<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おかしいぞ、共同記者会見報道

おかしいぞ!共同記者会見報道


e0026609_21533495.jpg

by yakuraibosi | 2016-05-10 21:55 | Comments(0)

ツチノコの正体、絶対コイツやろ!!。

ツチノコの正体、絶対コイツやろ!!。


e0026609_21432635.jpg

e0026609_21442969.jpg
e0026609_2145650.jpg

by yakuraibosi | 2016-05-10 21:45 | Comments(0)

米軍の駐留は日本防衛の為でなく米国の為

偉そうなトランプ発言<--米軍の駐留は日本防衛の為でなく米国の為

e0026609_933496.jpg


日米安保条約を終結させるのが一番いいです。
一方的な通告(片方からの)で終結させられます。一年後に発効。
ロシア・中国は米軍基地があるから日本を核攻撃せざるを得ない。
米軍基地がないことが日本にとっての最良の安全保障です。

by yakuraibosi | 2016-05-10 08:54 | Comments(0)

わたしは遺伝子治療で20歳若返った:45歳、米バイオ企業CEO

わたしは遺伝子治療で20歳若返った:45歳、米バイオ企業CEO

e0026609_22445033.jpg


マウスの寿命が20パーセント延びうるとされる遺伝子治療を、BioViva USA社のCEOが自身の体で試し、細胞が20歳若返ったと主張している。

ARS TECHNICA (US)

ワシントン州シアトルを本拠とするバイオ企業BioViva USAのCEO、エリザベス・パリッシュは、同社が開発した「若返り」のための遺伝子治療を自身の体でテストしたところ、細胞が20歳若返ったと主張している。

パリッシュCEOは現在45歳で、科学・医学の分野での正規の教育は受けていない。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。こうした型破りな臨床試験が海外で行われた背景には、米国の規制を回避するという目的があったが、この臨床試験の強行により、BioViva USAの科学顧問の1人が辞職している。

BioViva USAの科学諮問委員を務めていたが辞職したワシントン大学名誉教授のジョージ・マーティンは『MIT Technology Review』誌で、「これは大きな問題であり、このような事態に大きな憤りを感じています。わたしは非臨床試験(動物実験)を繰り返し行うよう強く求めてきました」と語っている。

臨床試験の詳細は明らかにされていないが、パリッシュCEOの説明では、治療の一環として、遺伝子組み換えウイルスの静脈内注射が行われたという。このウイルスによって、「テロメラーゼ」と呼ばれる酵素を生成する遺伝物質が細胞に運ばれたようだ。

テロメラーゼは、人体の細胞における「テロメア」と呼ばれる部分の長さを伸ばす。テロメアとは、染色体の末端で、DNAの「保護キャップ」的な役割を果たす部分だ。テロメアは細胞の老化とともに自然にすり減ってゆくが、テロメラーゼの投与によってそれを保護しようとする手法だ。

スペインの研究グループが2012年に行ったマウス実験から、同様の手法によりマウスの寿命は20パーセントも延びうることがわかっている。

パリッシュCEOは、3月に行われた血液検査の結果(ピアレヴュー科学誌には発表されていない)により、彼女の白血球のテロメアは6.71から7.33キロベース(kb)に伸びていることが明らかになったと主張している(同CEOは今回の治療を受ける以前の2015年9月に同じ検査を受けており、年齢の割にテロメアが異常に短い[6.71kb]ため、人生の早期に加齢性疾患にかかるリスクが高いことがわかっていた)。このテロメアの数値差は、20歳分の細胞年齢差に等しいと同CEOは推定する。

by yakuraibosi | 2016-05-07 22:44 | Comments(0)

800年前の携帯電話が出土

800年前の携帯電話が出土

e0026609_1015031.jpg


オーストリアで、800年前の「携帯電話」が発見されました。

13世紀頃の発掘現場から出土した奇妙な遺物。くさび形文字のような記号が書かれたボタンの並び型など、たしかに一昔前の携帯電話のような形状をしています。

1990年代後半から2000年代初頭に普及していたタイプの携帯電話によく似ているようです。800年前のヨーロッパに何故このようなものが存在したのか? タイムトラベル中の未来人が落していったのでしょうか? まさに「オーパーツ」(時代の合わない工芸品)としか言いようがありません

by yakuraibosi | 2016-05-07 10:15 | Comments(0)