<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

世界一の橋

■砦にかかる橋
(Baluarte Bridge:4月28日英語版配信分)

メキシコのエル・パルミートに2012年完成予定のこの橋は、高さ390メー
トル、全長520メートルを誇り、北米における最も高い橋のみならず、世界
で最も高い斜張橋となる。


(イメージ図)このような橋が完成する予定です。↓  

e0026609_2221639.jpg


e0026609_2224967.jpg


e0026609_2231158.jpg

by yakuraibosi | 2010-04-29 22:03 | Comments(0)

UFO

e0026609_18185037.jpg


e0026609_18191024.jpg


e0026609_18193278.jpg


e0026609_18204516.jpg

by yakuraibosi | 2010-04-28 18:22 | Comments(0)

プラスチック:強さ鋼並み…軽くて強度7倍

プラスチック:強さ鋼並み…軽くて強度7倍 
広島大チーム

e0026609_19473360.jpg


大人2人が両端を強く引っ張っても切れない「鋼並み」のプラスチックの薄板。

右が彦坂特任教授=文部科学省で2010年4月19日、山田大輔撮影 鋼のように強く、軽くて安いプラスチックを開発したと、広島大の彦坂正道特任教授(高分子物理学)と岡田聖香博士研究員らが19日発表した。

車に使えばバンパーや内装、車体の外板やガラスなど、材料の40%以上に活用できるという。省エネや省資源、低コスト化に貢献しそうだ。

 材料は、食品容器など身の回りで広く使われているポリプロピレン。研究チームは、溶けた材料を冷やして固める際、上下から瞬時に板でつぶして延ばすと、材料の中に微小な結晶がたくさんでき、それが一方向に並んで強く結びつく構造が生じることを発見した。

 この結果、引っ張る力に対する強度が普通のポリプロピレンの約7倍、鉄鋼やステンレスの約半分に高まった。厚さを2倍にすれば鋼板並みの強度を確保でき、重さは4分の1で済む。また、繰り返し曲げても割れにくく、ガラス並みに透明にもできる。彦坂教授は「この方法ならつぶす工程が加わるだけで、町工場でも簡単に製品に使える」と説明する。

【山田大輔】毎日新聞 2010年4月19日 20時56分(最終更新 4月19日 21時02分)
by yakuraibosi | 2010-04-23 19:49 | Comments(0)

UFO

e0026609_179141.jpg

by yakuraibosi | 2010-04-22 17:09 | Comments(0)

おっぱいの奇跡


おっぱいの奇跡。母乳に含まれる物質が40種類以上のガン細胞を殺すことができると判明

2010年04月21日 18:30

e0026609_175886.jpg


これをおっぱいの奇跡と言わずしてなんと言おう。スウェーデンのルンド大学とヨーテボリ大学による調査の結果、母乳に含まれる物質がガン細胞を殺すことができると判明した。

 この母乳に含まれる特別な物質『HAMLET(Human Alpha-lactalbumin Made LEthal to Tumour cells)』は、数年前にとある研究者が母乳の抗菌作用を調べている時に偶然発見したものだ。

 『HAMLET』はタンパク質と母乳内に含まれる脂肪酸からなる物質だが、母乳単体からは生成されず、赤ちゃんの胃の中に母乳が入ることによってできるとみられている。

 そして研究では、この『HAMLET』が皮膚ガンを始め、粘膜ガンや脳腫瘍などの40種類以上のガン細胞を殺すことが発見された。さらに重要なことは、この『HAMLET』は健康な細胞を傷つけずガン細胞だけを殺すということだ。まさに夢のような物質である。
 
ヨーテボリ大学では現在、『HAMLET』をガン細胞に作用させる方法を調べている。
[ via Science Daily ]
by yakuraibosi | 2010-04-22 17:06 | Comments(0)

青いバラ


世界初の青いバラの誕生

e0026609_11311885.jpg


現在栽培されているバラは、世界各地の野生種のバラ数種を人為的に交配するという品種改良によって作られています。四季咲きのバラや黄色いバラも、育種家の情熱と英知により、生み出されました。
青いバラは、過去800年の品種改良の歴史の中で、多くの育種家が挑んできた夢でした。青いバラの開発はこれまで成功しておらず、英語では、「不可能」の代名詞とも言われていました。「最先端のバイオテクノロジーの遺伝子組換え技術を用いれば可能になるはず」。これが夢への挑戦の始まりでした。以来、14年の年月を経て、2004年にようやく開発の成功をご報告できる運びとなりました。青色色素が花びらに存在する、正真正銘、世界初の青いバラの誕生です。

「サントリーブルーローズ アプローズ」、いよいよ11月3日より販売します。

by yakuraibosi | 2010-04-12 11:31 | Comments(0)

UFO

e0026609_21172662.jpg


e0026609_21183074.jpg


e0026609_21185021.jpg


e0026609_2120380.jpg

by yakuraibosi | 2010-04-11 21:20 | Comments(0)

酸素なしで生きる生物が発見されました!

酸素なしで生きる生物が発見されました!

掲載日時:2010.04.08 19:00
e0026609_20404016.jpg


生き物の力ってすごいよ。

今回、史上初の酸素全くなしの環境で生きる多細胞生物が発見されました。この生物の住む場所は地中海にある高濃度塩水の湖、いわゆる塩湖。あまりにも塩水が濃いために酸素を含んだ水と一切混ざることがありません。

そんな環境では今まで単細胞生物しか生息不可だと言われてきましたが、今回の発見によりそれが覆りました!

今回発見されたものの中には卵子を持っているものがいて、これによってこの生物がこの環境でずっと生活していると結論づけることになったそうです。

この生物の細胞には酸素をエネルギーとして使うミトコンドリア(細胞器官)が存在せず、代わりにとても優秀なヒドロゲノソームがあるようです。ゆえに酸素がない環境でも細胞器官が酸素ありで生活する動物と同じような役割を果たすことができるんだそう。

海洋生物学としてもとても興味深い発見ですけど、それ以外にも酸素がないとこで生きるしくみがもっともっと解明されたら、酸素のいらない細胞を作ることができたら宇宙で生活することができるようになるってものです。


それよりも何よりもこれでまた1歩、宇宙人の存在に近づいたってことですね


[ギズモード・ジャパン]参照
by yakuraibosi | 2010-04-11 20:41 | Comments(0)