<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ロスチャイルド からの ご挨拶

ロスチャイルド からの ご挨拶

2014-03-25 19:55:46

アタシの名前は ジェイコブ ロスチャイルド
この惑星を支配しているのはアタシだよ
アタシの家族があんたたちの連邦準備銀行を持っているんだよ
アタシたちは500兆ドルの資産家なんだ
世界中がアタシたちに借金してるもんね
そして絶対に返金できないからね
アタシはあんたたちのマスコミや政府も持っているんだよ
それでいてあんたたちはアタシが誰か知らないもんね
奴隷のあんたたちに会えて嬉しいよ
さあ、仕事に戻るんだね

e0026609_21362689.jpg

by yakuraibosi | 2014-03-28 21:36 | Comments(0)

バンアレン帯に出現した第3の放射線帯

バンアレン帯に出現した第3の放射線帯


【2013年3月5日
地球をとりまく二重構造の放射線領域「バンアレン帯」の外側のベルトに、第3の領域が一時的に出現した。幸運にも、探査機打ち上げわずか2日後の観測で見つかったものだ。

1958年に見つかったバンアレン帯に、もう1つの放射線領域が出現した
e0026609_21295851.jpg


第3の放射線領域の出現の要因とみられる太陽フレア。

e0026609_21321915.jpg


「バンアレン帯」は、地球を取り巻く二重構造の放射線領域だ。内側のベルトは地表から数百kmから約1万kmまでの領域に、外側は1万数千kmから数万kmまでの領域に広がっている。太陽嵐などの影響で大きく膨張する性質を持ち、膨張時には通信衛星やGPS、宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士達にも危険を及ぼす可能性がある。

そのバンアレン帯を調べるNASAの双子の探査機「RBSP」(放射帯嵐探査機)が2012年8月に打ち上げられた。打ち上げ2日後に観測装置の1つREPT(相対論的電子陽子望遠鏡)を早速稼働したところ、直前に起こった太陽フレアによりバンアレン帯がふくらんだ。この観測から、外側のベルトにはっきりと分かれた第3の放射線帯が出現していることがわかった。

4週間後に太陽からの強力な衝撃波で消滅するまで、RBSPはこの領域を観測し続けた。

今回の発見によって、バンアレン帯のダイナミックで変化に富む性質が明らかとなり、さらに太陽活動にどのように反応しているのかについても理解を深める成果が得られた。

今後の観測でも、宇宙天気への影響の研究や、太陽系内外の天体周囲で見られる基本的な物理プロセスの研究などに役立つデータが得られるはずだ。

by yakuraibosi | 2014-03-24 21:33 | Comments(0)

国土地理院、日本全国の3D地図サイトを公開 - 3Dプリンタの出力データも

国土地理院、日本全国の3D地図サイトを公開 - 3Dプリンタの出力データも
  [2014/03/20]

e0026609_18575475.jpg


国土地理院は3月19日、日本全国の3次元の地図を簡単に見ることができるWebサイト「地理院地図3D」を公開した。
地理院地図3Dは、「地理院地図」で配信している地図データと標高データを利用して、指定した範囲の3D地図閲覧を可能にしたWebサイト。
3Dプリンタによる立体模型の作成にも対応しており、Webサイトで表示したデータを3Dプリンタ用のSTLファイルやVRMLファイルでダウンロードできるほか、ブラウザ表示などに利用できるのWebGL用ファイルも用意されている。国土地理院では、防災業務や学校教育など様々な場面での利用に期待している。

by yakuraibosi | 2014-03-20 18:58 | Comments(0)

AICS検査でわかる、がんリスクの高い人

がんリスク、血中アミノ酸で判定 「胃」「肺」「大腸」「前立腺がん」「乳がん」など5種類実用化

e0026609_18452398.jpg


 血液中に含まれる約20種類のアミノ酸の濃度を測定、解析し、そのバランスの変化から、がんの可能性を調べる検査方法が実用化された。今年4月、胃がんなど5種類のがんで解析サービスが始まり、人間ドックや健康診断で導入する医療機関が増えている。5ミリリットルの採血だけで複数のがんのリスクが判定され、受診者は疑いのあるがんに絞って次のステップである精密検査を受けられる。簡便な上に早期がんの発見も期待でき、今後の普及が見込まれる。

