ニューヨークタイムズが日本のイカレタ風景を報道。

ニューヨークタイムズが日本のイカレタ風景を報道。「(彼らにふさわしく)『平和憲法』を再考するか」

2017年08月30日 17時55分11秒

e0026609_9112514.jpg

 日本の現状
ミサイル発射4分後、日本国民が取った、滑稽な行動につき、
ニューヨークタイムズが報じた画像を紹介する。


転載元:盛田隆二 ‏ @product1954 さんのツイート〔17:46 - 2017年8月30日 〕

頭を手で覆う政府主導のミサイル避難行動を田舎の人たちがやるのは、

空気を読んでいるから、と思っていた。

その証拠に都会ではありえない行動と考えていた。

やるとしてもシャレだろうと、想像してた。

しかし、本気でやってるんだ!たまげてしまった。

恐らく、同じ心境だろう、

ニューヨークタイムズの記者が「North Korea, Texas, Japan: Your Wednesday Briefing」

という記事において上掲、画像を流した。

そして「And Japanese citizens, some of whom received a beeping alert on their cellphones just four minutes after the projectile was fired, may be rethinking support for their pacifist Constitution.(発射4分後、携帯電話で警告音を鳴らした日本人は、彼らの平和憲法の支持を再考するかもしれない。)」

という解説を付した。

日本人のネトウヨ的な臆病さを嘲笑われたということなんだろう。

ミサイルの飛来は、電車に乗っていて上から荷物が落ちてくる

というレベルの話ではないんだ。もって冷静になれ。

僕は、このブログのタイトルにおいて

「『平和憲法』を再考するか」という問いかけの前に

NYタイムズ紙の記事にある侮蔑的な気持ちを読み込んで、

「彼らにふさわしく」というかっこ書きの説明を付した。とても恥ずかしい。


ジャンル:ウェブログ
# by yakuraibosi | 2017-08-31 09:11 | Comments(0)

バランス・オブ・パワー

「バランス・オブ・パワー」によって第三次世界大戦を回避する

e0026609_184129100.jpg

# by yakuraibosi | 2017-08-29 18:44 | Comments(0)

プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く


2017-08-27 15:51:35 | 政治
プーチン大統領、もし米国が北朝鮮を攻撃したら、

ワシントンエリート層【子供の売買・小児性愛】

(ペドフィリア)人物名を公表すると警告した!

おそらくこの警告で、彼らは動きが取れなくなる!

オバマをリーダーとする連中は、アメリカ全土で暴動を起こし、

トランプ大統領を非難し、弾劾に持ち込みたいのだと

思いますが、このことも含めて決着がつくと思います!



[創造デザイン学会]プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く - シャンティ・フーラの時事ブログ

e0026609_1826015.jpg

プーチンが小児性愛者の討伐を開始! 米の“一流ペドフィリア・グループ”がロシアの子どもを虐待中でブチ切れ!ワシントンD.C.に性的人身売買目的で養子縁組を行なう組織がある!

ペドフィリア - Wikipedia
ペドフィリア(英: pedophilia)とは、幼児・小児(一般に12歳未満)を対象とした特殊な性愛・性的嗜好のこと。略して俗にペドと呼ばれる。類義語には小児性愛(しょうにせいあい)・小児愛(しょうにあい)・児童性愛(じどうせいあい)がある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリア(英: ephebophilia)という


フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter

======★======

[創造デザイン学会]プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く : capitarup0123のblog

[創造デザイン学会]プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く

2017/08/27 07:54


画像の出典: Author: Tjebbe-van-Tijen

[創造デザイン学会]プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く

竹下雅敏氏からの情報です。

 プーチン大統領が、北朝鮮問題で、“戦争への道を取り続ける”ワシントンDCの連中に対して、子供の売買やペドフィリアに関わっている人物の名前を公表すると警告しました。

