<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

製薬業界ワクチン、有害の恐怖

製薬業界ワクチン、有害の恐怖
12.06.2013 · Posted in ワクチン


ワクチン業界の邪悪な正体を見ることができるインタビュー。

e0026609_2055130.jpg


ワクチンは、何十種類ものウイルスで汚染され、ワクチンをうったことで、別のもっとひどい病気を引き起こすようにつくられている。製薬会社は、病気を広げるために、ワクチンを開発している。


NWO製薬業界ワクチンの恐怖

メルク社のワクチン科学者のトップ、モーリス・ハイルマン博士のインタビューで下記のように話している。
・ポリオワクチンは、40種類のウイルスに広く汚染されていた。
・黄熱病のワクチンに白血病のウィルスが入っている。
・ワクチンによって長期の作用、つまりガンになる。
・ロシアでのワクチンの実験をしたことで、オリンピックのロシアの選手は、ガンの腫瘍でうちのめされるので、オリンピックでは、米国が勝つと話す。

▼メルク社ワクチン科学博士モーリスハイルマンは、ワクチンの中にあるSV40、エイズ­やがんウイルスの存在を認めた

http://www.naturalnews.com/033584_Dr_Maurice_Hilleman_SV40.html#

ワクチン効果の調査でもっとも認識された科学者、アンドリュー・ウェイクフィールド博士の話
・セインバックス社は、13のワクチン全て、遺伝子組み換えDNAで100%汚染されている。
・DNA分析では、アルミニウムのアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は、日本では、米・メルク社の「ガーダシル」と
英・グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」が使用されている。

▼ガーダシルの子宮頸癌ワクチンは遺伝子組換DNAで汚染されていることが発見された

by yakuraibosi | 2013-12-29 20:56 | Comments(0)

想像をはるかに超えておしゃれな太陽光発電機

想像をはるかに超えておしゃれな太陽光発電機。しかも高効率


e0026609_2012352.jpg


e0026609_20121897.jpg



ソーラー・パネルは自然エネルギーの代表例です。
ただ、ソーラーパネルの見た目って、あんまり美しいものじゃないですよね。それを解決したのが、アンドレ・ブロッセル(André Broessel)さん。球形レンズを使った太陽光発電機をデザインしました。

この太陽光発電機。見た目が美しいだけではありません。従来の光起電性パネル型と比べて、35%発電効率も良くなるそうです。2軸式太陽追尾システム(dual-axis sun-tracking system)を搭載した小さいバージョンのものをタテヨコに並べてパネル上にしたものは屋根や壁に取り付けることができます。実用化が待ち遠しいですね。

by yakuraibosi | 2013-12-29 20:12 | Comments(0)

自分の考え、表現、感じること、は宇宙に影響を及ぼす

自分の考え、表現、感じること、は宇宙に影響を及ぼす



皆さん一人一人が脳波の発信人です。あなたが考えること、あなたが表現すること、あなたが感じること、は宇宙のあらゆるものに影響を与え、そしてもちろん地球上のあらゆるものについてもそうです。 
-マイトレーヤ・ラエル




e0026609_2230182.jpg

by yakuraibosi | 2013-12-28 22:25 | Comments(0)

ベルギーを代表する“美しい駅”

駅構内も印象的な空間。エントランスやコンコースなどのデザインも見ごたえがあり、散策が楽しい
記事「ベルギー国鉄(2)旅の記憶をつなぐ力のある建築物…ベルギーを代表する“美しい駅”」



e0026609_20405431.jpg


e0026609_20414151.jpg

by yakuraibosi | 2013-12-28 20:41 | Comments(0)

たけしの眼前にUFO出現

たけしの眼前にUFO出現

e0026609_20112084.jpg


e0026609_2030120.jpg


たけし(提供写真)  ビートたけし本紙客員編集長(66)が東京・六本木のテレビ朝日屋上で、番組収録中にUFOを目撃した!

