<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ミリメートル大の「オールインワン・コンピュータ」を開発

ミリメートル大の「オールインワン・コンピュータ」が登場

2011/02/24【ISSCC 2011】
R. Colin Johnson:EE Times (翻訳 青山麻由子、編集 EE Times Japan)

e0026609_20355293.jpg


 University of Michigan(ミシガン大学)の研究チームは、ミリメートル大サイズと極めて小さい「オールインワン・コンピュータ」を開発し、米国のサンフランシスコで開催されている半導体回路技術の国際学会「ISSCC(IEEE International Solid-State Circuits Conference) 2011」(2011年2月20日~24日)で発表した。


1mm3に満たない容積に、マイクロプロセッサの他、電源用の太陽電池から通信用の無線回路に至るまで、単独で動作するコンピュータシステムとして必要なすべての要素を統合したという。こうしたコンピュータの開発は世界初だと同大学は主張する。

 同大学は今回、緑内障患者の眼球に埋め込む用途を想定し、ミリメートル大のオールインワン・コンピュータを設計した。同大学の研究チームによると、このコンピュータは他にも、無線センサーネットワークやリモート監視などに使えるという。

 同大学で教授を務めるDennis Sylvester氏は、
「われわれは世界で初めて、完全なコンピューティング・システムをミリメートル大のサイズで実現した」
と述べた。同じく同大学の教授であるDavid Blaauw氏および助授のDavid Wentzloff氏との共同開発である。

 Blaauw教授は、「ミリメートル大のシステムは、人体監視や環境監視、そして建物監視など数多くの応用が考えられる。携帯型デバイスよりも小さくなれば、人々はこうした監視デバイスに頼るようになるだろう。そうした監視デバイスを1人当たり10個から100個も利用するようになる可能性がある。1人当たりの消費量がそのように増加することで、今後の半導体業界の成長を促進するようになるだろう」と述べた。

 同研究チームがこのミリメートル大コンピュータの最初の用途として想定したのは、緑内障患者の眼圧を測定し、病症の進行状況を測定するシステムだった。今回発表したシステムでは、1mm3よりも小さい容量の中に、マイクロプロセッサと眼圧センサー、メモリの他、電源を確保するための薄膜2次電池とその充電用の太陽電池、そして記録した測定結果を外部に送信する無線通信回路とアンテナまでも内蔵した。

 研究チームは、この極小サイズのコンピュータシステムを「Phoenix」と名付けている。今回発表したのはその第3世代の試作品であり、同チームによると消費電力は旧来のプロセッサに比べて動作時に10分の1、待機時に3万分の1と極めて小さいという。具体的には、15分ごとに起動して眼圧を測定し、その結果を無線送信するという動作を繰り返す場合、平均消費電力はわずか5.3nWである。内蔵する2次電池の充電には、太陽光なら1.5時間、室内照明なら10時間ほど照射すればよいという。

ミシガン大学が開発したオールインワン・コンピュータ。ミリメートル大でこのようなシステムを実現したのは世界初だという。

写真提供:Greg Chen氏
by yakuraibosi | 2011-02-27 20:37 | Comments(0)

二足歩行ロボットによる世界初のフルマラソン大会

「ろぼまらフル」


大阪市で開催された二足歩行ロボットによる世界初のフルマラソン大会「ろぼまらフル」で26日、Vstoneチームのロボット「Robovie-PC」がわずか1秒差の激戦を制し、第1回王者に輝いた。Robovie-PCの記録は54時間57分50秒だった。

【2月26日 AFP】

e0026609_2022422.jpg


e0026609_20222980.jpg


大会は、室内に設けられた1周100メートルのコースで行われた。フルマラソンと同じ42.195キロの完走を目指し、5台の2足歩行ロボットが参加。24日午前にスタートした。

 1台のロボットは初周をまわったところでリタイヤ。しかし、残る4台は昼夜問わずノンストップのマラソンを続けた。ロボットたちは転倒したり、ライバルロボットと衝突したりする度に、自力で立ち上がって走り続けた。 

最終結果は、Robovie-PCが、ロボットセンターチームのRobovie-PC Liteをわずか1秒差でかわしてのゴールとなった。


(c)AFP
by yakuraibosi | 2011-02-27 20:16 | Comments(0)

