<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幽霊を見た?金縛り?その原因はレム睡眠中に起きる睡眠麻痺であることが判明

幽霊を見た?金縛り?その原因はレム睡眠中に起きる睡眠麻痺であることが判明
(米研究)2015年01月26日

e0026609_20431695.jpg


 一日の終り、ベッドに入り就寝した。ところが夜更け過ぎ、突如目が覚めた。すると部屋の中に潜む不気味な影が!悲鳴を上げようとしたが声が出ない。体も動かない。
 こんな経験をしたことはないだろうか?これは俗にいう金縛りというもので、幻覚を伴うために心霊現象に結び付けて考えられている。一生の内に約40パーセントの人が味わうと言われている恐怖体験であるが、この度、米カリフォルニア大学サン・ディエゴ校の研究者がその不可思議な仕組みを解明したと発表した。
 彼らによれば、体が硬直する現象は、レム睡眠中に目を覚ました為に起こる睡眠麻痺によるもので、幻覚が見えたのは、”自己”の神経マップを維持する脳内領域が混乱してしまうことが原因だという。

by yakuraibosi | 2015-01-29 20:43 | Comments(0)

フランスもテロ国家 だった

フランスもテロ国家だった


イスラム教やイスラム教徒をバカにするのはフランスの長い伝統。
この切手はフランス人によってモロッコで打ち首にされたイスラム教徒
の切手でフランスの切手として1922年に使われたもの。


e0026609_21592758.jpg

by yakuraibosi | 2015-01-17 21:59 | Comments(0)

ベルギーこそテロ国家

ベルギーこそテロ国家

今回、ベルギーで何人かによるテロ行為の怖れがあったそうですが
以前、国家としてベルギーがコンゴで行った巨悪はヒドイものでした。


手を切断されたコンゴの子供たち
e0026609_21394412.jpg


1000万人殺しても「ヒットラー」とは言われなかった男(レオポルド2世)
e0026609_21405926.jpg


ヒットラーは相手がユダヤ人であったため、世界中のユダヤ・メデイア・ネットワークによって、その悪行が、くどいぐらい報道され続けてきました。
ところが、相手がアフリカのコンゴ人の場合は、報道するメデイアがないため、ヒットラーよりもはるかに悪質だった人物のことは知られないままにきています。
ベルギーのレオポルド2世は1891年と1892年の勅令によって最も収入が期待できる象牙と天然ゴムを自分の独占事業にし、とりわけ1890年代半ばから急速に需要が高まっていた天然ゴムの採取を急がせた。
1893年まで250トン足らずだった天然ゴムの生産量を1901年までに6000トンにまで高めさせた。
しかしそれは先住民の過酷な労働の上に成り立っていた。
最も重要な資源である天然ゴムにはノルマ制が設けられ、生産量が足りない場合には手足切断などの罰が加えられた。過酷な圧政によってコンゴの人口は1885年にコンゴ自由国が建設された時点の(3000万人)と比べて70%減少し、900万人にまで減少したといわれる。
こうした残虐行為を行っていたのはレオポルド2世の私軍である公安軍であった。
この部隊は士官は白人だが、兵士はナイジェリアや西アフリカ諸国の黒人を中心に構成されていた。
英文記事:"When You Kill Ten Million Africans You Aren’t Called ‘Hitler’"

by yakuraibosi | 2015-01-17 21:51 | Comments(0)

火星はこんなに小さい

火星はこんなに小さい
2015-01-17

北米と比較した火星

e0026609_2129056.jpg

by yakuraibosi | 2015-01-17 21:29 | Comments(0)

パリの行進---実際に参加した人の数はこんなに少なかった

パリの行進---実際に参加した人の数はこんなに少なかった
2015-01-13 15:15:29

e0026609_21204591.jpg



上手く仕組んだメデイア操作で、本当に参加した人たちとの間にはボデイーガードたちだけが著名人たちの周りに居たもの。でもメデイアはとっても大勢の人たちの行進を著名人たちが先導しているかのように信じ込ませるようなアングルから見せている。。。これで、いかに自分たちがメデイアに操作されているかが分かり始めることでしょう。全ての人たちをいつもだますことはできないかもしれないけれど、大きな国を支配するために十分な人達をだますことはできるね。
by yakuraibosi | 2015-01-17 21:21 | Comments(0)