 11月末に収録された超常現象を取り上げる特番「ビートたけしの超常現象 マル秘Xファイル」(テレビ朝日系、22日午後6時56分)での出来事だ。

 番組内のUFO観測会で、本紙でもおなじみのUFO撮影家の武良信行氏がUFOを呼び寄せることになった。武良氏はUFOとテレパシー交信できる“UFOコンタクティ”で、収録前日にUFOと交信。UFOから「撮影許可証」を発行されたという。

 そして、収録当日の昼過ぎから、武良氏が許可証を携え、テレ朝屋上でUFOに呼び掛けた。約1時間後、テレ朝上空に光の玉が出現。カメラがしっかりとそれを撮影し、スタジオのモニターに映し出された。たけしら出演者は「うそだろ!」「信じていいのか?」と半信半疑。さらに武良氏がコンタクトを続けると、光の玉が分裂。さらには緑や赤などの色を発した。

 出演者は急きょ、屋上に駆け付けた。すると、まさにUFOが出現していたのだ。たけしは「(武良氏は)“UFOを呼んだ男”として歴史に残るね」とコメント。

 UFO研究家の竹本良氏は「2時間で、1機だったUFOが2機になり、しまいには8機になった。肉眼ではチカッとしか光らなかったのだが、カメラでズームアップして判明。今回は出演者一同がモニターを通してですが、目撃・確認をしたという意味では画期的な事件でした」と語った。

by yakuraibosi | 2013-12-24 20:16 | Comments(0)

ハーバード大学がマウスの老化を止めて若返らせることに成功!!

ハーバード大学がマウスの老化を止めて若返らせることに成功!!人間なら60歳の肉体が20歳に若返ったことに!!


投稿日: 2013年12月22日 作成者: キルロイ


e0026609_8311998.jpg



ボトックス注射、シワのばしクリーム、白髪染め…。いろんな老化防止策がありますが、もはやそんな努力必要なくなるかもしれません。アメリカ・ハーバード大学の研究者は、マウスの老化を止めて肉体を若返らせることに成功しました。生物を老化を抑えたり若返らせたりする鍵は「NAD」という物質のようです。

ハーバード大学で遺伝学を専門としているデビッド・シンクレア教授は、生後2年の年老いたマウスに「NAD」と呼ばれる活性化因子の化学物質を与えました。すると2歳のマウスの細胞が、生後6ヶ月の若いマウスと同じような活発な活動を始めたといいます。これは人間でいうと、60歳の年寄りの肉体が20歳の若者の肉体のように変化したのと同じです。

細胞の老化の理由の1つに、ミトコンドリアが酸素を取り入れられなくなることが挙げられます。細胞が酸素を取り入れられなくなると、活動は鈍り、最終的には停止(死亡)してしまいます。また年齢を重ねることによって、ミトコンドリアから放出されるNADの量も若いころの半分程度となります。

このNADは核の中の10番染色体にある長寿遺伝子の sir2を活性化させることが分かっています。

シンクレア教授の推測によると、NADの摂取によってミトコンドリアが酸素を取り入れられるようになり、結果的に細胞が活性化。若返りが起こったと考えています。

シンクレア教授は、ワインなどに含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」についても研究しており、レスベラトロールも若返り効果が指摘されています。

レスベラトロールは、長寿遺伝子または抗老化遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子とも深く関係しているとされています。サーチュイン遺伝子は、飢餓やカロリー制限、運動によって活性化します。近年、レスベラトロールがサーチュインタンパク質を活性化することもわかっています。サーチュイン自体は、ヒストン脱アセチル化酵素であり、サーチュインが活性化するとヒストンが脱アセチル化されてヒストンのアルカリ性を示す豊富なアミノ基と核酸の名が示すように酸性の性質を有するDNAとの親和力が高まり、ヒストンとDNAが強く結び付いて、遺伝子の発現が抑制されます。言い換えれば、DNAが休眠状態に入ります。これと反対に、ヒストンがアセチル化されるとヒストンとDNAの親和力が低くなり、通常の遺伝子発現が活発化されます。

シンクレア教授は、レスベラトロールやNADが永遠の命を手に入れる物質とは言えないとしていますが、寿命を延ばして若返りを実現できる可能性はあるとしています。

by yakuraibosi | 2013-12-24 08:31 | Comments(0)