 「今までにない画期的な検査だ。放射線被ばくのような受診者の不利益が極めて少なく、希望者は増えると思う」。三井記念病院(東京)の山門実・総合健診センター所長の言葉に力がこもる。

 この検査は「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」と呼ばれる。味の素が独自開発した技術を臨床応用したもので、現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんを対象としている。

●1回の検査で

 同センターでは毎月約千人が人間ドックを受けるが、今年9月にAICSをオプション検査として導入したところ、11月末までに約50人が受診した。料金は1万8900円。これまでに3人が「がんの可能性が高い」と判定され、臓器ごとの精密検査へと進んだ。

 従来のがん検診では、胃のバリウム検査や胸部エックス線検査、便潜血検査など、がん種ごとに検査が違い、受診者の負担が大きかった。しかしAICSは、1回の採血でこれらのがんのリスクを同時に調べられる。

<AICSのメリット>
・1回の採血(5ml)ですむ
・放射線被曝のリスクがない
・早期がんにも対応
・複数のがんの検査が同時にできる(男性4種、女性5種)

by yakuraibosi | 2014-03-20 18:46 | Comments(0)

人間が放射線耐性を持つようになる可能性高まる。被ばくを自己修復できる大腸菌の培養に成功(米研究)

人間が放射線耐性を持つようになる可能性高まる。被ばくを自己修復できる大腸菌の培養に成功(米研究)

e0026609_17442247.jpg


被曝によって病気が起きるのはDNAが損傷するからだ。米ウィスコンシン州マジソン大学の生物化学者であるマイケル・コックスとそのチームは、ヒトの腸内細菌の一種、大腸菌「E.Coli」に、放射線のダメージに対する耐性を持たせられないかと考えた。

 そこで彼らは「E.Coli」のグループに放射線を照射して、99%を死なせ、生き残りの1%を培養し、新世代を育てるという作業を20回繰り返した。その結果、今までに耐えられた4倍量の電離放射線に被曝させたあとでも、自分のDNAの損傷を復旧させることができる超・E.Coli菌を培養することに成功した。

Escherichia coli (大腸菌)
e0026609_17433735.jpg


 今月の初めに発行されたeLifeに載った新しい研究によれば、コックスのチームは世代交換させた「E.Coli」の変異株69種に集中的な放射線被曝させたところ、ほとんど全ての種が自己修復をすることができたという。
by yakuraibosi | 2014-03-20 17:45 | Comments(0)

アフリカゾウ 「危険な人間」声で聞き分け 「マサイ族の男」に防衛反応

アフリカゾウ 「危険な人間」声で聞き分け 「マサイ族の男」に防衛反応 

2014.3.13 09:25

ケニアの国立公園で大きな耳を広げて、子供を守るように寄り添う母親のゾウ

e0026609_1725935.jpg


 アフリカゾウは、その大きな耳で人間の声を聞き分け危害を加える人間を識別し、危機を回避する能力を備えている-。こんな研究結果が3月12日までに、米科学アカデミー紀要で発表された。ゾウを狩猟対象としてきたマサイ族の男性の声には反応を示し防御態勢に入る一方で、マサイ族の女性や子供、狩猟をしないカンバ族の男性の声を聞いても反応を示さなかった。高い知能を持つゾウがマサイ族との闘いの中で身に付けた生存能力だという。
by yakuraibosi | 2014-03-20 17:26 | Comments(0)

家具や壁にこびりついたタバコの“ヤニ”は副流煙よりも危険!?

家具や壁にこびりついたタバコの“ヤニ”は副流煙よりも危険!?