 “北朝鮮での戦争はない”とコメントしましたが、おそらくこの警告で、彼らは動きが取れなくなるでしょう。

私の感覚では、 9月の半ばには、これらの問題は決着がついていると見ています。

 オバマをリーダーとする連中は、アメリカ全土で暴動を起こし、トランプ大統領を非難し、弾劾に持ち込みたいのだと思いますが、このことも含めて、決着がつくと思います。


(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。


————————————————————————
プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く
――プーチン大統領がエリート・ペドフィリアを追い出すと誓約
転載元)

創造デザイン学会 17/8/26
(前略) 

 Jay Greenberg August 16, 2017, www.neonnettle.com

ロシアのリーダー、プーチン大統領は、米国政府に対して厳しい警告を発し、もしアメリカが北朝鮮を脅迫し続けるなら、クレムリンは、高位のペドファイルたちの身元を明かすだろうと通告した。

プーチン氏は、西側の「企業にコントロールされたメディア」が、プロパガンダを用いて北朝鮮侵略を正当化しようとしている、彼らは、キム・ジョン・ウン体制が核の脅威になっていると「ウソの報道」をしていると非難した。

先週、トランプ大統領は、北朝鮮は「世界が見たことのないような火と怒り」を見ることになるだろうと言い、平壌は「よほど気を付けねばならない」、なぜなら、アメリカ軍は「戦闘準備が十分にできている」からだと言った。

トランプのコメントは、北朝鮮は、長距離ミサイルに収まる小型の核弾頭を開発しているという、ワシントン・ポストの報道に呼応して出されたものだ。


https://www.washingtonpost.com/world/national-security/north-korea-now-makingmissile-ready-nuclear-weapons-us-analysts-say/2017/08/08/e14b882a-7b6b-11e7-9d08b79f191668ed_story.html?utm_term=.ccd46b7121db

プーチンを含め多くの人々が、この状況はイラク侵略のときに似ていると言っている。

それは、サダム・フセインが“大量破壊兵器”を開発したという前提に基づいていたが、その証拠は全く信頼できないものだった。

ロシアの最大与党 United Russia のリーダー、ウラジミール・ワシリエフとの会談で、プー チン氏はこう言った――

「もしアメリカが戦争への道を取り続けるならば、我々は報復せざるをえなくなるが、反撃はあまりにも大きな荒廃をもたらすだろう。」

「我々は、最高レベルにあるアメリカの政治家たちが、子供の売買やペドフィリアに関わっているという情報を得ており、これらリーダーといわれるたちを、市民に対して暴露するのに躊躇するつもりはない。 」

「もし彼らが、北朝鮮について、人民にウソを言い続けるなら、そのとき我々は彼らに真実を示してやるだろう。」

(中略) 

ウラジミール・プーチンが、エリートのペドフィリアを批判してはっきり発言したのは、これが初めてではない。

7月のドナルド・トランプとロシア大統領の、歴史的な最初の出会いに先立って、プーチンは、高位の人々のペドフィリアについての彼の憂慮を明らかにし、トランプ氏に対して、「ワシントン DC のペドファイルたちを暴く」ように言い、もしそれができなければ、ロシアが 「名前の公表」に踏み切るだろうと警告した。


関連資料:「 プーチンがトランプに警告:エリート・ペドファイルを暴くか、それとも私が名前を公表するか」

http://www.neonnettle.com/news/2349-putin-warns-trump-expose-elite-pedophilesor-i-will-begin-naming-names-

G20 の密会のとき、この 2 人のリーダーは短命の合意をしたが、すぐ崩れたようである。しかしプーチン氏の、子供を虐待するエリートたちについての立場は変わらず、こう言って いる――「ヨーロッパと西側は、ペドフィリアとサタン信仰の文化の上に繁栄している。」

http://www.neonnettle.com/news/2411-putin-the-west-is-controlled-by-satanicpedophiles

(中略) 

ヴァルダイ国際討論クラブにおいて、プーチンは正直に、「 ペドフィリアのノーマル化」を、「ヨーロッパと西側を通じて入ってくる道徳的堕落」の明らかな兆候だと説明した。

政治の上層部におけるペドフィリアを暴露するというプーチンの脅かしは、第 3次大戦をしっかり視野に置いている戦争屋どもに、影響を与えることができるだろうか?

