<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「天才ラット」誕生 

ほぼノーミス「天才ラット」誕生 

東海大、30年かけ2010年7月28日3時0分

e0026609_20214833.jpg

電気ショックを避けようと、左前脚でレバーを押す「天才ラット」=渡辺哲・東海大学教授提供

周りの様子を探る天才ラット=東海大学
 賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。東海大学が30年がかりで育てた。普通のラットは学習能力の実験で360回中、多い時は8割以上失敗するが、「天才」はほぼノーミス。殺虫剤や農薬など化学物質が学習能力に与える影響などを調べる実験に役立ちそうだ。

 「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で、学習能力の高かった個体同士を繰り返し、交配してつくった。「賢さ」が安定するまで約20年かかったという。

 天才ぶりはこの実験で実証済みだ。普通のラットは、毎日30分、レバーの押し方を教えても、360回のうち100~300回は失敗する。一方、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほど。

e0026609_20231779.jpg

 水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。

 「天才」を使えば、化学物質の影響が効率的に調べられると期待される。化学物質を与えて失敗が増えれば、学習能力に影響があったと判定できるからだ。普通のラットは1匹ごとに知能の差が大きく、数十~数百匹で実験しないと影響が分からない。一方、「天才」は学習能力に悪影響があれば、失敗がはっきり増えるので、少ない数で影響が分かるという。

 子どももほぼ例外なく、「天才」なので、妊娠中の親に化学物質を与えて、生まれた子どもの能力を調べれば、胎児への影響も調べられるという。シックハウス症候群を起こすホルムアルデヒドを親が取り込むと、子どもは成長してから学習能力や平衡感覚が落ちることが分かったという。

 東海大の渡辺哲教授(公衆衛生学)は、研究機関やメーカーに共同研究を呼びかけている。(杉本崇)

     ◇

 ラット 野生のドブネズミから生まれた。成長すると、大きいものは体重500グラムを超える。大きく、生きたまま観察しやすいため、薬の実験などに使われる。体重が10分の1ほどのマウス(ハツカネズミ)は、遺伝子の研究など幅広い実験に使われる。
by yakuraibosi | 2010-07-28 20:24 | Comments(1)

人類は孤独ではない

人類は孤独ではない


見つかり出した数多くの地球型惑星
e0026609_21574625.jpg


・惑星の表面の信号を測定することによって惑星のサイズを探査する方法を説明した、宇宙望遠鏡ケプラーのプレゼンテーションでの写真。

More than 100 'Earth-like' planets discovered in past few weeks
Daily Mail 2010.07.23

この数週間だけで100以上の「地球と似た星」が見つかる

最近の数週間だけで、地球と同じ程度のサイズの惑星が100以上も発見されたという発表があった。
これらの発見は、アメリカ航空宇宙局が開発し、昨年から稼働している宇宙望遠鏡ケプラーによってなされたものだ。ケプラーは宇宙空間をスキャニングし、地球型の太陽系外惑星を探すために打ち上げられた。

今回の発見によるブレイクスルーは、私たち人類が宇宙の中で単独ではないのかもしれないということを想起させるものだ。

科学者たちは、現在の天の川銀河だけで、生命の存在のために適した環境を持つ惑星が1億はあると確信している。そして、今後2年以内に人類が住むのに適した地球型の惑星を60前後特定できると予想している。

科学は生命を再定義するプロセスにある

天文学者のデミタール・サセロフ氏は、ケプラーが地球とほぼ同じサイズの約140の数にのぼる惑星を確認したと会見で述べた。そして、今回の顕著な大躍進は、「コペルニクスの夢をかなえるものとなるだろう」と説明した。

宇宙望遠鏡ケプラーは、惑星が動きたびに起きる光の微細な明滅を検出することによって、惑星の存在を見つける。その光の量や移動の時間から惑星のサイズや軌道を計算することができる。

サセロフ氏は、今後4年間、ケプラーは中断することなく昼も夜も天体の観測を続けると言った。

彼は先週、オックスフォード大学で開催されたTEDグローバル会議で、ケプラーの今回の発見を公開した。 招待演説者たちにはそれぞれ18分間ずつの意見交換の時間が与えられた。

サセロフ氏はこう言った。

「生命というのは、出現して生き残っていくために、水や岩、そして複雑な化学を必要する、より小さな惑星に生じる化学システムだ」。

「私たちにはやらなければならない仕事がまだまだあるが、しかし、統計的に私たちが住む地球と似たような星が宇宙には確かにあるということがはっきりした。私たちのいる銀河は似た惑星を豊かに持っている」と語った。

