寿命を 150 歳まで延ばす不老薬!?

寿命を 150 歳まで延ばす不老薬!?  老化を遅らせ 150 歳まで長生きするための「夢の不老長寿薬」が近い将来に入手可能になるかもしれません。

 
 この新薬は、赤ワインに含まれるアンチエイジング物質として有名なレスベラトロールの合成バージョンです。
レスベラトロールは長寿遺伝子として知られる SIRT1 を活性化することが知られています。
SIRT1 遺伝子は、カロリー制限と運動で自然に活性化されますが活性剤を通しても活性化することができます。
レスベラトロールは最も一般的な自然の SIRT1 活性剤ですが、既に開発済みのこの合成バージョンはさらに強力に SIRT1 を活性化します。製薬大手のグラクソ・スミスクライン社は、現在、人間で、合成レスベラトロールの効果を調べる臨床試験を行っています。最終的に、がん、アルツハイマー病、2 型糖尿病などの加齢関連疾患を防ぐことができる全く新しい薬が入手可能になるかもしれません。
レスベラトロールの SIRT1 活性化作用を発見し、この研究を続けている米国のハーバード大学医学部の遺伝学のデイビッド・シンクレア(David Sinclair)氏らは、合成レスベラトロールが SIRT1 を制御するメカニズムを Science 誌3月8日号に発表しました。

by yakuraibosi | 2013-03-13 20:50 | Comments(0)
<< 幹細胞で脳梗塞治療 空間に立体を「描く」ことができ... >>