<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

モンスター銀河発見

星を量産、モンスター銀河発見 電波観測で200個近く

サブミリ波望遠鏡でとらえた多数のモンスター銀河(国立天文台、東京大提供)

e0026609_2259616.jpg

 国立天文台と東京大などの国際研究チームは29日、

地球から80億光年以上かなたで、一般的な銀河に比べて数百~千倍と大量の星をつくり出す“モンスター銀河”を発見したと発表した。この種の銀河を一度にこれほど多数発見したのは初めてという。
 
チームはまず、日本の各研究機関が南米チリで共同運営している、波長の短い電波「サブミリ波」を観測できる望遠鏡を使い、198個の明るい銀河を発見。さらに、距離をはっきりさせるため、赤外線天文衛星「あかり」で同じ領域を観測した結果、うち196個は80億光年以上かなたにありながら明るく輝くモンスター銀河と判明した。
 非常に質量が大きいモンスター銀河は、正体不明の暗黒物質が密集している領域に形成されると考えられている。国立天文台の廿日出文洋研究員は「宇宙で銀河や星ができる過程や、暗黒物質の分布を解明する上で重要な成果だ」としている。

by yakuraibosi | 2010-09-29 22:59 | Comments(0)

ブロッコリーには強い抗がん作用・骨関節炎予防効果

e0026609_17462178.jpg


ブロッコリーには強い抗がん作用

ブロッコリーには強い抗がん作用があるといわれているが、加熱調理によってその働きは失われがち。
しかし、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの芽)などと一緒に食べることにより、効果をある程度復活させることができるという研究。

アブラナ科野菜、ことにブロッコリーに豊富に含まれる成分「スルフォラファン」は、強いがん予防作用をもつといわれている。
しかし、ミロシナーゼは酵素であるがゆえ熱に弱く、一定時間以上の加熱調理によって失活してしまうため、SGSはスルフォラファンに変化することができず、非常に「もったいない」ことになるのだ。

ブロッコリーの粉末サプリメントも同様で、製造過程でミロシナーゼが失活してしまうという。


ブロッコリースプラウトと同様の効果を持つ食材として、マスタード、ラディッシュ、ルッコラ、わさびなどがある。

「比較的長時間加熱したブロッコリーでも、ブロッコリスプラウトを散らし、マスタード入りドレッシングをかければ野菜の恩恵を受けられます。または、ブロッコリーを2-4分ほど軽く蒸すのみの加熱ならば酵素も失活せず、その他の栄養も残存する、完璧な方法といえるでしょう。」と研究者は述べている。


ブロッコリを食べることで関節炎予防

2010.9.16

英国イーストアングリア大学の研究で、ブロッコリを食べることによる骨関節炎予防効果が報告されている。アブラナ科の植物に豊富に含有される生理活性物質スルフォラファンで改善が期待できる
by yakuraibosi | 2010-09-28 17:32 | Comments(0)

スプレーシャツ

体にスプレーを噴射してシャツ完成!

e0026609_16571514.jpg


e0026609_16574416.jpg


e0026609_1658649.jpg


e0026609_16582470.jpg


夢のような道具を開発したのは、スペイン人デザイナーのマネルトーレス博士。粒子技術専門のポールラッカム教授と共に、ロンドン大学で開発をしたそうです。高品質なファブリカンという素材と綿繊維を組み合わせ、ポリマー(有機化合物の分子が重合して生成する化合物)と液体保持溶剤などを使用。こうして、開発には10年もの歳月が流れたとか 。



皮膚に特殊なスプレーを憤霧すると、みるみるうちに乾燥。吹きつけている段階で、関節部分がよれてシワが出てくる様子も驚きです。15分もすると身体にぴったりとフィットしたシャツが完成! もちろん衣類なので、簡単に脱ぐことができます。デザイナーとしてアイディアをすぐに形にできるのは素晴らしいと話す博士は、今後は近い将来、迅速かつ快適な素材が作れるよう、実用に向けて開発を進めたいと述べたそうです。

by yakuraibosi | 2010-09-28 16:58 | Comments(0)

5年間飛び続ける無人航空機の開発

米ボーイングと5年間飛び続ける無人航空機の開発プログラムを最終化

e0026609_16291727.jpg

2010年09月25日


無人偵察機(航空機)「ソーラーイーグル(SolarEagle)」は、DARPAが進める高高度滞空型の無人航空機開発計画「ハゲワシ(Vulture)」の一環。(c)ecool/DARPA

米国防総省の国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency、DARPA)は、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)と太陽エネルギーを動力とする無人航空機「ソーラーイーグル(SolarEagle)」の開発プログラムをまとめたことを明らかにした。開発が順調に進めば、2014年に30日間のデモンストレーション飛行が行われる。

全長400フィート(約122メートル)のソーラーイーグルは全面にソーラーパネルが設置されており、日中にプロペラの動力源となる燃料電池が充電される。最終的には5年間無着陸で飛行する事が可能になるという

by yakuraibosi | 2010-09-28 16:29 | Comments(0)

宇宙人の頭がい骨が見つかった!