連行される張氏の写真、北朝鮮が異例の公開

連行される張氏の写真、北朝鮮が異例の公開

連行される張氏の写真、北朝鮮が異例の公開

e0026609_2193259.jpg



News1提供(2013年12月9日公開)。
【AFP=時事】(写真追加)北朝鮮の国営メディアは9日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記の叔父で、解任が発表された張成沢(チャン・ソンテク、Jang Song-Thaek)国防委員会副委員長が、制服を着た警備員に連行される場面を写した写真を公開した。専門家らはこれを、金正恩氏の容赦ない独裁体制を裏付けるものと指摘している。
by yakuraibosi | 2013-12-10 21:09 | Comments(0)

日本の地震で地球の重力が変動していたことが判明。

日本の地震で地球の重力が変動していたことが判明。着水したGOCE衛星のデータで

2013.12.04


e0026609_20305819.jpg



2011年の東北太平洋沖地震で破壊されたのは人工物だけではなかったようです。

先月11日、大西洋に落下したESA(欧州宇宙機関)の重力分布観測衛星「GOCE(ゴーチェ)」から恐るべき観測データが出てきました。日本の地震で地球の重力が大幅に変わっていたのです。

2009年に打ち上げられたGOCEは、磁場分布図作成の精度では他を凌駕する衛星です。理科で習ったように、我々は地球の重力に常に引っ張られてるわけですが、地殻内の物質は均質ではないため重力分布にはばらつきがあります。このばらつきを観測し詳細な重力分布図(geoid:ジオイド)を作るのがGOCEのミッションでした。


GOCE観測データで作ったジオイド。赤は重力で出た凸部、青は凹部
e0026609_2030972.jpg


しかしまさか重力が時々刻々変わっていく様子をリアルタムで観測することになろうとは、研究者たちも予想していませんでした。

2011年、観測記録史上5番目の巨大地震が日本を襲い、地表の数キロメートル下の岩石層が移動し、海底の形状が変わり、日本近海の重力による引力が変動。その揺れはあまりにもパワフルだったため、GOCE衛星の計器に地殻運動で生じる音が音波として記録されたほどでした。

一番上の図をご覧ください。地震の1年前の重力分布図(下)では比較的均質な重力場だったのに、地震後は震源地(黄と白のビーチボール)周辺で重力による引力が減った地域(青)と増えた地域(黄)が生まれているのがわかります。


e0026609_20402884.gif

by yakuraibosi | 2013-12-10 20:33 | Comments(0)

渋谷上空にUFO(6日の夕方)が飛来したということです。

渋谷のど真ん中の上空にUFOが飛来したということです。(2013/12/6日の夕方)

e0026609_1913655.jpg

by yakuraibosi | 2013-12-08 19:13 | Comments(0)

植物状態にある患者には意識があり、場合によっては注意を向けている可能性もある

何らかの障害があったために、体が動かず言葉もしゃべることができないーーそんな植物状態にある患者には意識があり、場合によっては注意を向けている可能性もある。このような研究がジャーナル誌『Neuroimage: Clinical』で発表された。


e0026609_1925836.jpg



英ケンブリッジ大学の研究者らは、21人の植物状態の患者(最少限の意識下にある患者含む)と8人の健康な被験者を対象に、脳波と機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を使用し実験。被験者らは「イエス」「ノー」の単語が15%含まれる様々な単語リストを聞かされ、その中でも特定の単語を聞いた時に注意を向けるよう指示された。すると、植物状態にある患者の一人が、それらの単語に正しく注意を向けることができたという。

さらにfMRIでは「テニスをしている様子を想像してもらう」という、シンプルな要求に答えられるかも実験。すると同患者は、こちらも正しく研究者の要求に従うことができた。注意の向け方や想像の内容によって血流が変化するので、fMRIで確認することができるのだ。他にも最小限の意識があると診断された患者ら3名は、いくつかの単語に反応を示したが、要求された単語に選択的な注意力を向けることはできなかった。

この結果は、今まで無反応だと思われていた植物状態や最小限の意識下にある患者が、外界の音に注意を向けている可能性が示唆されている。研究結果は、外界とコミュニケーションを取れない患者に対する技術の開発に役立てられるという。

by yakuraibosi | 2013-12-07 19:25 | Comments(0)