<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

放射線治療は、ガンと診断された患者を死に至らしめる治療法です

●放射線治療を受けている場合:

マクロビオティックをお奨めします。マクロビオティックは、放射線疾患とガンにとても効果的です。

●ガンと診断されて、放射線治療を全面的に避けたいと考えている場合:

放射線治療はいかなる形であっても、ガンと診断された患者を死に至らしめる治療法です。
放射能への暴露は、身体を完全に破壊するフリーラジカルを次つぎに引き起こす原因となります。 フリーラジカルは、DNA、たんぱく質、脂肪を破壊します。フリーラジカルによる損傷は、ガンを進行させる大要因であると医学的に証明されています。

人はガンで死亡するのではなく、放射線毒によって死亡しています。「治療」と呼ばれる方法で繰り返される放射線被ばくは、身体の免疫能力を上回ります。ガン患者の髪が抜け落ちるのは、ガンが原因ではありません。根底的な責任は、放射線治療にあるのです。ガンで体重が減るのではなく、放射線治療によって食欲が減退するのです。ガン患者は、ガンによって虚弱化し、病気になりやすくなるのではなく、放射線治療によって身体が毒を受けて、そうなるのです。

クシ・アベリンとクシ・ミチオ両氏による著書「マクロビオティック・ダイエット」で、ミチオ氏はこう記しています。
「1945年の長崎原爆による攻撃の時、秋月辰一郎医師は、長崎の聖フランシス病院の内科医師でした。爆撃現場から約1.6km地点であるこの病院の入院患者のほとんどが、原爆による初期の影響を生き抜くことができましたが、その後すぐに、放出された放射性物質による放射性疾患の症状を見せ始めました。秋月医師は、病院スタッフと患者に、徹底的なマクロビオティックの食事指導を行いました。それは玄米、味噌とたまり醤油のスープ、わかめやその他の海藻類、北海道のかぼちゃ、海塩という内容で、砂糖と甘いものを禁止しました。その結果、病院の全員が無事でした。同市の市民の多くが、放射性疾患によって命を落としていきました。」

●海塩について:

あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りのお風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 
アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。 

●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、たとえ微量であっても、有害です。X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と呼ばれる全ての治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

●お風呂や飲料水に重曹を:

放射性毒を体内から排出するためには、お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。


または、西インド諸島か南太平洋諸島の海で3週間ほど泳ぐのも良いですよ!なぜ西インド諸島か南太平洋かというと、塩が高濃度だからです。
あなたが受けた放射能から身体を癒す最高の場所は、死海です。
死海の塩含有度は世界中のほとんどの海の4倍です。
海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

放射能降下物、X線、放射線治療で受けた被ばくのデトックスのために死海まで旅に出る予算が無い場合は、どうしたら良いのでしょう?

質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、毎日コップ数杯を飲みます。
これで、体内の放射性物質を除去するのに必要なミネラルと痕跡元素を補給できます。

●塩水が飲めないよ!などの場合:

アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成されるフリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。

by yakuraibosi | 2013-04-22 17:12 | Comments(0)

非常に高性能な「マイクロバッテリー」を開発

非常に高性能な「マイクロバッテリー」を開発 - 2〜3ミリの大きさ、パラダイムシフトなるか

新しく開発された高性能なマイクロバッテリーのイラスト。リチウムイオン電池内にある3次元的なマイクロ電極のあいだをイオンが伝わる。

e0026609_1114647.jpg


米イリノイ大学所属の研究者らは16日、既存の最も優れた超コンデンサさえも上回るくらいに高性能なマイクロバッテリーを開発したとNature Communicationsに発表。

今回新しく開発されたバッテリーは非常に高性能でかつ既存のものよりもおよそ30倍小さく、無線などをおよそ30倍遠くに伝えることができるという。

さらにバッテリーは再チャージ可能でこれまでよりも1.000倍速く充電する能力をもち、商業的な電子機器や医療装置、レーザー、センサーなど幅広い応用が期待できるという。

研究を率いたWilliam P. King教授は、「今まではどんな電子機器にしてもバッテリーのサイズによって限界づけられていたが、このバッテリーは数ミリサイズだ」としている。

by yakuraibosi | 2013-04-22 11:01 | Comments(0)