 シーランドの頭がい骨:宇宙人の頭がい骨が見つかった!

e0026609_16204951.jpg


この骸骨はデンマークのOlstykkeで2007年に発見されたが、2010年まで科学界では無視されてきた。
 古い水道を交換している作業員がこの骸骨を見つけた。その後、人間のような形をしているということで発掘が行われた。この生物を関係があるような遺品は何も見つからず、動物の骨と、この地域ではめずらしくないような新石器時代の石斧などのような道具が見つかっただけだ。
 しかし、新石器時代の遺物と一緒に見つかりはしたが、コペンハーゲンのニールス・ボア研究所で炭素14の年代測定を行ったところ、この生き物は西暦1200年から1280年の間に生きていたことが分かった。
 この骸骨は古い水道管の上で見つかったことから、埋められたのは1900年以降であると推測される。
 また骸骨の外見より、長い間埋まっていたのではなく、数十年間くらいであろうという。
たぶん、だれかが骸骨を長い間持っていて、その存在の秘密を隠すために、後で、故意に埋めたのではないか。
 Olstykkeの住民の間では、l’Ordre Lux Pégasos (the Order of Pegasus’ Light)(ペガサスライト教団)の一員だった地元住民の話が昔から伝えられている。
 
この人は教団を代表して種々の物品を保管していたという。それらの中には、ミステリアスな頭蓋骨や、非常に明るいが壊れない金属またはセラミックスの道具を数点持っていたという。
 
この骸骨は、バルカン起源であると言われていて、パリ、ミュンヘンで保管されていた後、デンマークに来たという。
 この骸骨は男のホモサピエンスの骸骨の1.5倍ほどの大きさだ。特に、眼球のくぼみが大きさに貢献している。表面が滑らかであるのは、この生物が寒冷気候に適応していたことを表している。また、頭部に対しての目のサイズから夜行性の生物であったことがうかがわれる。

by yakuraibosi | 2010-09-28 16:21 | Comments(0)

UFO

※これらのUFO写真は本物であることを証明するものではありません。
詳しく知りたい方はufo case book をごらんください。

e0026609_86482.jpg


e0026609_874016.jpg


e0026609_88161.jpg

by yakuraibosi | 2010-09-17 08:09 | Comments(0)

がん細胞を内部から破壊

がん細胞を内部から破壊=「トロイの木馬」血液細胞

e0026609_831628.jpg


-林原研究所
 林原生物化学研究所(岡山市)は15日、臍帯(さいたい)血から発見した血液細胞が「トロイの木馬」のようにがん細胞に入り込み、がんを内側から死滅させる現象を確認したと発表した。研究成果は大阪市で22日から開かれる日本がん学会学術総会で発表する。
 この細胞は同研究所が2006年、新生児のへその緒の臍帯血から発見した「ホゾティ」。抗がん作用や免疫抑制作用があるという。
 竹内誠人主任研究員によると、試験管で実験したところ、ホゾティはがん細胞を選んで中に入り、2~4時間後に死んだ。その際、がん細胞を死滅させる効果があるたんぱく質を内部にまき散らし、がん細胞を死なせた。
 将来的にはホゾティを抗がん剤の運び役としてがん細胞に侵入させるなど、応用が期待できるという。(
2010/09/15-19:28)

by yakuraibosi | 2010-09-17 08:03 | Comments(0)

UFO

e0026609_10134546.jpg


e0026609_1014563.jpg


e0026609_10142860.jpg

by yakuraibosi | 2010-09-12 10:14 | Comments(0)

UFO

e0026609_10112324.jpg


e0026609_10114410.jpg


e0026609_1012591.jpg


e0026609_10123052.jpg

by yakuraibosi | 2010-09-12 10:13 | Comments(0)

UFO

e0026609_1084473.jpg


e0026609_109335.jpg


e0026609_1010265.jpg

by yakuraibosi | 2010-09-12 10:10 | Comments(0)