(以下略)

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter

……………★……………

プーチンが小児性愛者の討伐を開始! 米の“一流ペドフィリア・グループ”がロシアの子どもを虐待中でブチ切れ!ワシントンD.C.に性的人身売買目的で養子縁組を行なう組織がある!

ロシアのプーチン大統領が、アメリカにはびこる小児性愛者(ペドフィリア)からロシアの子どもを守るため、ロシアとアメリカ間の養子縁組を禁止する法案にサインした――。

■米ロ間の養子縁組禁止法案が採決


 「Waking Times」の記事より

 今回の米ロ間における養子縁組を禁止するための法案は、ロシアの議会で可決されたものだ。その投票結果は反対4名、棄権2名で賛成400名と圧倒的多数での可決だった。アメリカは海外の子どもとの養子縁組がもっとも盛んな国で、これまでロシアの子どもにとってもアメリカが最多の養子縁組先である。1999年以降、実に4万5000人以上ものロシア人の子どもがアメリカ人の養子になっている。

 ドゥーマ(ロシア連邦議会)の上下両院で強行採決されたこの法律は、驚きをもって迎えられた。プーチン大統領はロシアと各国のジャーナリストが集まった会場で、この法案について説明と質疑応答を行った。

 プーチンによると、アメリカには小児性愛が蔓延しており「アメリカ政府は、ロシアの子どもたちが(アメリカの)小児性愛者によって虐待されていることに何ら責任を負っていない」ときっぱりと述べた。そして、「トランプ大統領が性的人身売買に断固たる対策を取って、ワシントンD.C.の『エリート小児性愛者グループ』の泥沼を干からびさせるまでこの措置は続く」と言い放った。

 ジャーナリストとの質疑応答は4時間にもわたり、「なぜあなた(プーチン大統領)は最貧困で無力な子どもたちを政権闘争の道具にするのか?」という意見も出た。やり取りはロシアのテレビで中継されていたが、プーチンは断固として法案の正当性を主張した。彼は、「アメリカのエリートたちがロシアの子どもたちを虐待している。それが普通だとあなたは思うのですか」と激しく反論した。

プーチンが小児性愛者の討伐を開始! 米の“一流ペドフィリア・グループ”がロシアの子どもを虐待中でブチ切れ

■ワシントンD.C.に性的人身売買目的で養子縁組を行なう組織がある

 プーチン大統領が小児性愛者に関して西側諸国を批判するのは、これが初めてではない。

 昨年、プーチンはクリスマスの定例記者会見で、「西側のリベラル・エリートたちは、国を偉大にした伝統的な価値観を捨てた」と語り、堅実なキリスト教の価値観を基盤にした未来を作る代わりに、過度に誇張された“ポリティカリー・コレクト文化”を作ったと西側諸国批判を繰り広げた。そしてこの傾向は、いずれ西洋文明の崩壊につながるとも警告したのだ。

 またプーチン大統領は、「西側諸国では“通常の家族”と“ホモセクシュアルの家族”を法的に同等に扱っており、それらの行き過ぎたポリティカリー・コレクトの風潮が、いわば小児性愛者の合法化に道を拓くことにもつながってしまうのだ」と訴えた。

 しかし、実際にプーチン大統領が指摘するように、米国の首都ワシントンD.C.には「エリート小児性愛者グループ」があるらしいと囁かれている。そしてワシントンD.C.の子どもは、アメリカ国内でもっとも危険にさらされているというデータもあるのだ。

 米国保健福祉局のデータによれば、ワシントンD.C.では1,000人あたり23.5人の子どもが性的虐待を受け、同じく小児性愛者のハブ(基地的存在)となっているニューヨークでは、1000人中17.4人が性的虐待を受けている。

 もちろん、ロシアから養子を貰うアメリカ人の親の大多数は、恵まれない子どもを家族の一員に迎え入れたいという尊敬すべき親心を持っている。しかし一方で、アメリカにはびこる「エリート小児性愛者グループ」は、性的人身売買を目的にロシア人の子どもと養子縁組をしているともいわれている。ロシアからやって来た子どもたちが虐待に耐えかねて失踪しているケースも指摘され、大きな社会問題になっているのも事実なのだ。


■マグニツキー法に対しての「外交的報復」か?

