<   2016年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

不正選挙

再開票すればイケマキが勝利している北海道5区補選

2016年04月28日(木)
テーマ:不正選挙

再開票すればイケマキが勝利している北海道5区補選
2016年04月27日 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archives.mag2.com/0000154606/
札幌市厚別区では、和田29292票、イケマキ33434票でイケマキ勝利
江別市では、和田28661票、イケマキ29687票でイケマキ勝利
北広島市では、和田13419票、イケマキ15200票でイケマキ勝利
石狩市では、和田13103票、イケマキ13133票でイケマキ勝利

そして問題の千歳市、恵庭市である。
恵庭市はなんと、集計が397票も合わない(票が多い)ということで
修正を発表している。 
※23:55訂正 21:40 発表 恵庭市
                投票者数 男 15,882人 → 16,056人
                       女 16,598人 → 16,821人
             これに伴い、棄権者数及び投票率並びに関連する合計欄の修正

そして問題は
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/98,93200,188,1088,html
千歳市開票速報では
 票 速 報(22時00分現在)
平成28年4月24日執行 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙
        
千歳市開票区(選挙区)開票速報 開票率(%)
62.84

届出順 候補者氏名 候補者届出
政党の名称 得 票 数
1 和田 よしあき 12,000
2 池田 まき   13,500

でイケマキ勝利(午後10時時点)

http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/98,93201,188,1089,html

1 和田 よしあき 25,591
2 池田 まき 14,439
そして最終結果がこれになっている。

つまり、午後10時から最後の方の開票に向けて
500票バーコードの「誤作動」が発したと思われる。
これを再開票してみれば、
イケマキ氏の票が多数あることが判明するだろう。

要するに
イケマキ500票が、バーコードリーダーによってライバル候補者500票とカウントされていても、わからない仕組みになっているのだ。


北海道の弁護士に告ぐ<不正選挙訴訟(当選無効)をすべき>

今回、当初の予定通り、野党は敗北という結果になった。
こういう「不正選挙」と呼ばれるものに対して、今回
一大弁護団を組織して、不正選挙の追及をやるべきである。

おそらく、北海道5区の大多数の有権者は参加するだろう。

それに、厳密に言えば、「原告適格」(原告として、告訴できる資格のあるもの)
は、北海道5区の人たちだが、この衆院補選というものは、広く
TPPというとんでもない憲法違反の条約、およびきたるべき
参議院選挙に非常に大きな影響を与えるものである。

つまり、「きちんと執行されていない選挙」で、多大な悪影響を
北海道全域の住民、ひいては日本人全体に悪影響を与えるものである。
だから「原告適格」は広い意味で言えば、日本人なら全員、
この選挙によって悪影響を受けるわけだから、関係すると
主張できる。

何が言いたいのかというと、
非常に、北海道全体および日本人全体に悪影響をおよぼすということと
すくなくとも北海道5区の住民は、非常に頭にきているはずである。

であるから、「不正選挙」追求の弁護団を組織したほうがよい。
今までの経験で言えば、
この不正選挙というのは、「電子選挙過程」が小規模に
形を変えて、入り込むことで、なしうるものなのである。
具体的にいえば、500票バーコード票とそれを読み取る
バーコードリーダーの部分で、票が電子データに変換されるわけだが
そこから先は、自由に結果が変えられてしまう。

これはアメリカの大統領の不正選挙で使用されたものであり
専門用語でアリスポスシステムという。
つまりarith-pos system
といい、arithmetics (算数、算術)プラスPOS システムという。
バーコードによってPOSデータに変えてしまうのだ。
<POSデータの原義>
POSとは、 「Point of Sales(ポイント・オブ・セールス)」 の略で、「販売時点」と訳 されます。 従って「POSデータ」とは販売時点、すなわち店のレジで販売(支払い)が なされる時のデータという意味です。 一般的には、「売上データ」とも呼ばれています。

この票のデータをPOSデータ(電子データ)に変換してしまえば、
あとは、算術を使って自由に変換できる。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/shugihosensokuho.htm

選挙区名 確
定 1 2
和田 よしあき 池田 まき
(自由民主党) (本人)
札幌市厚別区    
江別市    
千歳市 * 25,591 14,439
恵庭市    
北広島市 * 13,419 15,200
石狩市 * 13,103 13,133
市区計   52,113 42,772
       
