<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

花粉症対策・アレルギー性鼻炎治療

花粉症対策・アレルギー性鼻炎治療

e0026609_20574693.jpg


最新の花粉症、鼻炎対策
Breakthrough for Nose Allergies 花粉症対策や花粉症治療、花粉症薬に悩まれている方に朗報です。 手軽で安全な新しい花粉症対策をご紹介します。
イスラエルで開発された、花粉症・鼻炎の新しい治療方法が「バイオネット・花粉症・鼻炎 光フォト治療」です。
これまでは、病院で大型の機械を使わないとできなかった治療法が、ご家庭で手軽にできるようになりました。
花粉症はもちろん、ハウスダストアレルギー、ペットアレルギーによる、くしゃみ、鼻水、充血等を改善します。
「花粉症対策・鼻炎光フォト治療器」愛用者は、世界で30万人! 利用者の80%が効果を実感しています。


e0026609_20582012.jpg


薬を使わない花粉症治療
Effective and Drug Free 花粉症やアレルギー性鼻炎に悩まれている方のもう一つの悩みが薬の副作用です。
せっかく花粉症や鼻炎を薬で抑えることができても、副作用で眠くなったり、だるくなったりして仕事や生活に支障を与える場合も少なくありません。
「花粉症対策・鼻炎 光フォト治療」のバイオネットは、LEDの光を当てるだけの簡単ケア。もちろん薬を飲まないので副作用もありません。

花粉症対策・鼻炎 光フォト治療の特徴

数日で花粉症症状の緩和を実感できます。
鼻炎への効果は臨床試験で実証済。
副作用は一切ありません。
薬を使わない為、他の治療との併用可。
小型で携帯しやすいサイズ。
特許技術です。
全世界で30万台以上の実績があります。

by yakuraibosi | 2012-01-27 21:00 | Comments(0)

インド、金によってイラン産原油の代金を清算

インド、金によってイラン産原油の代金を清算

e0026609_20394389.jpg


インドが、米ドルを廃止し、金によってイラン産原油の購入代金を支払います。
プレスTVが伝えたところによりますと、インドは、原油取引の決済から米ドルを廃止した初めての国として、イラン産原油の代金を金で支払うことに合意したことを明らかにしました。
シオニスト政権イスラエルのニュースサイト・デブカが伝えた報告によりますと、インド政府の高官は匿名で、中国も同じプロセスを踏むことが予想されると述べています。
インドと中国は、イランから日量およそ100万バレル、つまりイランの原油輸出量250万バレルの40%を購入しています。
インドと中国は、いずれも金の豊富な埋蔵量を有しています。
この報告では、インドと中国が金によってイランから原油を購入することで、イラン政府は、イラン中央銀行の資産凍結と、EU外相理事会が23日月曜に合意したイラン産原油禁輸制裁を回避することが出来るとしています。

by yakuraibosi | 2012-01-27 20:39 | Comments(0)

ES細胞で失明状態の患者2人の視力改善

ES細胞で失明状態の患者2人の視力改善 米チームが発表
2012.01.24 Tue posted at: 13:19 JST

e0026609_20304494.jpg


(CNN) 人体のあらゆる組織に成長する能力を持つ胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使って、失明状態と認定された患者2人の治療に成功したとの成果を、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校ジュールズ・スタイン眼研究所の研究者らがこのほど発表した。2人とも視力が劇的に改善したという。

同研究所のスティーブン・シュワーツ博士らが、英医学誌ランセットに報告した。ES細胞を使った治療例が正式に報告されたのは初めてとされる。同博士は「暫定的な結果であり、失明の治療法が見つかったとはいえないが、再生医療における大きな前進だ」と話している。

2例ともそれぞれ、ES細胞を患者の網膜組織に注入した。術後は拒絶反応を抑える薬を短期間投与した。

患者の1人、スー・フリーマンさん(78)は昨年7月に手術を受けた。難病の黄斑変性症で視力が極度に低下し、1人では歩行も買い物、料理も不可能だったが、一方の目を治療した結果、すべてできるようになったという。「自分が書いた字を読むこともできるようになった」と、喜びを語る。

by yakuraibosi | 2012-01-27 20:31 | Comments(0)

