<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

家庭用発電所が実現?

家庭用発電所が実現? 太陽光で水素を発生する「人工葉」

2011年3月29日

e0026609_19224582.jpg


カリフォルニア州で開かれた全米化学学会の国内会議で、マサチューセッツ工科大学(MIT)のDaniel Nocera教授が、自然の光合成プロセスを模倣する「人工葉」を、安定性が高く安価な材料から作ったと主張している。

この装置は高度な太陽電池で、一般的なトランプほどの大きさしかなく、水の上に浮かべた状態だ。自然の葉と同様に、日光を利用して水を酸素と水素という2つの主要構成要素に分解し、これらを貯めておき、燃料電池で発電する際に利用する。

Nocera教授の作った葉は安定性が高い。予備試験では、機能低下なしに45時間以上連続して動作した。さらに、シリコン、電子部品、化学触媒といった、入手しやすく安価な材料でできている。しかも強力で、光合成を行なう効率は自然の葉と比べて10倍も高い。

Nocera教授によると、4リットル弱の水で、開発途上国の家1軒に、まる一日供給するだけの電力を作ることができる可能性があるという。地球上のあらゆる家に人工葉を1枚ずつ配れば、[1軒あたり]1日4リットル弱の水だけで14テラワットの需要を満足させることができるかもしれない[2005年の日本語版過去記事によると、米エネルギー省は2002年の世界の総電力需要量を約14テラワットと算出している]。

感動的な主張だが、これは絵に書いた餅のような概念だけの考えではない。Nocera教授はこの革新的なアイディアを商用化するために、すでに世界的な大企業と契約を結んでいるのだ。インドの巨大複合企業であるTata Groupは、Nocera教授と提携し、1年半後を目安に、冷蔵庫ほどの大きさの小型発電所を製造することにしている。

もちろん、これがこれまでで初めての人工葉というわけではない。自然がエネルギーを作り出すプロセスを模倣しようという構想は、数十年にわたって存在し、多くの科学者たちが葉を作ろうと試みてきた。第1号は、10年以上も前に米国立リニューアブル・エネルギー研究所のJohn Turner氏が作ったもので、光合成を模倣することはできたが、稀少で非常に高価な材料でできていた。さらにかなり不安定で、寿命もかろうじて1日もつ程度だった。

これまでのところ、Nocera教授の目は開発途上国に向けられている。「われわれの目標は、各家庭が自分の発電所を持つようにすることだ」と教授は述べる。「今からさほど遠くない将来に、インドやアフリカの村々が、この技術に基づく手頃な価格でシンプルな発電所を購入するようになることを期待してほしい」

by yakuraibosi | 2011-03-31 19:23 | Comments(0)

福島にUFO乱舞

福島にUFO乱舞


Amazing UFO Fleet Over Fukushima Japan March 26, 2011


究極の報告です。ついにエロヒムがやってきてくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=b6kEoYH043I&feature=player_embedded
by yakuraibosi | 2011-03-31 09:43 | Comments(0)

黄色い雨

黄色い雨


最近、東京で黄色い雨が降りました。
また、テレビでは黄色い花粉のような粉が車の上に溜まってる映像が
流れました○
ニュースではそれは花粉のせいだという報道がされました。

しかし、

当時チェルノブイリでも黄色の雨が降ったことがあり、ニュースで同じように
花粉の影響だと流れたそうです。

しかし、実際は放射線の影響でした○

今回は、チェルノブイリの10倍の被害だそうです。
数百万人が時間差で死んでいくだろうと言われています。

チェルノブイリの事故で3000キロ離れた場所でも、10年、15年経った今でも
影響でがんになっている人がいます。

100キロでも200キロでも300キロ離れていても危険だということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エコショックラジオ局のアレックス スミス が原子力反対派運動の世界的
権威で活動家の ヘレン カルデイコット博士にインタビューした内容です。

・福島原発第3号炉から煙、プルトニウムを含む使用済み燃料プールから
その煙が出ているのなら、控えめにいってもこれは大惨事。

・1プルトニウムは100万の1グラムでも体に取り込むと体内で癌を引き起こす。

・人々の健康にとっての本当の問題は、同位体を識別できない外部放射
線測定結果よりも、癌や遺伝子の突然変異を引き起こす内部放射体
(例、ストロンチウムは骨に蓄積)です。

・半減期が長い同位体 対 半減期が短い同位体:我々人類の遺伝子総体
には大きな問題。

・使用済み燃料冷却プールには原子炉そのものよりもはるかに大きな
脅威を及ぼす。アメリカでは燃料プールに冷却装置のバックアップはない!