当別町 * 5,023 3,902
新篠津村 * 1,306 660
石狩振興局 計 * 6,329 4,562
       
北海道第5区 58,442 47,334

現時点(23時56分)で上記のデータとなっているが
この中で、北広島市は、和田13,419票、イケマキ15,200票だから、イケマキが勝利している。そして石狩市は、和田13109票 イケマキ13,133票だからこれも僅差でイケマキが勝利している。
しかし、千歳市が、おかしい。千歳市だけが、和田氏25,591票に対して
イケマキが、14439票である。
この千歳市は人数が多いため、500票バーコード票が使われているものと思われる。
この計算をする際には、500票ごとのバーコード票になるため
和田氏25500票、イケマキ14000票で計算してみると、合計値が
39500票のうち、和田氏が、65%、イケマキが35%の票数になっていることが
わかる。

つまり。ほかの北広島市や石狩氏では、イケマキが勝利しているにもかかわらず
ここだけ、約2倍の票の差異になっているのである。
これは、非常におかしい。

これは大阪府知事選挙でも見たことがあるが、
ある候補者の票数が途中でライバル候補者のほぼ2倍になるのである。

しかも途中から、ターボがかかったように加速していく。

アメリカで行われたものは
不正選挙 亜紀書房 に詳しく書いてある。
そこに書かれた不正の手口は小さく形を変えて
日本にも行われていると思われる。


法律的には
こういった、「バーコード変換によって
人間がチェックできないブラックボックスをつくりあげることは
憲法違反である。憲法第31条の適正な手続き保障が
行政にも適用されるべきであること(最高裁判例)に違反していること
とあとは、
国家賠償請求訴訟で地方裁判所からもやったほうがよい。

米国では、この電子不正選挙は、裁判によってプログラマーを裁判所によび
証言をさせた。元から実際の投票とは関係なく51対49で与党が勝つように
プログラミングしたと証言している。
その努力の結果、米国では
そしてついにブッシュ大統領(WITHカールローブ)が選挙で落選した。

そして千歳市では、持ち帰り票が4票と書いてあるから
これもおかしい。持ち帰り票と書いてあるが、おそらく期日前投票箱の
票数と実際の投票者数があわなかった可能性がある。
だから千歳市の票は再開票を要求して。開票してみればよい。
実際の票数では、イケマキの票数が非常に多いはずである。

とにかく
弁護士の人たちは、これが憲法を守る
最後の砦(とりで)だと思ってこの補選の
不正選挙を暴かないといけない。

もちろん、イケマキ氏も
この選挙の数えなおしを要求すべきである。
「当選無効」の訴えをすべき。
そして有権者も
「当選無効」の訴えを集団訴訟すべきである。

そしてネット上でわいている
「不正選挙」といっているのは負け犬の遠吠えとか
馬鹿ですかと書き込んでいる馬鹿は、官邸の怪人のアルバイトが
ほとんどであるから気にする必要はない。彼らの過去の投稿を見れば
一貫して不正選挙側を擁護する書き込みをしているからよくわかる。

小野寺氏は、ムサシのバーコードを疑っている。
確かに500票区切りだと、千歳は、バーコードかも知れませんね。
野田ブーのパターンか↓

開票は混ぜてから行うので、通常ならフラットで、こう言った形状にはならない。
途中までは普通に開票作業し、みなの疲れが出た辺りでムサ吉投入でしょうか?
得票結果は、開票前から決めているので、前半本当に開票作業した場合、その分を修正する必要があり、後半に統計学では到底説明つかない異常な歪みが出たと予想しておこう。

by yakuraibosi | 2016-04-30 17:23 | Comments(0)

小型電磁力発電機(QBC)

~電気も水も豊富に自分で作る時代へ~

株式会社ジャポニズムライフイノベーション
http://japonism.sakura.ne.jp/index.html

小型電磁力発電機(QBC)

e0026609_1763096.jpg


2014/03/03 に公開
QBC九州ビジネスチャンネル
http://qb-ch.com/news/news.cgi?news=1...
火力、水力、原子力、、、様々な発電方法があるなか、いま新たな技術が誕生しつつあり­ます。それが「電磁力発電」!株式会社JLIでは、24時間稼働が可能な「小型電磁力­発電機」を製作、現在実証機の完成に向けて開発中なのです!今回QBCでは、その最新­技術を【動画】でお届けします。(続きはQBCで)

by yakuraibosi | 2016-04-30 17:06 | Comments(0)