世界で1番放射能汚染が酷い場所1位~10位

世界で1番放射能汚染が酷い場所1位~ 10位

一位 日本 (福島)
e0026609_2014873.jpg

二位 ソ連 (チェルノブイリ)
e0026609_203383.jpg

三位 旧東ドイツ、(キルギスのマイルースー)ウラン鉱石の採掘施設
 
e0026609_2073575.jpg

四位 ソ連(カザフスタン)ソビエト連邦時代、核兵器の試験場
 
e0026609_20111197.jpg

五位 ソ連(シベリア)40年分以上とされる放射能廃棄物を含む化学工場
e0026609_201369.jpg

六位 イギリス(セラフィールド)原子爆弾を製造する為のプルトニウム製造工場でしたが、その後公共の(核燃料再処理施設)(燃料再処理施設)として利用
e0026609_20172850.jpg

七位 ソ連(旧ロシア、マヤーク)では、1957年に世界でも最悪な原発事故を起こしています。100トンもの放射性廃棄物が爆発によって大気中に放出され汚染。この事故は1980年まで隠ぺいされ、また1950年代からKarachay湖や原発プラント周辺に廃棄物の投棄も
e0026609_20223393.jpg

八位 アフリカ( ソマリア)イタリアンマフィアは、無政府状態であるソマリアに放射性物質や有毒物質の不法投棄を行う。放射性廃棄物を含む汚染水や金属を海に沈めた。
e0026609_20272060.jpg

九位 イタリア(イタリアンマフィアが放射能廃棄物の不法投棄を地中海で行い、利益を取っていた、と言われています。イタリアのNGO団体Legambienteは、1994年から40隻分の有毒物質や放射性廃棄物が地中海の海の中に消えたと発表)
e0026609_20312795.jpg

十位 アメリカ(ワシントン州にあるハンフォード地区は、長崎で使われた原爆『ファットマン』や世界で初めての原爆を作るプルトニウムを製造している、アメリカ原爆計画の不可欠な部分です。そこでは冷戦時代も60,000にも及ぶアメリカの核兵器のほとんどのプルトニウムを供給していました。今日は既にプルトニウム製造は行われていません、しかしアメリカに現在ある核汚染物質【5300万ガロンの放射能汚水、2500万立方ft.の固形核汚染物質そして200Square Milesにも及ぶ地下汚染地域】の3分の2がこの地域にあります
e0026609_2034974.jpg

by yakuraibosi | 2015-01-17 20:37 | Comments(0)

ロシアで見つかった4億年前の日付の機械

4億年前の機械がカムチャッカ半島で発見されました。

ロシアは、リモート ·カムチャツカ半島(下の地図)
e0026609_1024468.jpg


ロシアで見つかった4億年前の日付の機械

e0026609_10433100.jpg

e0026609_1045674.jpg


Tigilから200キロでは、サンクトペテルブルクの考古学の大学は、奇妙な化石を発見しました。
発見の信憑性は認定されています。 考古学者ユーリ·アンドリーゴルよると、このケースでは、歴史(または先史時代の歴史)を変えることができる発見は、その性質上、少なくとも、異常性によって科学者を驚かせることが発生します。
その領域でこのような何か、人工物、古代のオブジェクトが発見されたのは初めてではありません。 しかし、驚くほど保存された、この特定のアーティファクトは - 一見、岩石の象眼のようでした(半島は数多くの火山の家のようなものであるので、これは理解できますが)。 分析によると、結合したものは、時計やコンピュータのタイプのものであってもよい、歯車を形成するような、機械に見えるの金属部品で作られることを示した。 驚くべきは、すべてのピースが4億年前のものだったということにある. Yury Gobulevのコメントした。

by yakuraibosi | 2015-01-17 10:05 | Comments(0)