 さて、以前プーチン大統領は「ソチオリンピックではあらゆる差別は排除される。同性愛者も安心していいが、ただし子どもたちには近づくことは許されない」と述べ、欧米諸国から「同性愛と小児性愛を混同している」という猛批判を浴びた。

 今回プーチン大統領が繰り広げた「欧米のゲイ容認の風潮は小児性愛者の増加につながる」という論法も、これと同じといえるだろう。オバマ前アメリカ大統領は在職中、「マグニツキー法(人権侵害の疑いのあるロシア市民が、アメリカへの旅行や不動産をはじめとする資産を所有することを禁止する法案)に署名している。そのため、米ロ間の養子縁組を禁止する法案に関して、「マグニツキー法に対しての“外交的報復”であり、助けの必要な子どもたちを政治に絡ませている」と批判するアメリカの有識者も多い。


 プーチン大統領が法案にサインしたことで、法的手続きの最中にあった数百人のロシアの子どもたちの養子縁組が宙に浮いている状態だという。恵まれない子どもたちを、どうか政争の具にだけはして欲しくないものだ。

(文=三橋ココ)
# by yakuraibosi | 2017-08-29 18:26 | Comments(0)

周産期死亡率が福島と宮城・岩手・茨城・栃木・群馬で15.6%増加 千葉・東京・埼玉でも6.8%増加

周産期死亡率が福島と宮城・岩手・茨城・栃木・群馬で15.6%増加 千葉・東京・埼玉でも6.8%増加


(下野新聞 2016年10月18日付)
周産期死亡(妊娠22週から生後1週までの死亡)率が、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・茨城・栃木・群馬)で2011年3月の事故から10か月後より、急に15.6%(3年間で165人)も増加し、被曝が中間的な強さの千葉・東京・埼玉でも6.8%(153人)増加、これらの地域を除く全国では増加していませんでした。


e0026609_22572958.jpg


e0026609_22575321.jpg

# by yakuraibosi | 2017-08-27 22:59 | Comments(0)

プーチン大統領「北朝鮮は核爆弾は持っていないよ」

プーチン大統領「北朝鮮は核爆弾は持っていないよ」

NEW!2017-08-27 10:03:28
テーマ: ブログ

プーチン大統領「北朝鮮は核爆弾は持っていないよ」
 
核実験のことは事実。
2016年1月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、
2016年1月6日午前10時(PYT)ころ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道
吉州郡豊渓里付近において行われた地下核実験。
北朝鮮が核実験を行ったのは2006年、2009年、2013年に続き4度目となる。
北朝鮮は「水素爆弾(水爆)実験である」と主張しており、仮に事実であれば北
朝鮮の核実験に水爆が使われたのは初となる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93_(2016%E5%B9%B41%E6%9C%88)
 
では、核爆弾があるという証拠は?
 
あるのなら、北朝鮮は写真を見せれば迫力が増すのに。
欧米のマスコミはアメリカのプロパガンダ機関として機能しており、その中に居て異議を唱える大手所属の記者がいたらすぐに排除されて復帰不能に。
一方的な情報に日本の大手マスコミは対抗できない。
というのも日米安全保障条約の下では日本は独立国としては機能しない。
 
テレビ番組は楽なネタでああでもないこうでもないを繰り返し行い、低コストで時間は持たせることができるので助かっている筈。

# by yakuraibosi | 2017-08-27 22:47 | Comments(0)

未来の代替食?電気からつくる食品」の開発に成功

未来の代替食?電気からつくる食品」の開発に成功

8/20(日) 19:10配信


IMAGE: JUAN PABLO GONZALEZ/123RF
フィンランドの研究者たちが、電気を使って水と二酸化炭素、微生物を反応させることで「完全な栄養価を備えた代替食」をつくることに成功した。再生可能エネルギーを使えば世界中どこでも生産できる「電気からつくる食品」は、食糧危機の救世主となるか。