【涙腺崩壊】江頭2:50

【涙腺崩壊】江頭2:50、東日本の時と同じく極秘でトラック1台で熊本に支援物資を届けていた!こんな真似できるのエガちゃんだけだよ…【報道なき真実】

e0026609_16304981.png

by yakuraibosi | 2016-04-30 16:30 | Comments(0)

髪の毛作る器官を大量作製 毛を生やす実験に成功

髪の毛作る器官を大量作製 毛を生やす実験に成功

4月30日 6時14分

e0026609_1626145.jpg


髪の毛作る器官を大量作製 毛を生やす実験に成功
髪の毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を大量に作り出し、新たに毛を生やすことに横浜国立大学の研究グループがマウスを使った実験で成功しました。将来、人の髪の毛を再生させる治療法につながると注目されます。
この研究を行ったのは、横浜国立大学の福田淳二准教授らのグループです。
グループでは、マウスの胎児から毛包を形づくる2種類の細胞を取り出し、酸素をよく通すようにした300個以上の小さな穴があるシャーレの中で培養しました。すると穴の中で2種類の細胞が自然に分かれ実際に体内で形づくられるのと同じように、毛包が形成されたということです。
これをマウスの背中に移植したところ、長さ1センチほどの黒い毛が生えてきて、毛が生え替わるサイクルが働き始めたことも確認できたということです。髪の毛を作り出す毛包を人工的に大量に作り出す仕組みが出来たのは初めてだということで今後、人の脱毛症などの治療に使えるように研究を進めていくということです。
福田准教授は「今後3年間程度で人の細胞を使った実験を進め10年後をめどに実際の治療として成り立つようにしたい」と話しています


by yakuraibosi | 2016-04-30 16:26 | Comments(0)

原発なんて、いらなくなるんだ!!!

拡散希望: 祝!ケシェ財団が普及版フリーエネルギー装置の販売を開始!

原発なんて、いらなくなるんだ!!!

以前からお伝えしていますが、ケシェ財団がついにフリーエネルギー装置の普及版の製品化に成功! 販売を開始した模様です。

10月16日に、全世界のアンバサダーを集めて、製品完成説明会とユニットの提供を行いました。

10月16日は、世界を変える歴史的な1日になったと言われています。エネルギーが無料になれば、社会の隅々にまで、とてつもない変化の波が押し寄せます。人類が置かれている状況が一変します。どれだけ多くの命が助かり、どれだけ多くの人の暮らしが豊かになるでしょうか。地球文明が、量子跳躍します!

そして、原発なんて、いらなくなるんだ!!!

財団のウェブサイト にも、すでに製品として掲載されています。1ユーロ=135円とすると、税金入れて約82000円+送料ですね。取り付け方などの詳細がわかったら、私も購入したいと思います。(その頃には、入荷待ちが長いでしょうね。(^▽^;))

フリーエネルギー装置 ”Magrav”

電気自動車用 499.99ユーロ
ハウス用 499.99ユーロ

詳しい説明は、日本のアンバサダーに問い合わせすると良いでしょう。

アンバサダーのリスト

日本人では、以下の方の名前が載っています。

Ambasciatore Straordinario e Plenipotenziario
Mr. KAZUYOSHI UMEMOTO JAPAN
Via Quintino Sella, 60
IT-00187 Roma
Tel.: 06487991
Fax: 064873316 giappone@ro.mofa.go.jp

ついに、来ましたね!

実際には、インサイダー・リークで明かされている通り、これと同等以上のフリーエネルギー装置が多種、SSPやICC(コンシャス・チョイス で説明しています)ではすでに使用されており、いずれ人類に開放される予定ですが、今この段階でのニューアースの幕開け第一歩としては、実にすばらしい! 実にめでたいです! ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

さらに意識を上げて(愛と調和/他者奉仕ですね)、ポジティブなタイムラインにアンカーしていきましょう! ただし、まちがえないでネ。テクノロジーは後からついてくる。個々人の意識の上昇が先です。それにより集合意識のレベルが上がれば上がるほど、新時代への移行はもっと早まるのです!

ケシェ氏「半年から1年で世界は劇的に変わる」、平和条約と引き換えのフリーエネルギー提供!

