<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「微笑」は寿命を延ばす

「微笑」は寿命を延ばす


2010年03月25日 18:04 発信地:ワシントンD.C./米国

にっこり笑うとき、その笑みが大きければ大きいほど目の周りのしわも深く刻まれる人が長生きできるかもしれないとする論文が、心理学専門誌「サイコロジカル・サイエンス(Psychological Science)」に今週掲載された。

 米ウェイン州立大学(Wayne State University)の研究チームは、1950年以前に米メジャーリーグでプレーを始め、52年のベースボール・レジスター(選手名鑑)に顔写真が掲載された野球選手230人について、微笑みの度合いを分類した。

 無表情な顔は「微笑なし」(63人)、口のまわりの筋肉のみが微笑んでいる顔は「部分的な微笑」(64人)、口も目も微笑んでおり両ほおが上がっている顔は「満面の微笑」(23人)とした。

 09年6月1日時点で故人となった選手の平均寿命をみてみると、「微笑なし」だった人は72.9年、「部分的な微笑」は75年、「満面の微笑」は79.9年だった。

 論文は、「微笑みの度合いが潜在的な気持ちを反映するという点で、この結果は、感情が心の健康、身体の健康、寿命と密接に関連していることを示すほかの研究の結果とも合致している」と指摘する。

 一方、野球選手のこうした笑顔が無意識のものなのか、撮影者の指示により「作った」ものなのかは不明だ。論文は、いずれにしても「満面の笑み」が「部分的な微笑」「微笑なし」を圧倒的に下回っているという事実は、たとえ微笑が「作った」ものであっても、その「強さ」は本人の全般的な気持ちを映したものであることを示している、としている。

by yakuraibosi | 2010-03-29 09:50 | Comments(0)

ナノロボット

癌治療はナノロボットに期待が持てそうです。

e0026609_9392933.jpg


カリフォルニア工科大学で癌治療のためのナノボットを開発した研究室リーダーのMark Davis氏によると、「ナノボットが体内に入り込み抗体から逃れて、siRNAを運び成分を破壊」する仕組みだそうで、有害な細胞の特定の遺伝子だけを攻撃し破壊する技術の発見によって可能になったそうです。

Nature誌で発表された論文によりますと、氏は、簡潔かつ安全にRNAiをがん細胞まで運ぶ方法を発見。その方法はRNAi(RNA interference:RNA干渉)と呼ばれ、ナノボットに応用されたということだそうです。


2つのポリーマーとタンパク質からなる70ナノメーターのロボット、これが癌細胞の表面にくっついてRNAの1部であるsiRNAを運びこみます。これがタンパク質の生産をストップさせて有害な細胞への栄養供給をたち破壊に追い込むわけです。この有害細胞破壊のための行動を終えると、ナノ粒子はさらに小さく小さく分解され、最後には尿となって体の外にでます。

この治療法の素晴らしいところは、このナノボット達を必要なだけいくつでも送り込み癌細胞に攻撃をかけられるというところ!

Davis氏曰く「多く送り込めば込むほど、より多くが目的地の悪腫瘍細胞までたどりつくことができる」そうで、最終的に人体実験を最後まで続け、どんな状況でも副作用がないことを目指しています。

さらには、「事実上どの遺伝子もターゲットにすることが可能です。タンパク質全てがターゲットになり得ます。私の目標は、患者の健康を整えるとともに、悪腫瘍が全て溶けてなくなってしまうようにすることです。


我々はその目標にまた1歩近づいたと言えます。」と語ります。

by yakuraibosi | 2010-03-29 09:40 | Comments(0)

暗黒流動、“宇宙の外側”の証拠を発見

暗黒流動、“宇宙の外側”の証拠を発見

March 23, 2010

e0026609_17174350.jpg


 宇宙には「暗黒流動(ダークフロー)」という壮大な運動原理が働いているとする理論がある。宇宙の外側に存在する観測不能な未知の構造が引き起こしているという考えだが、その裏付けとなる新研究が発表された。

 まず2008年に、科学者たちが「数百個の銀河団が時速360万キロで同方向に流れている」という発見を報告した。

 この不可解な動き、暗黒流動は、宇宙の質量分布に関する現在のモデルでは説明がつかない。そこで研究チームは「銀河団は既知の宇宙の外側にある物質の重力によって、強く引き寄せられている」という理論を唱えたのだが、これには疑問の声も上がっていた。

 今回、同じチームが、この暗黒流動の影響が以前の報告よりもさらに遠く、地球から25億光年以上離れた宇宙まで及んでいることを発見した。

 研究責任者でアメリカ、メリーランド州にあるNASAゴダード宇宙飛行センターの天体物理学者アレキサンダー・カシリンスキー氏は、「さらに2年分の有効データの精査を続け、前回の2倍の数の銀河団を追跡調査した。その結果、暗黒流動の存在と、それが同一方向の流れであることを確認した。確固たる一貫性のある流れのようだ」と話す。