食糧危機の救世主!「電気からつくる食品」

水と十分な量の二酸化炭素、そしてひとつかみの微生物を用意しよう。そしてコーヒーカップくらいの大きさのバイオリアクター(生物反応器)の中に入れて、たっぷりと電気ショックを与える。数週間後には、タンパク質の粉末が得られるだろう。人間や動物が必要とする栄養価をすべて備える粉末だ。

「食料」と呼ぶにはまだ少し違和感がある。だが、フィンランドのラッペーンランタ工科大学(LUT)とVTT技術研究所は、電気のみで3つの原料を結合させて「Food from Electricity」(電気からつくる食品)をつくり出すことに成功した。

LUTのプレスリリースのなかで、研究を行ったユハ=ペッカ・ピトカネンとイェロ・アホラは、フィンランド・アカデミーの資金により行われた今回の研究について説明している。

それによると、生み出された混合物は「非常に栄養がある」とピトカネンは説明する。50パーセント以上がタンパク質、25パーセントが炭水化物で構成され、残りは脂肪と核酸からなる。技術が発展すれば、人間や動物の栄養補給のための食物生産の基礎となるだろう。

今回の研究は「ネオ・カーボン・エナジー」と呼ばれる、より大きなプロジェクトの一環だ。再生可能エネルギーを使い、二酸化炭素排出のない食糧生産システムの開発を目指すプロジェクトである。

「従来の農業と比較して、開発段階にあるわたしたちの生産方法は、厳格な条件を必要としません」と、アホラは説明する。つまり、広大な土地を使わず、気温や湿度などの環境条件も必要ない。殺虫剤も使わず、水の消費も少量で済む。

しかも、砂漠地帯でも飢饉に見舞われる地域でも、バイオリアクターはどこにでも置くことができる。プロセスに十分な電力を生産するための再生可能エネルギー源があれば十分だろう。

いまのところ、この技術はまだ初期開発段階だ。1グラムのタンパク質の粉末を生産するのに、2週間の時間が必要なのである。研究者たちも、この方法が実用できるまでには10年以上かかるだろうと述べている。

# by yakuraibosi | 2017-08-24 20:29 | Comments(0)

未来の代替食?電気からつくる食品」の開発に成功

未来の代替食?電気からつくる食品」の開発に成功

8/20(日) 19:10配信


IMAGE: JUAN PABLO GONZALEZ/123RF
フィンランドの研究者たちが、電気を使って水と二酸化炭素、微生物を反応させることで「完全な栄養価を備えた代替食」をつくることに成功した。再生可能エネルギーを使えば世界中どこでも生産できる「電気からつくる食品」は、食糧危機の救世主となるか。

食糧危機の救世主!「電気からつくる食品」

水と十分な量の二酸化炭素、そしてひとつかみの微生物を用意しよう。そしてコーヒーカップくらいの大きさのバイオリアクター(生物反応器)の中に入れて、たっぷりと電気ショックを与える。数週間後には、タンパク質の粉末が得られるだろう。人間や動物が必要とする栄養価をすべて備える粉末だ。

「食料」と呼ぶにはまだ少し違和感がある。だが、フィンランドのラッペーンランタ工科大学(LUT)とVTT技術研究所は、電気のみで3つの原料を結合させて「Food from Electricity」(電気からつくる食品)をつくり出すことに成功した。

LUTのプレスリリースのなかで、研究を行ったユハ=ペッカ・ピトカネンとイェロ・アホラは、フィンランド・アカデミーの資金により行われた今回の研究について説明している。

それによると、生み出された混合物は「非常に栄養がある」とピトカネンは説明する。50パーセント以上がタンパク質、25パーセントが炭水化物で構成され、残りは脂肪と核酸からなる。技術が発展すれば、人間や動物の栄養補給のための食物生産の基礎となるだろう。