戦争で利益を得る世界の“死の商人”トップ10

戦争で利益を得る世界の“死の商人”トップ10

10.ユナイテッド・テクノロジーズ(アメリカ)2010年の売上高543.3億ドル(内、軍需産業は114.1億ドル)で、軍需産業の比率は21%。純利益47.1億ドル。従業員数は20万8220人。

e0026609_2364359.jpg


9. L-3コミュニケーションズ(アメリカ)2010年の売上高156.8億ドル(内、軍需産業は130.7億ドル)で、軍需産業の比率は83%。純利益9.6億ドル。従業員数は6万3000人。

e0026609_2391279.jpg


8. フィンメッカニカ(イタリア)2010年の売上高247.6億ドル(内、軍需産業は144.1億ドル)で、軍需産業の比率は58%。純利益7.4億ドル。従業員数は7万5200人。

e0026609_2311438.jpg


7. EADS(ヨーロッパ)2010年の売上高606.0億ドル(ジェネラル・ワークス内、軍需産業は163.6億ドル)で、軍需産業の比率は27%。純利益7.3億ドル。従業員数は12万1690人。

e0026609_23113589.jpg


6. レイセオン(アメリカ)2010年の売上高251.8億ドル(内、軍需産業は229.8億ドル)で、軍需産業の比率は91%。純利益18.8億ドル。従業員数は7万2400人。

e0026609_23122960.jpg


5. ジェネラル・ダイナミクス(アメリカ)2010年の売上高324.7億ドル(内、軍需産業は239.4億ドル)で、軍需産業の比率は74%。純利益26.2億ドル。従業員数は9万人。

e0026609_23133267.jpg


4. ノースロップ・グラマン(アメリカ)2010年の売上高347.6億ドル(内、軍需産業は281.5億ドル)で、軍需産業の比率は81%。純利益20.5億ドル。従業員数は11万7100人。

e0026609_23144538.jpg


3. ボーイング(アメリカ)2010年の売上高643.1億ドル(内、軍需産業は313.6億ドル)で、軍需産業の比率は49%。純利益33.1億ドル。従業員数は16万500人。

e0026609_23171169.jpg


2. BAEシステムズ(イギリス)2010年の売上高346.1億ドル(内、軍需産業は328.6億ドル)で、軍需産業の比率は95%。純利益16.7億ドル。従業員数は9万8200人。

e0026609_2318764.jpg


1. ロッキード・マーティン(アメリカ)2010年の売上高458.0億ドル(内、軍需産業は357.3億ドル)で、軍需産業の比率は78%。純利益29.3億ドル。従業員数は13万2000人。

e0026609_23203644.jpg

by yakuraibosi | 2013-04-21 23:20 | Comments(0)

ゴーヤージュースはすい臓がんを防ぐかも

ゴーヤージュースはすい臓がんを防ぐかも

e0026609_22572354.jpg



アジア諸国ですでに大量に消費されているゴーヤー(苦瓜)のジュースは、すい臓のがん細胞へのエネルギー供給を制限して糖代謝経路に影響を与え、がん細胞を殺すことができるのではないか、というコロラド大学がんセンターの研究報告。


糖尿病はすい臓がんの前兆となる場合があると言われている。ゴーヤーが2型糖尿病に影響を与える可能性があると示唆されたため、中国やインドでは民間療法として何世紀もの間、糖尿病患者にゴーヤーが使用されていたという。

3年前の調査により、シャーレ内のゴーヤーの抽出物が乳がんに対して有効性を持つことが確かめられている。

マウスを用いて調べたところ、ゴーヤーはすい臓のβ細胞によるインスリン分泌を調節していることが確認された。またゴーヤージュースを摂取したマウスは、摂取していないマウスと比較して、がん細胞の増殖が60%抑制されているとわかった。ゴーヤーはすい臓におけるがん細胞の代謝機構に影響を及ぼし、エネルギーレベルの低下を示すセンサーとして知られるAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)の働きを促進していた。

マウスにおいて、ゴーヤーがグルコースを代謝するすい臓のがん細胞の能力を妨げるという実験結果は、非常に刺激的なものであった。

多くの科学者は、エネルギーを受け取るがん細胞の機能をターゲットとした新薬の開発に取り組んでいるが、自然界に存在する植物の成分もその働きを有しているかもしれない、と研究者らは期待している。

by yakuraibosi | 2013-04-21 22:57 | Comments(0)

あらゆる傷を一瞬で塞ぎ止血してしまう医療用瞬間接着剤

皮膚から内臓まで全て治せる!?あらゆる傷を一瞬で塞ぎ止血してしまう医療用瞬間接着剤「Veti-Gel」が開発される!!