UFO

e0026609_1893929.jpg


e0026609_181026.jpg


e0026609_2218286.jpg

by yakuraibosi | 2012-01-25 22:30 | Comments(0)

豪華ヨットのデザイン発表

熱帯の楽園を船上に再現 豪華ヨットのデザイン発表
2011.08.03 Wed posted at: 15:11 JST

e0026609_21592835.jpg


e0026609_11381648.jpg


夢が広がる「トロピカルアイランド」をイメージしたスーパーヨット フォトスライドはこちら
(CNN) 南の島を独り占めできて、しかも行き先は自由自在――。夢のような休日が楽しめる豪華ヨットのデザインが発表された。

デザイン会社「ヨット・アイランド・デザイン」がカリブ海やインド洋、ポリネシアの島をイメージして考案した「トロピカル・アイランド・パラダイス」は、全長90メートル、10人乗りの大型ヨット。デッキには火山や入り江のビーチが再現され、滝から落ちる水が大きなプールに流れ込む。

ヤシの木の間にキャビンが並び、バーやヘリポートも完備。ヨット後部から水面に小島を浮かべ、水遊びや日光浴を楽しむこともできる。動力はディーゼル発電式、最高速度は時速約27キロとなる。

ただしヨットはまだ設計段階で、実際に製造される見通しは立っていない。同社のロブ・マクファーソン取締役は「ひと味違うユニークさを求める顧客に斬新なデザインを提供するのが当社の仕事。万人受けしないのは確かだが、われわれがビジネスをするだけの市場はある」と話している。


e0026609_2293836.jpg

(CNN) リムジンも収容できるスーパーヨット「ソブリン」のデザインが公開された。このプランを現実にするのに必要な金額は1億3200万ドル(約100億円)だ。

e0026609_2211497.jpg

船や巨大ヨット技術の国際展示会「Seatec」にて、サンゴ礁をイメージしたコンセプトヨット「Tofi」が「2011年 ミレニアム・ヨット・デザイン賞」を受賞、注目を集めている。
by yakuraibosi | 2012-01-25 22:00 | Comments(0)

R-1乳酸菌使用のヨーグルト摂取でインフルエンザ感染率が低下

R-1乳酸菌使用のヨーグルト摂取でインフルエンザ感染率が低下

e0026609_131408.jpg


e0026609_1322226.jpg



インフルエンザウイルスや風邪ウイルス、がん細胞等と戦ってくれるナチュラルキラー(NK)細胞を活性化させる「1073R-1乳酸菌」(以下、R-1乳酸菌)。その働きを示す調査結果が9日、東京・赤坂のホテルニューオータニにて発表された。R-1乳酸菌を長期間摂取した佐賀県有田町に住む小中学生のインフルエンザ感染傾向などが紹介された。

同調査は、佐賀県有田町、山形県舟形町にて実施。健康増進活動の一環として、2010年(有田町は9月、舟形町は6月)から今年3月18日までの間、保育園・幼稚園児、小中学生全員と関係職員全員にR-1乳酸菌を使用したヨーグルトを給食などで継続的に食べてもらい、インフルエンザや風邪の罹患率や欠席率の変動についての継続調査を行った。

昨年12月末までの中間報告によると、佐賀県はインフルエンザの感染レベルが高い地域にも関わらず、有田町は周辺地域、佐賀県(有田町を除く)と比べてインフルエンザの罹患率、欠席率が抑えられた結果となった。また、舟形町ではインフルエンザ感染の報告はなかった。今回公表された3月18日までの有田町のデータでは、隣接する地区と比較してインフルエンザ(A/B/新型)の感染率が低く、統計学的に有意差があることが明らかになった。

by yakuraibosi | 2012-01-24 13:02 | Comments(0)

UFO

e0026609_1242512.jpg


e0026609_12432536.jpg


e0026609_12443217.jpg

by yakuraibosi | 2012-01-24 12:44 | Comments(0)

「セシウム花粉」にご注意を

今年の杉花粉はセシウム放射能を含んだ「セシウム花粉」にご注意を!!