今回の研究は「ネオ・カーボン・エナジー」と呼ばれる、より大きなプロジェクトの一環だ。再生可能エネルギーを使い、二酸化炭素排出のない食糧生産システムの開発を目指すプロジェクトである。

「従来の農業と比較して、開発段階にあるわたしたちの生産方法は、厳格な条件を必要としません」と、アホラは説明する。つまり、広大な土地を使わず、気温や湿度などの環境条件も必要ない。殺虫剤も使わず、水の消費も少量で済む。

しかも、砂漠地帯でも飢饉に見舞われる地域でも、バイオリアクターはどこにでも置くことができる。プロセスに十分な電力を生産するための再生可能エネルギー源があれば十分だろう。

いまのところ、この技術はまだ初期開発段階だ。1グラムのタンパク質の粉末を生産するのに、2週間の時間が必要なのである。研究者たちも、この方法が実用できるまでには10年以上かかるだろうと述べている。

# by yakuraibosi | 2017-08-24 20:28 | Comments(0)

ロシアの大豊作が米・仏をちっぽけなものに---ラエル

ロシアの大豊作が米・仏をちっぽけなものに---ラエル

NEW!2017-08-22 09:13:24
テーマ: ブログ


Rael Maitreya
マイトレーヤ・ラエルのコメント:米国とフランスがまたもちっぽけなものに。。。
COMMENT : USA and France dwarfed again...
 
e0026609_20222911.jpg

Bumper grain crop in Russia set to break Soviet-era record
ロシアの穀物の大豊作はソ連時代の記録を破ることに
 
ロシアは今年の穀物収穫が記録となると予測されている。1978年の記録の数字を超えて

# by yakuraibosi | 2017-08-22 20:22 | Comments(0)

空中の水素から各家庭で独自に発電が可能になります---ラエル

空中の水素から各家庭で独自に発電が可能になります---ラエル

NEW!2017-08-22 08:24:15
テーマ: ブログ

空中の水素から各家庭で独自に発電する
2016-10-17
 
こういうことが可能になり、電柱が無くなる時が来ますので、核戦争で「ヨハネの黙示録」の予告が現実のものとなるのを避けないといけませんね。その確率は0.5%しかありませんが。
世界的争いの根源は石油(天然ガス)です。それが不要となればいいのです。
o 各家庭が独立して電気をつくるので完全自給自足。何かの原因・事故で、一帯が停電になる、というようなことがなくなります。
 
o 配電しないでいいですので、配電線や電柱が不要になります。
 
2030年は遅すぎます。2020年代にできるよう政府が資金援助しても良い性質のもの。全人類が助かるので。
 
---------------
水素を家庭で生成 パナソニック、太陽光で分解技術  

2015-07-12  

 
私たち人類を創造されたエロヒムの愛の教えは、その大使、
弥勒菩薩ラエル を通じで表現されます:
 

 
「私達が必要とする電気エネルギーは、各住居に備え付けられた洗濯機ほども大きくなく、それ自体がナノテクノロジーにより機能する燃料電池によって、空気中の水素を利用して作られ、すべての洗濯、照明、空調などに必要なエネルギーを十分に賄(まかな)うことができるようになるでしょう。」
 
「クローン人間にYes!」ラエル著 --159ページ
 
この本のタイトルからはヒト・クローンに関してだけの本の様な印象を与えますが、この本では人類は将来どのような暮らしをしているのだろうか、の予告が書かれており、とても参考になります。チョー安全な原子力発電のことも書かれています。日本の各企業の開発、製造部門などの人たちにも読んで頂きたい本です。
 
将来の技術の基幹を成すのはナノテクノロジーです。
 
予告されていたことが実現に向かっています。素晴らしい!!!
 
