<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

UFO

注)これらのUFO写真は本物であることを証明するものではありません。
詳しく知りたい方はufo case bookをごらんください

e0026609_23325488.jpg


e0026609_23331146.jpg


e0026609_23333912.jpg


e0026609_2334549.jpg

by yakuraibosi | 2009-06-29 23:34 | Comments(0)

UFO

e0026609_23265979.jpg


e0026609_23273472.jpg


e0026609_2331226.jpg


e0026609_23314162.jpg

by yakuraibosi | 2009-06-29 23:28 | Comments(0)

地球はミニ氷河期に入る可能性がある

弱る太陽 活動200年ぶりの低水準
2009年6月3日14時30分


e0026609_23224928.jpg
太陽観測衛星「ひので」がX線でとらえた今年3月の太陽。活動が低く、暗い部分が多い=国立天文台提供
 太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。

 太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

 ところが、ベルギーの太陽黒点数データセンターによると、黒点の多さを表す「相対数」は08年が2.9で、過去100年で1913年の1.4に次ぐ2番目の少なさだった。今年はさらに減り、4月までの暫定値が1.2と、1810年の0.0以来の低水準に落ち込んだ。

 太陽から放出される陽子などの流れ(太陽風)も07、08年は過去数十年とまったく違う。静穏期の太陽風は遅い風が赤道に、速い風が北極と南極に集まるが、名古屋大太陽地球環境研究所の観測では、07、08年は赤道付近にも速い風が多く現れた。徳丸宗利教授は「太陽の磁場が弱まっている影響だろう」という。この磁場の弱まりも、黒点の減少と関係があるとみられる。

 太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17~18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

 国立天文台の常田佐久教授は「X線や光も弱まっている。今後、再び黒点が増えても、従来のような活発さになると考える太陽研究者は少ない」と話す。(東山正宜)

by yakuraibosi | 2009-06-29 23:23 | Comments(0)

「地上の太陽」




「地上の太陽」へ第3の道=レーザー核融合「衝撃点火」-実証に成功・大阪大



 太陽の内部で起きている核融合反応を地上に再現し、電気をつくり出す核融合発電。次世代エネルギーとして各国で研究が進む中、大阪大レーザーエネルギー学研究センターの村上匡且准教授らのグループは、レーザーを使った新方式「衝撃点火」の実証実験に成功した。欧米で研究中の方式に比べ10分の1のエネルギーで発電が可能な上、設備がコンパクトでコストを抑えられるのが特長という。
 核融合発電は、原子核同士が融合する際に生じる莫大(ばくだい)なエネルギーを使って電気を起こす。燃料は海水に含まれる重水素と三重水素で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出せず、原子力発電に比べ放射性廃棄物が少ない。
 核融合反応を起こすには、燃料が超高温、高密度に圧縮された状態をつくり出し、「点火」する必要がある。レーザーで圧縮する方式では「中心点火」と「高速点火」が主流だが、村上准教授は2004年、第3の方式として衝撃点火を提案、実証に向け準備を重ねてきた。実験には阪大の大型レーザー「激光XII号」を使用。直径0.5ミリの球形の燃料に漏斗(ろうと)状の金属を差し込み、漏斗内側の燃料小片(インパクター)にレーザーを当て、別のレーザーで圧縮した主燃料に衝突させた。核融合反応で発生した中性子の数は従来方式の100倍に増幅し、衝撃点火の概念が実証された。(2009/06/20-15:40)

by yakuraibosi | 2009-06-27 09:13 | Comments(0)

UFO

(注)これらのUFO写真は真実を証明するものではありません。


e0026609_11153071.jpg


e0026609_11155310.jpg


e0026609_11161536.jpg


e0026609_11163793.jpg

by yakuraibosi | 2009-06-06 11:17 | Comments(0)

UFO

e0026609_1124190.jpg


e0026609_1131346.jpg


e0026609_1134267.jpg


e0026609_114722.jpg


e0026609_1142574.jpg

by yakuraibosi | 2009-06-06 11:04 | Comments(1)