世界初! マグマを直接利用する、地熱発電プロジェクト

世界初! マグマを直接利用する、地熱発電プロジェクト

e0026609_2292321.jpg


e0026609_2295925.png


アイスランドでは、地中深くにある火山岩盤の熱を利用することを目指すプロジェクト「Icelandic Deep Drilling Project(IDDP)」が行われている。

深さ5kmまでの掘削が計画されてきたが、アイスランド北部のクラプラ火山にある掘削孔では2009年、深さ2,100mに達する前に、予期せず激しいマグマ・ポケットにつきあたった。地下から地球の上部地殻へ、摂氏900から1,000度もの熱さの溶岩が噴出していた。

この掘削孔「IDDP-1」は、IDDPによって掘られた一連の坑井のうち最初のものだった。IDDPと、この近辺でクラプラ地熱発電所を運営するアイスランドのNational Power Company(国営エネルギー公社)は、掘削孔をさらに深く調査するために、大規模な投資を行うことを決定した。

今月号の『Geothermics』誌に掲載された特別レポートでは、途方もない熱さの地熱を利用しようとするIDDPの技術的な功績と科学的な成果について詳しく説明している。


「IDDP-1は、世界で初めて、マグマを直接活用する地熱発電プロジェクトだ」とエルダーズ名誉教授は述べる。

by yakuraibosi | 2014-02-12 22:10 | Comments(0)
<< 20年後 人類は宇宙人たちと接... ヒトの皮膚細胞からSTAP細胞... >>