半年から1年の間に、ユニットの生産量が全世界に行き渡るようになり、世界は劇的に変わる。

10月16日のコンフェレンスでは、「平和条約」への調印と引き換えに、このユニットが各国のアンバサダーに提供されました。しかし、調印をしていない国でも、人々には提供されるそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=BM8wuqPmVBg&feature=player_embedded#t=0

ケシェ氏から以下の発言があったようです。

イタリアではすでに100万台以上の注文があり、中国も”両足で飛び乗った”。(中国も大量発注したんですね。)
10月末までに、世界の10%はガソリンを必要としなくなる。(それだけ、大量に発送されるということでしょう。) クリスマスまでに、ガソリン価格は1ドル以下になるかもしれない。サウジは、「タンカーにガソリンを積むのはやめろ」と言われた。「売り先がなくなるから」と。


by yakuraibosi | 2016-04-29 20:00 | Comments(0)

“フクイチ”で新たな恐怖!

e0026609_1923428.jpg
 

e0026609_1935392.jpg
  


福島第一原発は透水性の高い「中粒砂岩」の岩盤の上に立つ。そのため核燃デブリがメルトアウトした場合、すぐに陸側から流れる地下水流と接触し、水蒸気爆発や臨界反応を起こしやすいと推定できる。デブリは今、格納容器内のコンクリート上にとどまっているのか、それともコンクリートを突き破り地盤に到達しているのか……
“フクイチ”で新たな恐怖! 海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150428-00046924-playboyz-soci

週プレNEWS 4月28日(火)6時0分配信
4月3日から福島第一原発2号機の格納容器の温度が約20℃から70℃へ急上昇し、2日後には88℃に達した。
それと連動するように、原発周辺の「放射線モニタリングポスト」が軒並み高い線量を記録。復旧したての常磐自動車道・南相馬鹿島SA(サービスエリア)で通常の1000倍にあたる毎時55μSv(マイクロシーベルト)を最大に市街地各所で数十倍の上昇が見られた。

(前編記事http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/27/46919/"

これは一体、何を意味するのか? 考えられるのは、原発内の核燃デブリ(ゴミ)が従来の注水冷却工程に対して異なった反応を示す状態に変化した可能性。例えば、デブリが格納容器下のコンクリートを突き抜けて地盤まで到達(メルトアウト)し、地下水と接触するなどだ。

福島第一原発1~3号機では、巨大地震直後に圧力容器内の核燃料がメルトダウンし格納容器の下部へたまった。
それは昨年4月から7月にかけて名古屋大学が2号機で実施した、宇宙線から生じる物質貫通力が強い「ミュー粒子」を利用した透視撮影で明らかになった。

さらに、同じく1号機格納容器内の底から約2m上の作業スペースで行なったロボット調査でも、数千℃の超高温デブリが圧力容器を溶かして落下した痕跡が撮影された。だが、デブリの正確な位置は特定されていないし、ミュー粒子画像に映った格納容器の底は平坦に見えた。

となると、100t超といわれる大量のデブリ塊はどこへ行ったのか? 半球状の格納容器底部の内側は厚さ約3mのコンクリートを敷いて平らになっているが、そのうち深さ70㎝ほどが事故の初期段階で高熱デブリによって溶解した可能性があると、東電はこれまで発表してきた。

この推測について、元・東芝の研究員で原子炉格納容器の強度設計を手がけた後藤政志氏(工学博士)に意見を聞くと、「今回のミュー粒子による撮影でわかったのは、格納容器が間違いなく壊されたことで、これは2、3号機にも当てはまると思います。

しかし、ほぼ地面と同じ高さに感光板を置いた撮影なので、核燃料が実際今どこにあるのかの判断材料にはなりません。東電の言う70㎝という数字の根拠はよくわからない。コンクリートや建材の金属と核燃料が混ざり合った状態のデブリは、もっと下まで潜り込んでいるとも考えられます。

ただし、ほかの物質が混じって時間がたっているのでデブリの放熱量は減り、容器の底の鋼板(厚さ20㎝厚)までは達していないはずです。仮に鋼板が溶けても、下には5、6mのコンクリート層があるため、その内部で冷却バランスを保って止まっていると思います」

もしも核燃デブリが格納容器を突き破れば、メルトダウンから先の「メルトアウト」に進んでいくわけだが、実は先日、調査途中で止まったロボット装置について記者会見に臨んだ東電の広報担当者は、意味深長な感想を述べた。

格納容器内では10Sv(1000万μSv)のすさまじい高線量が計測されたが、それでも予想していた10分の1ほどだったと言ったのだ。その意味するところは、デブリが金属格子の作業用足場から見えるような位置ではなく、ずっと深くまで沈んでいるということではないのか。