・日本の広範囲の土地は二度と戻らないほどに汚染。

・残された人類の未来、めちゃくちゃな遺伝子工学で操作されたくらいに
今回の日本の事故は深刻。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


by yakuraibosi | 2011-03-28 10:02 | Comments(0)

福島原発

福島原発の被害はどこまで・・・

●ヘレン・カルディコット博士:日本の事故は、チェルノブイリの大惨事を
上回る可能性がある。プルトニウムは100万分の1グラムを吸い込むだけで、
癌を引き起こす。そして福島の3号機からはプルトニウムが漏れ続けている。

http://www.rense.com/general93/plut.htm

●無害? チェルノブイリの放射線によって約100万人が殺された。
1986年のチェルノブイリ原発事故で放出された放射線の被曝によって、
世界中で約100万人が死亡したことを明らかにした本が出版された。

http://therealnewsjournal.com/?p=6359

●日本:破壊された原子炉への解決策として、チェルノブイリ時の代替策を
用いる時だ。原子炉を封じ込めるために、日本の航空部隊を使って空から砂と
ホウ素とホウ酸を撒く案がある。チェルノブイリの時には、空軍が5000トンの
砂とコンクリを撒いて原子炉を封じ込めた。しかし、言うは易く行うは難しい。
ロボットを使う必要性。

http://www.veteranstoday.com/2011/03/21/japan-the-solution-to-the-blown-reactors/

●チェルノブイリ生存者から日本へのメッセージ:
「できるだけ早く逃げてください。待たないでください。自分自身を救って
ください。政府は嘘をつくので、政府に頼らないでください。原子力産業は
あまりに巨大なので、彼らはあなたたちに真実を知らせたくないのです。」

http://www.aolnews.com/2011/03/22/chernobyl-cleanup-survivors-message-for-japan-run-away-as-qui/

●今、福島では広島の72,000倍の放射線が放出されている。
日本の権威者や専門家、IAEA(国際原子力機関)は、人々を騙し続けている。

http://www.rense.com/general93/72000.htm

●地質学者たちは、東京の下部の断層線が弱化した後、別の地震によって、
東京が二つに断裂する可能性を警告している。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-1368405/Geologists-warn-powerful-earthquake-strike-Tokyo-disaster-weakened-fault-line-near-capital.html

●安全な原子力は存在する。中国はトリウムを使ってその技術開発を先導している。

http://www.telegraph.co.uk/finance/comment/ambroseevans_pritchard/8393984/Safe-nuclear-does-exist-and-China-is-leading-the-way-with-thorium.html
by yakuraibosi | 2011-03-28 09:37 | Comments(0)

チェルノブイリ事故の範囲と比較した日本地図


チェルノブイリ事故の範囲と比較した日本地図


e0026609_972369.jpg

by yakuraibosi | 2011-03-28 09:07 | Comments(0)

世界最速のデータ通信成功

世界最速のデータ通信成功 伊のグループ

2011/3/26 13:30




 【ローマ=共同】イタリア中部ピサのサンタンナ大学の研究グループなどが25日までに、インターネットで世界最速となる毎秒448ギガビットの大容量データ通信に成功したと明らかにした。

 同大によると、光ファイバーを活用し、1秒間に高画質の映画で20本、通常画質なら500本のデータ通信のほか、700万件のビデオ通話や1億件の音声通話を可能にしたという。通信機器大手エリクソンも実験に加わった。

by yakuraibosi | 2011-03-28 08:57 | Comments(0)

宇宙初期に“壮年期”の銀河団が存在

宇宙初期に“壮年期”の銀河団が存在

National Geographic News
March 22, 2011


私的コメント:   またもや定説が崩れました。
          宇宙は無限の空間と無限の時間で構成されていますので
          科学の進歩と比例して宇宙の大きさは拡大されていくのです。

e0026609_1312143.jpg


 宇宙最古で地球から最も遠く離れた銀河団、CL J1449+0856(3月9日公開)。欧州宇宙機関(ESA)が近赤外線とX線データを合成し、100億光年先の宇宙を画像化した。