水素を家庭で生成 パナソニック、太陽光で分解技術

2015-07-12
e0026609_20141255.png

# by yakuraibosi | 2017-08-22 20:14 | Comments(0)

【ガチでヤバすぎる】廃炉どころか完全に収集つかなくなってる

【ガチでヤバすぎる】廃炉どころか完全に収集つかなくなってる・・・もうシャレにならない状況

e0026609_8315467.jpg

東京電力は2日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査で撮影した映像を解析したところ、一部で毎時530シーベルトという超高線量を測定したと発表した。
 
これは、とてつもない数値だ。ICRP(国際放射線防護委員会)の指標では、宇宙線や大地からの「自然放射能」に加えた「追加被曝線量」の公衆限度は年間1ミリシーベルトとされている。毎時換算でおよそ0.11マイクロシーベルトだ。福島原発事故後に日本政府が避難指示を解除する目安の除染目標にしたのは、年間20ミリシーベルト。長期にわたって居住が制限される「帰還困難区域」の線引きは、年間積算線量が50ミリシーベルトとされた。
 
1000ミリシーベルトが1シーベルトなのである。今回、計測された530シーベルトという高線量は、想像を絶する世界だ。「マイクロ」も「ミリ」もつかず、しかも「毎時」。1999年に茨城県東海村の核燃料加工会社で起きた臨界事故で死亡した作業員の被曝量は、最大で20シーベルトと推定されている。放射線医学総合研究所によれば、毎時6~7シーベルトが100%致死量だという。
 
東電は「推定値だから30%の誤差がある」と説明しているが、7掛けしたって毎時370シーベルト。人間が近づけば即死するレベルであることには変わりない。

「メルトアウト」が起きている可能性
 
気がかりなのは、毎時530シーベルトという放射線量が、運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量だということだ。メルトダウン(炉心溶融)した核燃料が圧力容器の底を突き抜け、地下水と接触して再臨界に達しているということではないのか。
 
原子炉格納容器を設計していた元東芝技術者の後藤政志氏が言う。
 
「東電が公開したカメラ映像では、原子炉の真下に大きな穴が開いている様子が見えました。核燃料が圧力容器を破って外に漏れ出たことは間違いありません。ただ、それは、われわれ専門家が事故当初から指摘していたこと。東電や政府はなかなか認めようとしませんでしたが、メルトダウンは大前提なのです。今回、メルトダウンした核燃料が原子炉圧力容器を突き抜けて、外側の格納容器に漏れ落ちるメルトスルー(溶融貫通)が起きていることは裏付けられた。圧力容器を破るほどの核燃料では、格納容器はひとたまりもありません。圧力容器は70気圧に耐えられるよう設計されていますが、格納容器の設定はわずか4気圧です。建屋のコンクリート壁にいたっては単なる覆いであって、超高温のデブリ(溶融燃料)による浸食を防ぐことは難しいでしょう

核燃料が原子炉建屋の床を突き破る「メルトアウト」が起きている可能性は高い。これが地下水に達していれば、いくら循環冷却しても放射性物質の拡散を防ぐことはできない。チャイナシンドロームが進行中のような惨状下にあると考えるべきだろう。
 
e0026609_8341017.jpg

先月28日、事故後の復興について関係閣僚らが議論する福島復興再生協議会が福島市内で開かれた。議長を務める今村復興相が冒頭の挨拶で「福島、東北の復興も3月にはいよいよ7年目に入る。マラソンでいうとだいたい30キロ地点ぐらいにきているのかな」とホザいたのは、まったくもって信じがたい感覚だ。福島の現状をどう認識しているのか。事故処理はまだスタートラインにも立っていない。原因さえ解明されていない。それでマラソンの折り返しを越えた30キロ地点だと? こんな無神経な発言をして、大臣をクビにならないのが不思議だ。
 
廃炉費用は税金か電気料金で結局は国民負担
 
東電は今月中に最新型のロボットを投入してデブリの状態を確かめる予定だったが、作業用足場に開いた穴が走行ルートを妨害するため、計画の練り直しを余儀なくされそうだ。毎時530シーベルトという高線量も想定外で、廃炉への道は、ますます混沌としてきた。