次のミッションの段階として、地球と似た惑星の候補を挙げて研究し、それらの惑星が生命の存在に適したものであるかどうかを考察してみることが挙げられる。

「ケプラー望遠鏡を使って次の2年間で、我々は約60程度の生命の存在に適した地球サイズの惑星を特定できると言える点からも、これは素晴らしいニュースだ」と、サセロフ氏は述べた。

過去15年で、およそ500の惑星がこの銀河の中で見つかっているが、この中で地球と似た星はほとんどないとこれまでは考えられてきた。

「科学は生命を再定義するプロセスにある」と、サセロフ氏は語った。

by yakuraibosi | 2010-07-26 21:58 | Comments(0)

UFO

e0026609_21111071.jpg


e0026609_2112498.jpg

by yakuraibosi | 2010-07-23 21:13 | Comments(0)

中国がUFOと宇宙人の大使館を建設する

■中国がUFOと宇宙人の大使館を建設する


(ラエルサイエンス英語版5月31日配信分)
http://www.allnewsweb.com/page1199999371.php

(注)下図はラエリアン・ムーブメントが宇宙人「エロヒム」を迎える為に作る”大使館の予想図 ↓

e0026609_2164671.jpg


中国政府が、チベット地区近くのクンルン山脈に、UFOと宇宙人の大使館を建設する計画がある、
いう情報が最近漏れてきました。

中国政府は、なぜここ10年間、宇宙人の乗るUFOが中国で頻繁に見られるようになったのか、と
いう疑問にだんだん夢中になっていました。

到達した結論は、3000年以上前の中国の黄金時代に匹敵する、新しい黄金時代が誘導されつつあ
る、というものでした。

3000年前の黄金時代、UFOと宇宙人との遭遇はやはりとても頻繁に起きました。

その当時、3人の賢人の王たちが、宇宙人と協力して、クンルン山脈の実験室で人間を創造したと信
じられています。

古代のUFOの基地跡が、クンルン山脈の奥深くに今も残っていることが中国政府によって確認され
ています。

こういったことに対し、中国政府は、新しい銀河の現実と結びつく方法として、宇宙人の大使館を歴
史的なクンルン山脈に造ることを決定しました。

中国政府当局は内密で、このプロジェクトのために、アメリカの宇宙人コンタクトの専門家 Steven
Greer や、ラエリアンムーブメントと連絡を取っていると噂されています。

大使館は、UFOの着陸場のほかに、知識を共有したり、世界調和を推進するためのカルチャーセン
ターを併設する予定です。

by yakuraibosi | 2010-07-23 21:08 | Comments(0)

UFO

※これらのUFO写真は本物であることを証明するものではありません。
詳しく知りたい方はufo case book をごらんください。


e0026609_22562330.jpg


e0026609_22564813.jpg


e0026609_22571680.jpg

by yakuraibosi | 2010-07-17 22:57 | Comments(0)

UFO

e0026609_22522399.jpg


e0026609_2253551.jpg


e0026609_22533896.jpg
e0026609_22543829.jpg

by yakuraibosi | 2010-07-17 22:54 | Comments(0)

中国各地でUFO騒ぎ

中国各地でUFO騒ぎ=チベットでは仏の光?


【北京時事】中国各地で最近、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報が相次ぎ、話題を呼んでいる。浙江省杭州の空港では7日夜、航空管制当局が上空に正体不明の飛行物体を発見したとして、約1時間にわたり空港が閉鎖される騒ぎとなった。
 地元紙の報道によると、杭州のほか、新疆ウイグル自治区ウルムチでも6月30日夜、白い扇形の光の尾を引く飛行物体を多数の市民が目撃。地元では、「UFOでなく、米国が発射したミサイル」と説明する天文学の専門家もいる。
 チベット自治区ラサでは同28日夜、日本の観光客らが、歴代のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマの宮殿だったポタラ宮の上空に浮かび上がる丸い発光体を撮影。写真を見たチベット族住民は、「仏の光だ」と喜びの声を上げたという。

(2010/07/10-06:08)
by yakuraibosi | 2010-07-17 21:41 | Comments(0)

UFO

e0026609_2253719.jpg


e0026609_226928.jpg


e0026609_2271114.jpg

by yakuraibosi | 2010-07-10 22:07 | Comments(0)

常温で超電導状態

常温で超電導状態、石栗助教成功 逆方向に電圧掛け相殺

(2010年6月29日午前7時26分)
.

