<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

太陽系の最先端部分を発見した

NASAの宇宙探査機が太陽系の最先端部分を発見した。銀河系(天の川銀河)における太陽の進行方向を指しているという。


e0026609_21484096.jpg


 この発見は、太陽圏観測衛星IBEX(Interstellar Boundary Explorer)から新たに送信されたデータに基づいている。IBEXは太陽系外縁部の地図を作成する目的で2008年に打ち上げられた。

 太陽が銀河系を移動するにつれ、太陽風(太陽から吹き出す荷電粒子)が星間ガスと衝突し、太陽系の周囲に繭(まゆ)のような「太陽圏」を作り出す。繭の端「ヘリオポーズ(太陽境界面)」は、太陽から145億キロ以上も離れている。

 研究を率いたアメリカ、ニューハンプシャー大学のネイサン・シュワドロン(Nathan Schwadron)氏は、「2005年、ボイジャー計画の探査機が外縁部の境界に初めて到達した。当時、極めて局所的な情報が得られた」と説明する。

「2008年から始まったIBEXの観測により、大局的な性質を確かめられるようになった。太陽系を包み込み、有害な銀河宇宙線から守ってくれている巨大な“泡”に関する40年来の理論が覆ろうとしている」。銀河宇宙線は高エネルギーの粒子で、宇宙を素早く飛び回っている。

 宇宙線は絶え間なく太陽系に降り注ぐが、太陽圏が大部分を遮断してくれている。それでも、少量はすき間を抜けて地球に到達し、人工衛星の電子機器や宇宙飛行士の健康にダメージを与えることもある。さらにヘリオポーズでは、太陽風と恒星間物質がぶつかってエネルギー中性原子(ENA)が生まれる。地球近くに到達するENAを全天観測するのが、IBEXの役目だ。

by yakuraibosi | 2011-04-28 21:49 | Comments(0)

「人間の母乳と同様の成分のミルクを生み出す雌牛」

遺伝子組み換えによって「人間の母乳と同様の成分のミルクを生み出す雌牛」が開発される

e0026609_19112142.jpg


乳児には母親の母乳か、それが難しければ粉ミルクを与えるのがこれまでの常識でしたが、そこに「牛から絞り出した母乳」という新たな選択肢が加わる可能性が浮上しています。

中国で行われた遺伝子組み換え実験により、牛乳ではなく母乳を絞り出すことのできる雌牛が開発されました。母乳に含まれている抗体や栄養素を含んだミルクを牛から搾ることができるとのことですが、その安全性について疑問視する声も上がっています。

by yakuraibosi | 2011-04-23 19:11 | Comments(0)

夢の発電技術

2011年3月28日 15:30 (ロケットニュース24)
夢の発電技術を米大学が研究中、「1.5リットルの生活廃水で1日分の発電ができる」

米マサチューセッツ工科大学(以下:MIT)の研究者は、植物の光合成の原理を応用し、発電する研究を進めている。このほど、太陽光発電よりもはるかに効率的で、無駄のない発電方法について発表を行った。それによると、早ければ来年までに、一般家庭の電力源を、生活廃水1.5リットルでまかなえるかもしれないというのだ。

この研究は、MITの化学エンジニアリングの権威、ダニエル・ノセラ博士らが行っているものだ。博士によると、植物の光合成の原理を応用し、コバルトとリン酸塩を用いて、人工の「葉」を作り出した。これを水のなかに浸し、水の分子を分解して、電気を生成するのである。45日間継続的に実験を行った結果、ソーラーパネルを上回る効率で、電気を得ることができたと報告している。

すでに商業化に向けて、インドの企業「タタ・グループ」と開発を進めているとのことだ。現在はその準備段階にあるのだが、早ければ来年までに冷蔵庫サイズの小さな寸法の発電機で、小さな家庭の電力をまかなうことができるようになる。しかもその動力は、1日1.5リットルの生活廃水で済むとしている。

まさしく夢のような発電技術。是非とも早い段階で実用化して頂きたいものだ。

参照元:livemint.com(英文) Youtube/USdepartmentofenergy
by yakuraibosi | 2011-04-23 19:00 | Comments(0)

UFO

e0026609_21401787.jpg


e0026609_21412395.jpg

by yakuraibosi | 2011-04-02 21:34 | Comments(0)