2014年03月18日


e0026609_1752159.jpg



タバコは、例え自分が吸っていなくても受動喫煙によって健康被害をもたらす。
特に幼い子どものいる家庭などでは、子どもの前で吸わないようにしたり、換気をしたりとなんらかの対処をしているのでは。しかし、煙さえ吸わなければ大丈夫なのか?といえば、実はそうでもないらしい。
新たな調査により、タバコを消した後の残留物からなる三次喫煙(サードハンドスモーク)は、小さな子どもにとって受動喫煙よりも悪影響を及ぼす危険性があることが明らかになった。
by yakuraibosi | 2014-03-20 17:06 | Comments(0)

無人機ならぬドローン貨物船、ロールスロイスが開発中

無人機ならぬドローン貨物船、ロールスロイスが開発中

2014.02.28 10:10

e0026609_16393563.jpg


同社のブルーオーシャン開発チーム主導で開発を進めているのは無人機ドローンの船バージョン。人っこひとり要らない貨物船のシステムで、EUでは「Maritime Unmanned Navigation through Intelligence Networks(MUNIN:情報ネットワーク経由の船舶無人航法)」と呼んでいます。
ブリッジ(操縦室)の代わりに、360度見渡せる監視カメラが装備されており、そこから流れてくる映像を見ながら陸から操縦士が目的地まで舵をとります。

by yakuraibosi | 2014-03-20 16:39 | Comments(0)

銀河系最大の黄色極超巨星を発見、太陽の1300倍

銀河系最大の黄色極超巨星を発見、太陽の1300倍

2014年03月13日

e0026609_2214025.jpg


銀河系内で発見されたものとしては最大の黄色極超巨星が見つかった。大きさは太陽の1300倍という。

 発見した研究チームに参加した仏コートダジュール天文台(Observatoire de la Cote d'Azur)のオリビエ・シェノー(Olivier Chesneau)氏が12日語ったところによると、見つかった黄色極超巨星「HR 5171 A」は、これまでで発見された全ての恒星の中でもトップ10に入るサイズ。地球から1万2000光年ほども離れているものの、肉眼でもかろうじて見ることができる。

by yakuraibosi | 2014-03-17 22:01 | Comments(0)

ソマリアでは今でもまかり通る残酷な公開石打ちの刑

ソマリアでは今でもまかり通る残酷な公開石打ちの刑


ソマリアなど一部のイスラム地域では、今でもこの処刑方法が続いている。
同性愛者や、レイプされた女性が貫通罪として、この石打ちの刑にあうのだ

意識が低いということは恐ろしいことだ。

e0026609_10583997.jpg


e0026609_1059868.jpg


e0026609_10591979.jpg

ソマリア南部の港町、キスマーヨ(Kismayo)で、13歳の少女が
不倫したとして、27日、投石による公開処刑がおこなわれました。
投石による公開処刑は2年ぶりとなるもので、処刑された少女は
最初23歳と報道されましたが、これは現地のジャーナリストたちが少女の年格好から判断したものらしく、アムネスティ・インターナショナルらのその後の調べで13歳だとわかったということです。
少女の名はアイシャ・イブラヒム・デュロウ(13歳)。公開処刑の場となったスタジアムには、
1000人以上の見物人が詰めかけました。見物人の見守るなかを石を投げたのは
イスラム系武装勢力アル・シャバブ(al-Shabab)の民兵50人とのことです。
何人かの見物人が少女を救おうと試みましたが、これに対し民兵が銃を発射、それた弾により男の子ひとりが犠牲となりました。
アル・シャバブのスポークスマンは犠牲となった男の子の件については謝罪を表明、銃撃した民兵を捜し出し、罰すると述べています。
地面になかば埋められて投石を受けた少女は、途中何回か看護婦によって生死を確認されましたが、最終的に死に至るとホールに移されて葬られたということです。
 
アイシャは不倫を犯したとして処刑されましたが、裁かれた行為は3人の男から受けたレイプだったといわれています。少女はアル・シャバブの民兵にレイプされたと通報しましたが、逆に不倫の罪を負わされ拘留されました。少女をレイプした男らは逮捕されていません。
ソマリアは人口約800万人。1991年に勃発した内戦により国土は分断され、その後暫定政権が発足したものの依然として内戦に終止符はうたれていません。
国内ではいまだ女子の割礼が公然とおこなわれ、生まれた子供の4分の1は、5歳を迎えることなく死亡するといわれています。
by yakuraibosi | 2014-03-08 11:55 | Comments(0)