 今回の発見は、「ビッグバン直後に、物質の塊が既知の宇宙の外に押し出された」という理論の新たな裏付けとなる。これが正しいとすれば、私たちの住む宇宙は“多世界宇宙(multiverse)”というさらに大きな宇宙の一部ということになる

by yakuraibosi | 2010-03-27 22:07 | Comments(0)

NTT、光ファイバ1本で世界最大容量69テラビット伝送に成功

NTT、光ファイバ1本で世界最大容量69テラビット伝送に成功


RBB TODAY 03月25日15時02分



 日本電信電話(NTT)は25日、1本の光ファイバに、世界最大となる毎秒69.1テラビット(Tb/s)の大容量データを240km伝送させることに成功したと発表した。

 NTTの未来ねっと研究所では、これまでに1本の光ファイバで13.5Tb/sの大容量信号を7,000km以上伝送させるなどに成功していた。今回は、1波長171Gb/sの信号を432波長多重させることで実現したもので、これまでの光伝送容量の世界記録となっていた32Tb/sを2倍以上更新したという。なおこの成果は米国時間同日に開催される「OFC/NFOEC 2010」にて論文発表される予定。

by yakuraibosi | 2010-03-27 21:57 | Comments(0)

UFO

e0026609_108121.jpg


e0026609_1084187.jpg


e0026609_109331.jpg


e0026609_1095214.jpg

by yakuraibosi | 2010-03-26 10:10 | Comments(0)

UFO

e0026609_1025415.jpg


e0026609_1034335.jpg


e0026609_104566.jpg

by yakuraibosi | 2010-03-26 10:05 | Comments(0)

クリトレイド

  国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース

クリトレイドが援助した33歳の女性器切除患者が初めてのオーガズムを祝う!


 ~性器再生手術の話が広まるにつれ、女性器切除は
                  「歴史上の恐ろしい偶然の出来事」となる~


 3月23日ラスベガス
 女性器切除の被害者である33歳の女性が、3月中旬、クリトレイドの患者調
整担当のナディン・ギャリに、真夜中過ぎに興奮して電話を掛けてきました。

 「あまりに気持ち良くて、ずっとこのままでいたい、というのが最初の思いで
した。」と彼女はギャリに伝えました。「奇妙な感覚が起こり、その後突然、信
じられないほど素晴らしい感覚が数分続きました。人生初のオーガズムでした!」

 アフリカ系移民のマリアム(プライバシー保護のため、姓は伏せられています)
は、9ヶ月前にコロラド州トリニダードでクリトリス再生手術を受けました。手
術は、女性器切除被害者を助けるために無償で奉仕を引き受けている、クリトレ
イドの外科医長マーシ・バウワー医師によって行われました。

 マリアムとその他数百万人もの女性は、子供の頃、クリトリス切除という先祖
から伝わる慣習を耐え忍ぶことを強制されました。クリトリス切除は、通常身内
の女性が幼い女の子に行う非常に残酷な行為です。麻酔が行われることはほとん
どなく、耐え難い痛みを伴います。

「世界中で1億3千5百万人以上の女性がこの恐ろしい残虐行為を体験して現在
生きています。」とギャリは今朝発表された声明の中で言いました。「彼女達は
ほとんどの女性が当たり前に思っている、恋愛関係から得られる肉体的快楽を体
験することができません。また、彼女達の多くは自分の状況を不適切で恥ずかし
いと感じています。クリトレイドはできるだけ多くの犠牲者を助けること、そして、
損傷を治療する手術を提供し、宣伝することで女性器切除を廃絶させること
を望んでいます。取り除かれたものを再生できるなら、最初からそのひどい行為
を行う意味がありません。」

 ラスベガスに拠点を置く非営利団体クリトレイドは、国際ラエリアン・ムーブ
メントの創始者であり精神的指導者である弥勒菩薩ラエルによって2004年に
設立されました。

 「弥勒菩薩ラエルは、マリアムのような女性器切除の被害者達に、性的快楽を
得るため、そして女性の尊厳の感覚を取り戻すために必要な手術を受けてほしい
と考えています。」とギャリは言います。「そのために、クリトレイドは現在西
アフリカのブルキナファソに病院を建設中です。それは女性器切除被害者達に無
料で手術と治療を提供するという目的のためだけの病院です。バウワー医師や他
のボランティアたちが来年1月の開院祝いに参加する予定です」
しかし、手術だけでは十分ではないとギャリは言います。

 「彼女達にはどのように快楽の感覚を取り戻し、彼女達の中の抑制を克服した
らいいかを教える必要があります。」とギャリは説明します。「だから治療も同
様に重要なのです。クリトレイドでは、精神と肉体が一緒に治療される必要があ
ると私達は気づいていますので、大学教授で性的トラウマのカウンセラーであり、
私達の患者一人ひとりに個人セッションを行ってくれることを申し出てくれたラ
リー・アシュレイ医師には非常に感謝しています。」

 マリアムは、性セラピストであるベティ・ドッドソン博士からアイデアを得た、
楽しく教育的なワークショップでも学んできたと、ギャリは言います。
「そのワークショップは、彼女のクリトリスの感覚を取り戻し、セックスに関す
る彼女の臆病さを克服する助けとなりました。」とギャリは説明します。「それ
は彼女が自分の新しく再生されたクリトリスの外見を受け入れ、歓迎し、それが
本当に今自分に快楽を与えることができると彼女に信用させるのに役立ちました。」