また最近、東電の廃炉部門責任者がNHK海外向け番組で「2020年までに核燃デブリの取り出しに着手する」という作業目標について「困難」とコメントしたが、これも状況が非常に悪いことを示唆しているのかもしれない。

「メルトアウト」または「チャイナ・シンドローム」とは、核燃デブリが原発施設最下層のコンクリートすら蒸発させ、地中へ抜け落ちていく状態で、それが現実化するかどうかは後藤政志博士が語ったデブリの温度次第だ。1~3号機内では4年後の今も各100tのデブリが4000~5000℃の高温を発し、メルトアウトの危険性が高いと説く海外研究者もいる。

例えば、「IAEA(国際原子力機関)」の“不測事態の管理技術会議”は、2012年時点でデブリが格納容器と下層コンクリートを溶かし、自然地層へ抜け出た可能性を指摘している。具体的にはデブリが施設地下6、7mまで沈み、直径10~15mの大穴の底にたまっているというのだ。

この仮説でも地殻を突き抜けるようなメルトアウト現象は否定しているが、代わりにひとつ厄介な事態を予測している。それはデブリの核分裂反応が再び爆発的に加速化する可能性だ。

通常ならば、原子炉や実験施設内でコントロールされる「再臨界」は自然状態でも一定の条件が整えば起き得る。その条件とは中性子と水、地質。IAEA技術会議のシミュレーションでは、まず原発地下の水流と岩盤層が中性子の反射装置となり、デブリ内のウランやプルトニウムが連鎖的に核分裂していく。

そして膨大な崩壊熱で水蒸気爆発が繰り返され、新たに生まれた放射性物質が地上へまき散らされる…。

琉球大学理学部の古川雅英教授(環境放射線学)は、こう分析する。

by yakuraibosi | 2016-04-29 19:08 | Comments(0)

福島原発が異常な霧に包まれている様子です

貼付の写真は福島原発が異常な霧に包まれている様子です。1年ほど前から発生するようになってます。メルトダウンを通り抜けメルトスルーして地下で核反応が始まり、その結果、危険な中性子放射性 ・猛毒トリチウムが水蒸気となり発生していることを東電も認めました。これが風向きで首都圏を直撃してます。そして首都圏で電車の異常な遅延は、このころから急激に顕著になってます。放射能が人体の脳を直撃し神経に作用していると考えられます

e0026609_18302032.jpg

by yakuraibosi | 2016-04-29 18:30 | Comments(0)

身内びいき採用か 新五輪エンブレム選考にも“怪しい匂い”

身内びいき採用か 新五輪エンブレム選考にも“怪しい匂い”

e0026609_16563934.jpg

by yakuraibosi | 2016-04-28 16:56 | Comments(0)

不正選挙、確定です

北海道衆院不正選挙詳報です。不正選挙、確定です。■22時以降、確定までに、和田自民党候補が怒涛の追い上げ。13591票を上乗せ。池田候補はたったの939票のプラス。残票の93%が、和田候補に。


e0026609_16171232.png

by yakuraibosi | 2016-04-28 16:17 | Comments(0)

2016年11月チェルノブィリ原発 新たな巨大石棺で覆われる

22016年11月チェルノブィリ原発 新たな巨大石棺で覆われる





e0026609_15293732.jpg



今から30年前に大事故を起こしたチェルノブィリ原発の第4号炉は、今年11月に新たな防護シェルター、石棺により覆われる計画だ。同原発の所長が明らかにした。
事故後、爆発したチェルノブィリ原発4号炉の上には、いわゆる「石棺」が作られたが、ここ数年この「シェルター」の損傷が徐々に進んでいた。ウクライナ当局は、チェルノブィリ原発を、新たな防護覆い「シェルター2号」(confinement;閉じ込めるもの)を作ることで、安全なものにしたいと望んでいる。新しいシェルターは、高さ105メートル、幅260メートルのアーチ状建造物となり、老朽化した「シェルター1号」をさらに上から覆う。
「シェルター2号」の建設は、本来2015年に終了する予定だったが、ウクライナ側の説明では、資金不足により工事が遅れていた



続きを読む http://jp.sputniknews.com/world/20160424/2016339.html#ixzz476G88zgb
by yakuraibosi | 2016-04-28 15:30 | Comments(0)