「この高線量では、ロボットに使われている半導体やモーターがやられてしまうので、2時間程度しか動かせず、限定的な調査しかできません。もっとも、仮に線量がもっと低くても、ロボットが正常に動くかは分からない。あれだけの過酷事故を起こしておいて、簡単に廃炉までたどりつけると思う方が間違っています。今回の内部撮影によって、政府と東電の廃炉スケジュールが完全に破綻したことが露呈しました」(後藤政志氏=前出)
 
事故が起きた11年の年末に発表された廃炉の工程表は、2年以内に1~4号機の貯蔵プールにある使用済み燃料の取り出し作業に着手、1~3号機の溶融燃料は10年以内に取り出し作業を始め、30~40年後に施設を解体撤去する廃炉が完了するというものだった。
 
事故からまもなく丸6年になるのに、工程通りに実行できたのは、4号機の使用済み燃料取り出しのみ。事故を起こした1~3号機の燃料には着手できない。建屋内の線量が高すぎて人間が近寄れないのだ。そのうえ、溶け落ちたデブリがどんな状態で、どこにあるのかさえ分からない。これのどこが「アンダーコントロール」なのか。
 
当初の計画からは大幅に遅れているのだが、政府はデブリの取り出しを21年に始め、30~40年で廃炉を完了させるというスケジュールを変えようとしていない。ここが悪魔的だ。
 
途方もない年月と費用が必要
 
「政府の工程表は夢物語でしかなく、見直す時期に来ていると思います。福島原発の場合、燃料をすべて取り出して更地にするという意味での廃炉は、数十年単位では無理でしょう。問題なく運転終了した原発でも、廃炉まで数十年かかるのです。米国のスリーマイル島事故では、核燃料がまだ格納容器内にとどまっていたから、なんとかなった。世界的に見ても、過酷事故で燃料デブリになったものを取り出した例はありません。福島では、形状をとどめていないデブリがどこにあるかも分からないし、メルトダウンした原発が3基もある。チェルノブイリのように石棺化しても、100年は持たないでしょうし、本当に廃炉に至るまでには、途方もない年月と金額が必要になる。廃炉費用がいくらかかるか、誰にも分かりません。ところが、政府は最終的な費用の計算に先行して、国民に負担させるスキームの議論を始めた。ホント、ふざけています。40年という廃炉工程表を取り下げないのは、着実に廃炉に向かっているというパフォーマンスでしかない。東電を存続させ、原発再稼働を進めるためです」(環境経済学者で立命館大教授の大島堅一氏)
 
経産省は昨年、事故処理の負担スキームを審議する有識者会議を立ち上げた。福島原発事故の賠償・廃炉費などは計21.5兆円になると、従前から倍増する試算を発表。6年経って近づくこともできない現状を考えれば、費用はどこまで膨れ上がるか分からないのだが、新電力の託送料に上乗せする方針を固めた。託送料なら、国会の承認も必要ない。儲けは自分たちのもので、事故負担は国民にツケ回す。そういう都合のいいビジネスモデルをゴリ押ししようとしている。
 
「40年での廃炉なんて、どう考えても無理です。現実的な廃炉計画を立てられる状況にもない。しかし、原発輸出を成長戦略に据えている安倍政権は、既存の原発を稼働させたうえで、新設の仕組みもつくりたいのでしょう。世界に向けて、安心・安全を担保するためには、虚構の事故処理シナリオを維持する必要がある。何兆円使おうと、工程表通りの廃炉はできないと思いますが、それも結局、税金にしろ電気料金にしろ国民負担にされてしまう。それでも原発再稼働を支持する国民が、どれだけいるのでしょうか」(大島堅一氏=前出)
 
原発はコストが安いなんて、よく言う。福島原発の現状を見れば、原発再稼働は正気の沙汰とは思えない。原発事故は収束どころか、現在進行形だ。オリンピックなんて、やってる場合ではないのではないか。
 
出典:nikkan-gendai.com
――――――――――――――――――――――――
 
この問題は、もっと大ニュース(大問題)になってなければおかしいはずです。
日本の大手メディアはなぜアリバイ的な報道しかしないのか不思議でなりません。

# by yakuraibosi | 2017-08-22 08:34 | Comments(0)