ニューヨーク大学の大学生Joe Landolinaさんは、あらゆる傷口を一瞬にして塞ぎ止血してしまう医療用瞬間接着剤「Veti-Gel」を開発しました。大きな傷による大量出血も、この接着剤なら一瞬で塞ぐことができます。

e0026609_22471331.jpg



この医療用瞬間接着剤「Veti-Gel(メディジェルとも呼ばれている)」は、遺伝子組み換え植物を原料としたジェルで、華氏33度~90度(1℃~32℃)ならチューブで保存することができます。損傷した患部に塗るとまるで皮膚のような役割を果たして傷口を塞いでしまい、一瞬で出血を止めてしまいます。

映像では、大きく切った豚肉から噴出す大量の豚の血液を、ささっと塗るだけで止めてしまいます。Landolinaさんによると、マウスを使った実験では頚動脈や肝臓の刺し傷、切り傷にも効果があったといいます。(詳細な結果は2ヵ月後に公表予定)

傷は、止血から治癒のプロセスが始まるため、ガーゼによる圧迫止血や糸で縫うよりも素早く治癒が始まります。またVeti-Gel自体が細胞構築の土台としての役割を果たすため、ガーゼを取ったり抜糸をする場合に比べて傷口が非常に早く治るとのこと。

このVeti-Gelは、傷だけでなくヤケドにも効果があり、しかも塗れば一瞬にして効果が発揮されます。加えて、動物由来のコラーゲンなどを使っていないため冷凍保存する必要がなく、扱いも非常に楽だといいます。

これなら医者の腕に関係なく、誰でも簡単に止血することができそうですね。扱いやすく効果も高い一瞬にして傷口を塞ぐ医療用瞬間接着剤「Veti-Gel」でした。

by yakuraibosi | 2013-04-21 22:47 | Comments(0)

「一人ぼっちは早死する」 タバコ1日15本と同じ健康被害

「一人ぼっちは早死する」 タバコ1日15本と同じ健康被害
013/4/10 08:00



社会的に孤立している人は、死の危険が26%高まる――こんな研究結果がイギリスで発表されて、インターネット上で話題を呼んでいる。「1日にタバコを15本吸う並に危険」という別の調査結果もあり、自分が当てはまるのではないかと戦々恐々とする声が相次いでいる。
by yakuraibosi | 2013-04-14 20:37 | Comments(0)

羽根も可動部もない風力発電

羽根も可動部もない風力発電

e0026609_1772295.jpg


風力発電と言えば、大きな羽根がついたものを想像する。だが、オランダのデルフト工科大学が開発している風力発電システム「Ewicon」は、羽根がなく動く部品もない。荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電するものだ。

風力タービンの大半は、風のもつ運動エネルギーを羽根を回す機械的エネルギーに変え、その羽根の回転で電気エネルギーを生み出すことで発電する。これに対してオランダのデルフト工科大学で開発されている「Ewicon」は、風力エネルギーから直接電気エネルギーを生み出すことができる。Ewiconとは静電風力エネルギー変換器(Electrostatic WInd Energy CONverter)を略したものだ。

この方式では、荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電が可能になる。装置は絶縁管が約40列並ぶ、巨大なテニスラケットのような鉄のフレームで構成されている。それぞれの管には複数の電極とノズルがあり、ここから、プラスに帯電した水を空気中に放つ。このプロセスは「エレクトロ・スプレー」と名付けられている。

プラスに帯電した粒子は普通なら陰極に向けて移動する。しかし、風によって陰極から離れる方向へと粒子を押させるならば、ちょうど重力に抗して岩を山の上まで押すのと似たかたちで、電気的な位置エネルギーが増加する。こうして増加したエネルギーを集めるわけだ。このシステムで生み出されるエネルギーの量は、荷電粒子を噴霧するコーンの数と風の流量に左右される。