 さらにマリアムを助けたのは、クリトレイドの新しいパートナーである、サン
フランシスコを拠点とする大人のおもちゃの小売店グッドバイブレーションズか
ら寄贈されたバイブレーターやその他の官能的なおもちゃでした。
「バイブレーターは、切除された女性器の治療を受ける患者が、クリトリスの感
覚を取り戻すのを助けるのに役立ちます。」とギャリは説明します。「それらは
神経路を回復させます。それは患者が指で刺激するだけでは実現できないことで
す。」

ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org---------------------------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について
ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の
生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、DNA
の合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界104カ
国、70,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたらした
メッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら宇宙人エロ
ヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めると
いう目標を持っています。ラエリアン・ムーブメントは、その非順応主義と
政治的には正しくないその哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。



 
by yakuraibosi | 2010-03-26 09:45 | Comments(0)

UFO

e0026609_17154326.jpg


e0026609_1718594.jpg


e0026609_17185617.jpg


e0026609_17193568.jpg


e0026609_17195725.jpg

by yakuraibosi | 2010-03-16 17:20 | Comments(0)

米MIT、燃料とカーボン・ナノチューブを利用した発電技術を開発

米MIT、燃料とカーボン・ナノチューブを利用した発電技術を開発

2010/03/10

e0026609_20353669.jpg

 米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究チームは、燃料で覆ったカーボン・ナノチューブを「導火線」として利用し、燃焼することで発電する技術を開発した。この技術を使うと、1次電池のようにエネルギを保存でき、エネルギの保存期限はないという。MITの研究チームは今回、カーボン・ナノチューブを覆っている燃料に点火することで電力を生成した。ナノテクノロジと燃焼波(combustion waves)という1世紀以上も前に発見されていた現象を組み合わせたと言える。

 MITのMichael Strano教授は、「この発電技術を使った電池は、従来の電池やコンデンサとは異なり自然放電することがない。さらに、エネルギ密度が非常に高いため小型機器に適している。具体的には、使い捨ての小型医療診断機器や無線送受信器(トランスポンダ)のほか、ロケットをはじめとする空中に発射するものなど、小型の1次電池が必要な機器に向く」と説明する。

 Strano氏によれば、「この発電技術を利用すれば、リチウムイオン2次電池の100倍以上のエネルギ密度を持つ電池を作れる」という。なお、この研究は、MITで博士号を取得予定のWonjoon Choi氏とともに進めたという。

 この発電技術では、まず燃料で覆ったナノチューブの一端に、あたかもダイナマイトの導火線に点火するように点火する。すると、ナノチューブ全体にきわめて急速に熱が伝わり、それと同時に電力として十分利用できる電流が発生する。

 燃焼波に関しては、100年以上もの間研究が進められてきたが、燃焼波によって電力を生成できることは、Strano氏の研究チームが今回実証するまで、知られていなかった。Strano氏は、「燃焼波を伝える物質としてカーボン・ナノチューブを利用して、電流を発生させることに初めて成功した」と主張する。

 Strano氏によると、一般的な熱電理論では、この現象を説明できないという。同氏は、「電子の取り込み(electron entrainment)」という用語を作ったほか、電流が燃焼波の伝わる速度に比例することを説明する一連の方程式を導き出した。

 
同氏は、エネルギ密度が高く、電力効率が良い燃料電池の開発に向けて、エタノールなどの別の燃料を使った実験も進めている。さらに、異なる種類の反応体を交互に並べることで交流電流を直接生成する研究に取り組んでいる。

 同氏は、「さらに研究開発が進めば、新しい種類の燃料電池が誕生し、燃焼波を利用した電力供給の新しい方法が出現するだろう」と述べた。

 なお、この研究には、米Air Force Office of Scientific Research(米国国防省空軍科学技術局)と米National Science Foundation(NSF:米国科学財団)が資金を提供している

by yakuraibosi | 2010-03-15 20:35 | Comments(0)

コンパクトシティコミューター

Honda ジュネーブモーターショー出展車概要.

Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2月24日にジュネーブモーターショー(プレスデー:2010年3月2日〜3日、一般公開日:3月4日〜14日)の出展が異様を公開した。三輪のコンセプトモデル「Honda 3R-C Concept」を出展する。

「Honda 3R-C Concept」は、Hondaが提案する次世代の電動コミューターのデザインコンセプトモデル。三輪・一人乗りで、市街地などでの近距離移動を目的とする環境性能に優れたコンパクトシティコミューターとして提案されている。

透明キャノピーは可動式で、乗車時にはドライバー前方を覆うウインドシールドとなり、快適かつ安全に運転することができるという。デザインは、イタリアにあるホンダR&Dヨーロッパのミラノスタジオが行った

e0026609_12184620.jpg


e0026609_12191787.jpg


e0026609_12214056.jpg


e0026609_12194564.jpg

by yakuraibosi | 2010-03-12 12:20 | Comments(0)