 ESAのWebサイトによると、成長期にある若い銀河が多いとされてきた初期宇宙の定説に反し、CL J1449+0856はその時期にすでに“壮年期”を迎えていたという。広範囲にわたって放射されるX線(紫色)や、属する恒星の構造の変化から明らかになった。

by yakuraibosi | 2011-03-24 13:07 | Comments(0)

UFO

e0026609_10472725.jpg


e0026609_10475115.jpg


e0026609_10483733.jpg


e0026609_10502288.jpg

by yakuraibosi | 2011-03-10 10:50 | Comments(2)

高速で人間を追跡? 米軍の『チーター』ロボ

高速で人間を追跡? 米軍の『チーター』ロボ
2011年2月28日

サイエンス・テクノロジー

e0026609_1852984.jpg


e0026609_1853916.jpg


米軍のロボットろば『BigDog』のメーカーである米Boston Dynamics社は2月25日(米国時間)、さらに高速で恐ろしい動物型ロボット『Cheetah』の開発を、米国防高等研究計画局(DARPA)から受託したと発表した。

その名称からうかがい知れるように、Cheetahは柔軟で多関節の背骨と頭部(と、おそらくは尾も)を備えた4足ロボットだ。最速の人間よりも速く走ることができる。

Boston Dynamics社によると、高速に加えて素早く方向を変える俊敏さも備えており、「追跡したり逃げたりする際にジグザグに動く」ことや、即座に止まることが可能だという。

BigDogは、戦場で人の代わりに荷物を運ぶ、貨物輸送ロバとして開発された。平地ならば300ポンド(140キログラム)を13マイル(約21キロ)運ぶことができ、山も登れるし、蹴られても氷上で滑っても、自力で立ち直ることができる(日本語版記事)。その気味の悪い生物のような動画はネット上で評判になり、たくさんの人が視聴してきた(日本語版記事)。

新しいCheetahは、戦場で使われるほか、救助現場や、「緊急対応、消火活動、先進的農業、移動の乗物」などの分野で未来を新しく切り開くものだとBoston Dynamics社は述べている。

Boston Dynamics社にはほかに、『Atlas』というヒューマノイドも開発している。『ターミネーター』のT-800シリーズに似ている(ただし頭部は無い)。

「起伏の多い地形も人間のように歩くことができる。必要ならば手と膝で這って進み、行く手が狭ければ横向きですり抜ける」と設計チームは話す。
by yakuraibosi | 2011-03-02 18:55 | Comments(0)

ショウジョウバエの活動リズム、暗黒下でも変化なし

ショウジョウバエの活動リズム、暗黒下でも変化なし 京大が54年間、1300世代を飼育し突き止める 

2011.3.1 00:00
 
e0026609_2081530.jpg


ショウジョウバエを54年間、1300世代にわたって暗黒の条件下で飼育しても、光をあてると昼夜のある生活をする生物とほぼ同じ約24時間周期の活動リズムを示すことを、京都大学の今福道夫名誉教授(動物行動学)らが突き止めた。
3月1日に日本動物学会の学会誌に掲載される。

 ハエの1300世代は人間に置き換えると3万2500年に相当。旧石器時代の終わりに洞窟に入ったままの人間を現代に初めて光のある世界に連れ出しても、活動リズムは外にいた人とほぼ同じになるという形だ。

 暗黒のびんの中でショウジョウバエを飼育する研究は昭和29年11月、理学部動物学教室の故森主一教授が開始。その後、歴代の教員や学生らが引き継ぎ、今福名誉教授は35年以上、その中心となってきた。

 実験は、1300世代にあたる約100匹を3グループに分けた。1つは卵の段階から12時間周期で光をあて、あとの2つは1回だけ、3・5時間と7・5時間光にあてたあと、それぞれまた暗黒に戻した。

 各グループの活動リズムを調べたところ、昼間に活発に動き、夜間に鈍くなる基本的な生物の活動リズムになっていたという。

 今福名誉教授は「生物の本質にかかわる活動リズムが想像以上に強固なものであることがわかった」と話している。

by yakuraibosi | 2011-03-01 20:10 | Comments(0)