未知の生物「歩くサボテン」

未知の生物「歩くサボテン」 中国・雲南で化石発見37

e0026609_14295090.jpg


中国南西部・雲南省のカンブリア紀(約5億年前)の地層で、細長い体に無数のとげが生えた未知の生物の化石を発見したと、中国・西北大などのチームが24日付の英科学誌ネイチャーに発表した。見た目がサボテンに似ていることから「歩くサボテン」というニックネームが付けられた。

体長は約6センチで、柔らかいミミズのようだったらしい。とげが生え、硬くて丈夫な10対の脚があり、この脚には関節があった可能性が高いという


チームは、ムカデや昆虫のように節に分かれた脚を持つ節足動物に近い種だとみている。節足動物の特徴である硬い殻は、どのように進化してできたのかなどは分かっておらず、今回の発見は、こうした点の解明につながる可能性があるという

by yakuraibosi | 2011-02-26 14:32 | Comments(0)

X線:感度1000倍アップ

X線:感度1000倍アップ、
東大などが撮影装置を開発


e0026609_1737967.jpg


指の関節を写した従来のX線画像(左)と、新装置による画像。矢印の先に軟骨の輪郭が写っている=埼玉医大提供(共同)


 東京大、兵庫県立大とコニカミノルタエムジーなどの研究チームは、従来より約1000倍も高感度のX線撮影装置を開発したと発表した。骨など硬い組織に比べ、従来のX線装置では撮影が難しかったがん細胞や軟骨などを画像化することができ、指先を動かす細い筋肉まで判別できる。実用化すれば、乳がんのより早期の発見や、関節の軟骨の異常からリウマチの早期診断が可能になるという。

 従来の装置は、X線が体を透過する時に吸収される量が多いほど濃い画像になる仕組みで、X線をあまり吸収しない軟骨などの撮影は困難だった。百生(ももせ)敦・東大准教授(X線光学)らは、X線が透過時にわずかに屈折することに注目。体の組織による屈折率の違いを識別し、画像にする技術を開発した。この方法なら軟らかい組織でも鮮明に写せるうえ、特にがんの診断に重要な線維組織や石灰化した組織が見分けやすいという。

 埼玉医科大と名古屋医療センターで献体の指やひざ、切除した乳がんの標本を撮影したところ、関節部分の軟骨が判別できたほか、乳管内にとどまっているごく初期のがんを見つけることができた。

 チームは今年中に生体の患部などを撮影する試験を始める方針だ。さらに開発を進め、集団検診などで使えるような装置の実用化を目指すという。

 百生准教授は「開発した新装置は、超音波診断装置やMRI(磁気共鳴画像化装置)より細かい部分まで撮影できる。造影剤も不要で、患者の負担軽減になる」と話す。
【山田大輔】

毎日新聞 2011年2月21日 12時14分(最終更新 2月21日 12時23分)
by yakuraibosi | 2011-02-22 17:40 | Comments(0)

月にあいた巨大な空洞への入口をかぐやが発見

月にあいた巨大な空洞への入口をかぐやが発見

2009.10.26

e0026609_102362.jpg


月基地を作るのにピッタリの穴が月で発見されました。

発見したのは「かぐや」で、
月の「嵐の大洋」と呼ばれる部分です。
 

e0026609_102472.jpg

 

このトンネルは、流れている溶岩の表面が冷えて固まった後、その中にある溶岩が流出して作られたと考えられる。JAXAは月周回衛星「かぐや」で探査したところ、火山活動が活発だった地域内の地点(北緯14度、西経57度)で、縦穴(直径60~70メートル、深さ80~90メートル)を発見。その穴に差し込む太陽光や影の解析から、地下に横幅400メートル以上、高さ20~30メートルのトンネルの存在が確実になったという。
e0026609_1026261.jpg

(毎日JP 09.10.25)

 
月には大気がないために隕石が燃え尽きずに落下したり、
人体に悪影響のある宇宙線も直接降り注ぎます。
また日中と夜とでの温度差も大きい。
 
そんな月の溶岩トンネルの中は
天然の基地にもってこいというわけです。
 
おまけに今回発見された場所は付近が平らで、
地球のほうを向いているのでなおさらだとか。。
 
これはワクワクしますねぇ。
by yakuraibosi | 2011-02-18 10:26 | Comments(0)

NASAが太陽系最大の惑星「Tyche(テュケー)」を発見!?

