命だらけ?=米天文学者、銀河系の恒星を調査

2008/02/18-10:03


【ワシントン17日時事】太陽に似た銀河系の恒星のうち最大60%が地球と同様に岩石でできた惑星を形成している可能性があり、宇宙は想像以上に生命に満ちているかもしれないとする研究結果が17日、公表された。

 調査に当たったのは米アリゾナ大学の天文学者マイケル・マイヤー准教授らで、
銀河系において地球のような惑星が一般的かどうかを調べるため、米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー望遠鏡を使い、観測に当たった。

その際、太陽に似た恒星の周囲のガスやちりの組成・変化を調べ、太陽系の誕生から間もない時期の状況と比較した。

 その結果、太陽に似た恒星の少なくとも20%、多ければ60%が岩石組成の惑星を生み出す可能性があると判断された。岩石の惑星が多ければ、それだけ生命が存在する確率が高くなる

(宇宙には無数の銀河団が存在し・・・)
e0026609_21431261.jpg

(その中の1銀河系には無数の星が存在する・・・)
e0026609_21442825.jpg

by yakuraibosi | 2008-03-03 21:38 | Comments(0)