と首都大学東京放射線科 福士教授は訴えます。

東京西部の青梅辺りから杉花粉が飛散するのは、関東周辺で例年2月中旬頃から。

セシウムを含む花粉は例年の放射能濃度にすると2~3倍程度で、
サンプリング調査では約210ベクレルという状況なので、
(花粉の粒子が細かいので)直ちに人体へ影響するレベルには達していない模様。

但し、花粉は200~300kmは飛散するので、東北方面からの花粉
には十分注意した方がいいそうです。

福島県浪江町の杉花粉からは、毎時25万ベクレルの放射性セシウムが
検出されており、これを長期間吸い込むのは芳しくない、とのことです。

対策としては、杉花粉対策用のマスクや自宅に帰ったら花粉を振り払い
なるべく部屋に入れない、帰宅直後は全身シャワーを浴びたり、
うがいや目の洗浄(アイボンなどの目の洗浄器具が薬局に売っています)、
鼻洗浄(鼻洗いの容器が薬局に売っています)等を念入りに行う。

などの対策が考えられます。

因みに、セシウム入りの花粉を吸い込むと、鼻や喉の粘膜が炎症を起こし、
免疫力を低下させ、今まで花粉症じゃなかった人も突然発症する可能性も
あるそうです。

-----------------------------------------------------------------------------

首都大学の東京放射線学科長の福士政広教授は次のように述べています。

「普通に生活していれば、花粉の吸引量はせいぜい年間数ミリグラム。体に影響はないと私は考えますが、それでも不安を感じる人は外出時に花粉用マスクを装着して下さい。スギ花粉の大きさは40マイクロメートルで、一般的な花粉用マスクでも約3マイクロメートルの粒子の侵入を防げます」
 
 テレビで当時盛んにマスクの着用を勧めていたのが理解できます。チリやホコリなどもシャットアウトするようです。セシウムはアルカリ性金属であるので、単体では浮揚せずにこのようなチリやホコリに付着して舞い上がると聞いています。

 尚、この先生は次のようにも説明していました。

「帰宅後はうがい、手洗いを徹底しましょう。花粉からのセシウム吸収を防ぐには、花粉そのものを体内に入れないようにすることが肝要です」

by yakuraibosi | 2012-01-24 12:38 | Comments(0)

地震が太平洋に与えた影響

ストーニーブルックのニューヨーク州立大学、海洋科学の教授、Nicholas Fisher氏は福島からの放射能が太平洋での漁業にどのように影響を与えるのかを調査しています。

去年の3月に、津波と地震が福島第一原子力発電所を破壊して以来、日本水産庁による毎月の調査によると、放射性セシウムは、漁獲されたものの60-80%に、ずっと発見され続けているのです。

11月には、18%のcod(たら)、21%のeel(うなぎ)、22%のsole(ひらめ)、33%の海藻が、日本が4月から施行する新しい食品放射能限界を超えました。

太平洋は、世界で最大の漁業の場なのです。同様に、その産物は、アジアだけでも、約十億人もの人々の主なタンパク質源となっています。

10月のアメリカの研究-マサチューセッツ州、非営利団体ウッズホール海洋研究所のベテラン科学者である海洋学者、Ken Buesseler氏と共同著作された-では、福島が、海洋に放出された放射能が、史上最大のものだ-1986年のチェルノブイリ放射能惨事より10-100倍以上-と報告されています。


福島事故の他の影響も、予測されてきませんでした。伝えられるところによると、津波から流された最初の瓦礫が12月中旬に西海岸にうちあげられ始めたようです。科学者や政府筋が予測したよりも1年早いのです。
バンクーバー島、アラスカ、アメリカ西海岸の住民は、大量のボトル、缶、木材や浮きを見つけた、と言っています。

e0026609_8493121.jpg


e0026609_8495334.png


その瓦礫は、日本から流され、太平洋を漂流している1800万トンの瓦礫の一部で、その面積はテキサス州の2倍と考えられています。

瓦礫が太平洋に与える影響は、明らかではありません。その多くが、最終的に、既にごみが浮いている北太平洋旋廻の「太平洋ゴミベルト」 に合流すると思われています。
by yakuraibosi | 2012-01-20 08:52 | Comments(0)

UFO

e0026609_2054617.jpg


e0026609_20542796.jpg

by yakuraibosi | 2012-01-16 20:54 | Comments(0)