NASAが太陽系最大の惑星「Tyche(テュケー)」を発見!?

2011.02.15

e0026609_106742.jpg


王星が準冥惑星に降格になって5年。新たな第9惑星が発見されたかも。。。

発見されたかもしれない惑星の名前は「Tyche(テュケー)」と名づけられていて、木星と同じガス惑星タイプで、大きさはなんと木星の4倍。
 
これまで発見されなかったのはあんまりにも太陽から離れた軌道を回っているからなんだとか。

その距離は、太陽と地球との距離の15,000倍、太陽と冥王星との距離の375倍とものすごく離れています。


今回の発見は2009年12月に打ち上げられたNASAの宇宙望遠鏡ワイズによるもので、調査をしているルイジアナ大学のJohn MateseとDaniel Whitmireによると詳細は2年以内に明らかにできるとのこと。
 
9番目の惑星になるかどうかはIAU(国際天文学連合)しだいですが、惑星でも準惑星でもない新しいカテゴリーを作ることになる可能性もありそうです。
 
ちなみに惑星の名前、Tyche(テュケー)はギリシャ神話に登場する運の女神の名前。
そのまま日本名にすると「運星」とかになっちゃうんですが。。(笑)
 
続報を楽しみにしたいと思います。 
by yakuraibosi | 2011-02-18 10:10 | Comments(0)

UFO

注)これらのUFO写真は本物であることを証明するものではありません。
詳しく知りたい方はufo case bookをごらんください。

e0026609_1351323.jpg


e0026609_1363094.jpg


e0026609_1364979.jpg


e0026609_1372191.jpg


e0026609_1374183.jpg

by yakuraibosi | 2011-02-11 13:07 | Comments(0)

米海軍、空母から離着陸可能な無人戦闘機を開発

米海軍、空母から離着陸可能な無人戦闘機を開発

2011年 2月 9日

米国海軍は、新型無人戦闘機「X-47B」の試作機の初飛行に成功し、この技術において大きな進歩を遂げたと発表した。X-47Bはコウモリ型の翼を持ち、空母から離着陸できるように設計されている。空母からの離着陸は、航空技術上、最も複雑かつ難しい分野だ。

e0026609_8564399.jpg

初飛行に成功した新型無人戦闘機「X-47B」の試作機(4日、米カリフォルニア州エドワーズ空軍基地)

 この試作機は米軍需大手ノースロップ・グラマンが製造した。4日、カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地で初の試験飛行が行われた。今回行われた29分間の試験飛行は、現在の無人飛行機で可能な陸地からの離着陸だけでなく、空母の甲板上での離着陸が無人戦闘機でも可能であることを示すために計画されたものだ。

 
by yakuraibosi | 2011-02-10 08:57 | Comments(0)

「ネット遮断」に対抗する方法

「ネット遮断」に対抗する方法
2011年2月 1日

e0026609_13164121.jpg

ソロモン諸島、レンネル島にあるネットカフェ。画像はWikimedia

エジプトでは政府がISP各社に圧力をかけてインターネットを「遮断」した(日本語版記事)が、同様のことは読者の国でも起こりうるだろうか。また、起こったとしたら、どうしたら良いのだろうか。


BBCの記事によれば、「エジプト人がネット接続を回復した代表的方法の一つがダイヤルアップ・モデムだった。海外のダイヤルアップ・アクセス先国際電話番号の長いリストが、ネット活動家達によってエジプト内に出回った」

政府が主要ISPに圧力をかけて接続を遮断したとしても、政府の力が直ちに及ばない場所もいくつかある。私的に所有されているネットワークや独立系ISPなどだ。もし独立系ISPを運営しているなら、今が活躍の時だ。ワイヤレス・ルーターを開放し、人々にコミュニケーションを提供しよう。

by yakuraibosi | 2011-02-09 13:19 | Comments(0)

UFO

注)これらのUFO写真は本物であることを証明するものではありません。
詳しく知りたい方はufo case bookをごらんください。


e0026609_12581550.jpg


ミステリーサークル
トラクターのタイヤ跡の幅は2メートルくらいですから大きさが想像できます。
e0026609_1334698.jpg

by yakuraibosi | 2011-02-09 12:58 | Comments(0)