<   2015年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ISの地下壕を発見 アメリカ製弾薬の箱

ISの地下壕を発見 アメリカ製弾薬の箱

2015年11月27日 最終更新 15:54

今月、過激派組織「イスラム国」(IS)の主要な拠点となっていたイラク北部の
シンジャールがクルド人治安部隊に奪還され、ISが築いた地下壕が発見された。
地下壕には食料などのほか、アメリカ製弾薬の箱も残されていた。


e0026609_18141467.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-30 18:00 | Comments(0)

報道の自由と知る権利が追い詰められている。

<span style="line-height: 1.2;">NEWS23のキャスター岸井成格氏が意見広告で降板の危機。
報道の自由と知る権利が追い詰められている。


e0026609_13361934.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-29 13:36 | Comments(0)

世界最大の動物クローン工場

【AFP=時事】中国・天津市(Tianjin)北部の港湾地区で、世界最大の動物クローン工場の建設が進められている。国営・新華社(Xinhua)通信の24日の報道によれば、犬、馬をはじめ、年間最大100万頭の肉牛を大量生産する計画で、インターネット上の世論や科学界に懸念が広がっている。

マイトレーヤ・ラエルのコメント:

素晴らしい! これが出来るのはユダヤ・キリスト教の罪の意識によって動きが取れなくなるようなことがないからです。”神”を弄(もてあそ)ぶことを倫理委員会が恐れている、ような。。。無神論者の国家に住んでいる有利さです! 中国万歳!


e0026609_2172324.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-28 21:07 | Comments(0)

エロヒムリーク「イスラエルとトルコの間で秘密の軍事協定が交わされる」

エロヒムリーク「イスラエルとトルコの間で秘密の軍事協定が交わされる」

2015-11-27 14:22:06

ELOHIMLEAKS
エロヒムリーク

(地球上の生命全ての生命を科学的に創造した異星人エロヒムが暴露する世界情勢の真実)弥勒菩薩ラエル 著

トルコとイスラエルの間で以下のような秘密の同意・合意(或は協定)がありました。
シリアを弱体化させてイスラエルがゴラン高原を併合し、
そしてトルコがシリア北部にあるクルド人の地域を併合することができるように。
両国とも安全の口実のもとに、両国がISIS戦闘員たちを経済的に支援し、
武器の供給と軍事的アドバイザーと突撃隊員を提供したのです。
ガザへ向かっていた人道的なトルコの小船隊がイスラエル軍によって攻撃されて、
多くのトルコの人たちの人命が失われました。
トルコ人は、自国政府がイスラエルの秘密の同盟国であることを知ることに関心があるでしょう。


参考記事

人道的活動をしていたトルコ人を殺したイスラエル軍の責任が不問に
by yakuraibosi | 2015-11-28 20:35 | Comments(0)

ロシアがシリアで撒いたビラ「ISISを操っているのはイスラエル」

ロシアがシリアで撒いたビラ「ISISを操っているのはイスラエル」

2015-11-28 11:50:14NEW !
テーマ:ブログ

ユダヤのロスチャイルドがシリアの破壊を計画しているのを止める
ロシアがシリア上空から撒いたビラで、ISISを操っているのはイスラエルと名指し。


e0026609_202657100.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-28 20:29 | Comments(0)

医師から余命48時間を宣告された3歳の少年が、カンナビスオイルでほぼ完治

医師から余命48時間を宣告された3歳の少年が、カンナビスオイルでほぼ完治


e0026609_21334024.jpg




ランドン・リドル君という3歳の男の子は白血病と診断され、1~2日の後の生存率はわずか8~10%だと医師から宣告を受けていました。少年の母、シエラ・リドルさん:「彼の胸部全体は白血病の腫瘍だらけで、息を吸うことができなくなるほどでした。医師は抗がん剤治療を始めましたが、彼はおそらくもたないだろうと医師から言われていました」
2ヶ月の抗がん剤治療の後、ランドン君は吐き気を催すようになり、食べることを拒否しました。お母さんによると、ひどい日では1日に50回も吐き、医師も最終的には望みを失ったものの抗がん剤治療以外の解決策は考え付きませんでした。そしてある日のこと。ランドン君のおばあさんがカンナビスオイルによる治療について調べてみるように提案したのです。
リドルさん(RYOTニュース):「ユタ州のランドン担当の医療チームと私たちの心配な点のすべてについて話し合いました。そしてランドンが苦しみ続け、大量で終わりのない医薬品のために彼が衰弱するのを見ていました。その時、私の母親がネット上でカンナビスオイルの情報にたどり着いたのです」
その後、家族はユタ州からコロラド州へ飛びました。コロラド州ではカンナビスオイルによる治療が合法だったためです。
わずか数日の間に、そして日を追うごとにランドン君の嘔吐の回数は減り続け、とうとう食べ物を食べ始めるようになりました。
シエラさん:「カンナビスのおかげでランドンの顔に笑顔が戻ったのを見て、私たちの心は喜びで満たされました。ランドンは回復に向かい始めたのです!
それはまるで奇跡が起きたかのようでした!ランドンはまた、笑顔を見せ、また食べ始めたのです!」(治療期間中のシエラさんのブログより)

by yakuraibosi | 2015-11-25 21:33 | Comments(0)

ISISに資金提供している40カ国をプーチンがG20で明らかに

ISISに資金提供している40カ国をプーチンがG20で明らかに


e0026609_20181039.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-23 20:18 | Comments(0)

日本政府、無人偵察機3機を約1500億円で購入へ!

日本政府、無人偵察機3機を約1500億円で購入へ!アメリカ議会が売却決定を通達!国民「競技場並の値段・・・」

e0026609_20135736.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-23 20:14 | Comments(0)

国家によるテロはテロを引き起こす

国家によるテロはテロを引き起こす

---弥勒菩薩ラエル

弥勒菩薩ラエル のコメント:

こうやってテロリストは創られるのです。

このような罪もなく殺された市民の家族はきっと

どんな手段ででも報復しようとするでしょう。

報復に成功するのに何年、或は何世代かかっても。

西欧の勢力はそれを理解しなければなりません!

国家によるテロは本当にテロを引き起こすのです。

非暴力だけが世界を救うことができます。


e0026609_2045446.jpg

by yakuraibosi | 2015-11-23 20:04 | Comments(0)

仏が違法な戦争を続けて来なかったら、パリのテロ攻撃はなかった

仏が違法な戦争を続けて来なかったら、パリのテロ攻撃はなかった---弥勒菩薩ラエル

e0026609_12481495.jpg


2015-11-23 10:24:05NEW !

マイトレーヤ・ラエルのコメント:

これを理解しておくことが最重要です:
”我々は戦争している”んだと突然言い出した愚かなフランスの大統領。そのことで、フランスがアフガニスタン、リビア、そして今はシリアを爆撃する戦争をし続けてきたことを忘れてはなりません。これら諸国を国家がテロ爆撃すればするほど更に"テロリスト”を生み出します。平和と非暴力のみが世界を救うことができます。このような違法な戦争の全てがなければテロリストがパリを攻撃することなど起きないのです。

by yakuraibosi | 2015-11-23 12:48 | Comments(0)