超電導についての国際会議で受賞した特別賞の盾を手に研究成果を語る石栗助教=28日、福井県鯖江市の福井高専

e0026609_21445291.jpg



e0026609_21452491.gif



 特定の物質を超低温に冷やした際に電気抵抗がゼロになる「超電導」について、福井県の福井高専は28日、同校の石栗慎一助教(34)が室温で同状態を作り出すことに成功した、と発表した。電流を半導体に流した際に発生する電圧を、外部から電圧を掛けることで打ち消して、抵抗ゼロの状態にするもので、石栗助教は「今は微弱な電流でしか実現できないが、大きな電流を流せるようになれば、コンピューター機器などに幅広く応用できる」と話している。

 この研究はトルコで開かれた「超電導と磁性についての国際会議」(4月25~30日)で発表、優れた成果に贈られる特別賞の一つに選ばれた。

 超電導は金属などを絶対零度(マイナス273度)近くまで冷やすことで起こる。従来の研究は、マイナス140度程度の比較的高温でも超電導状態となる物質の開発に主眼が置かれていた。

 石栗助教は、まったく別の方法で超電導状態をつくり出した。半導体を組み込んだ回路に電流を流すと、半導体には電気抵抗による電圧が、一方向に生じる。その電圧の逆方向となる電圧を外部から掛けることで、互いの電圧が相殺し合う格好となり、電気抵抗ゼロの状態となる。

 通常、電圧ゼロの状態では電流は流れないが、特殊な電源装置「電流源」を使うことで、電圧ゼロの状態でも電流が流れ続けるという。石栗助教は室温以上の温度で超電導状態が継続することを理論上確かめたほか、実際に実験でも、半導体の電圧がゼロになることを確認したという。

 この回路のシステムは電子機器の基盤などで再現可能で、実用化すれば「ノートパソコンや携帯電話の電池の消耗を抑えたり、より反応速度を上げるなど、電子機器に広範囲に応用できる」(石栗助教)という。

 ただ、現状では10マイクロアンペア程度の微弱な電流でしか超電導状態がつくられていない。コンピューター機器などに応用するには、1千倍程度の電流で実現する必要があり、石栗助教は「大きな電流で超電導状態がつくれれば、損失ゼロの送電線なども可能になる。システムの大型化などの課題もあり、まだいくつもの技術革新が必要だが、開発の端緒にはなるのではないか」と話している。

 国際会議では、超電導研究の世界的権威、秋光純・青山学院大教授から「実験、理論が完全に認められたわけではないが、頑張っていただきたい」と声を掛けられたという。

 研究成果は近く論文にまとめ、海外の学術誌に発表する。

by yakuraibosi | 2010-07-10 21:45 | Comments(0)

「空飛ぶ自動車」実用化へ前進

「空飛ぶ自動車」実用化へ前進、米航空局の規制をクリア

e0026609_992221.jpg


トランジション・ローダブル・エアクラフト(写真提供:Terrafugia)(CNN) 米国のメーカーが開発中の「空飛ぶ自動車」がこのほど米連邦航空局(FAA)の重量要件を満たし、生産開始に1歩近付いた。


米テラフュジア(本社マサチューセッツ州)が開発した小型軽量機の「トランジション・ローダブル・エアクラフト」は、着陸した状態で翼を折り畳むと自動車に変身する。飛行機から自動車への切り替えはコックピットから操作でき、所要時間は「オープンカーの屋根を閉めるのとほぼ同じくらい」(同社幹部のアナ・ディートリク氏)しかかからないという。


FAAは同機について最大離陸重量の緩和を認め、水陸両用飛行機と同じ約650キロでの離陸が認められることになった。


このクラスの軽量スポーツ機の最大離陸重量は通常約600キロだが、トランジション機は道路の走行を想定してエアバッグなど通常の軽量機にはない安全装備を搭載したため、重量が重くなったという。


ディートリク氏によると、トランジションの飛行速度は時速約160キロ、地上では約100~110キロほどの速度で走行できる。最大約720キロの飛行・走行を想定した設計になっており、機能的には自動車よりも航空機に近いという。


軽量スポーツ機には操縦士と乗客1人が搭乗でき、操縦に必要なスポーツ操縦士免許の取得には20時間の飛行訓練が必要となる。


今後FAAの認可を経て米高速道路交通安全局(NHTSA)の検査に合格すれば生産を開始する。想定小売価格は19万4000ドル。1年半後をめどに出荷を開始する見通しだという。

by yakuraibosi | 2010-07-08 09:10 | Comments(2)