システム全体には、バッテリー、インバーター、高電圧直流送電、ポンプ、および帯電システムが含まれる。すべてのコンポーネントは、セラミック絶縁体で支えられた金属板の上に置かれている。この絶縁された金属板がコンデンサーの役割を果たし、帯電した水滴を放出することで電気を蓄える。

研究チームはこれまでのところEwiconの小さな機能プロトタイプを数基しか作成していないが、大規模モデルをつくるための資金探しを行っている。小型モデルのひとつは、デルフト工科大学の理工学部建物の前に設置されている(動画の最後に登場)。
by yakuraibosi | 2013-04-13 09:35 | Comments(0)

金、銀、亜鉛…沖縄本島沖海底に大規模鉱床発見!

金、銀、亜鉛…沖縄本島沖海底に大規模鉱床発見!
(04/08 17:03)




 沖縄県沖の海底で、金などを含む大規模な鉱床が見つかりました。

 新たに見つかったのは、沖縄本島から北西に約100キロの伊是名海穴という海域です。これまでにも約340万トンの海底熱水鉱床が見つかっていましたが、今回、新たに行った調査の結果、今までに確認されていた鉱床よりもさらに深い位置に別の鉱床があることが確認されました。この鉱床は金、銀、亜鉛などを含み、海底面より30メートル以上深い位置に広がっています。今回、発見された鉱床を含めると、日本周辺海域には約5000万トンを上回る鉱石資源が埋まっていると推定されます。

by yakuraibosi | 2013-04-13 09:28 | Comments(0)

ウォーキングはランニングと同等の健康効果あり !? 

ウォーキングはランニングと同等の健康効果あり !?

e0026609_23292558.jpg



活発なウォーキングはランニングと同じくらい健康に有益であると、新しい研究は示しています。

  適度な運動のウォーキングも激しい運動のランニングも、運動量が同じなら、同等に、心臓病の 3 つの主なリスク要因の血圧、コレステロール値、糖尿病を改善すると言うのです。

  重要なことは、時間ではなく、距離にあるようです。

  ここで言う運動のためのウォーキングは、ぶらぶら歩くのではなく、実際に運動のために腕を大きく振って速いペースで活発に歩くことが大切だと、この研究者は説明しています。

  米国のローレンス ・ バークレー国立研究所のポール・ウィリアム(Paul T Williams PhD)氏ら研究が、Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology誌d電子版に4日付で掲載されました。

--------------------------------------------------------------------------------------------
ウォーキングは、ゆっくり時間をかけながら、体内に酸素を取り入れる「有酸素運動」です。体調にあわせた目標を定め、楽しみながらマイペースで持続できることが、なんといっても魅力。習慣になれば、我々の生命維持装置ともいえる心肺機能や脳をはじめ、内臓、筋肉、それに精神まで鍛錬し向上させることができるのです。
さあはじめましょう。からだにやさしいウォーキングを。
自分にやさしいウォーキングを。

by yakuraibosi | 2013-04-11 23:29 | Comments(0)

代替エネルギー市場に革命を起こし得る「水素燃料生産」におけるブレイクスルー

代替エネルギー市場に革命を起こし得る「水素燃料生産」におけるブレイクスルー
(Credit: Image courtesy of Virginia Tech)

e0026609_22535559.jpg


米Virginia Tech所属の研究者らはこの度、どんな植物からも大量の「水素」を抽出することのできる方法を開発したとする論文をオンライン化学雑誌であるAngewandte Chemie(International Edition)に発表。

この抽出法はこれまでのものに比べコストがあまりかからず、かつ環境にも優しいので「代替エネルギー普及へのブレイクスルー」として期待がもたれている。

研究にあたったY.H. Percival Zhang助教らは今回、「キシロース(xylose)」という植物に含まれている糖を利用して、以前ならば理論上においてのみ達成可能であった大量の水素を生成することに成功。

また、この手法はどんな「バイオマス(バイオ燃料)」の源を利用しても実行可能であるといい、再生可能な天然資源を利用するので放出される温室効果ガスがほとんどゼロに近く、かつ高価な金属や重金属を必要としないので、今回の発見は「安価で再生可能な水素源の実現・確保への可能性」を切り拓くものであるとしている。

by yakuraibosi | 2013-04-11 22:53 | Comments(0)