エロヒム・リーク④

マイトレーヤ・ラエル :

エロヒムリークス :④
 イスラエル・米国といくつかのNATO同盟国は、宣戦布告する事無しに「細菌による世界大量虐殺」をするトップシークレット計画を準備しています。
 この計画は、白人とユダヤ人以外の全ての人間を殺す人工的疫病を広めるためのものです。その拡散は、とても簡単に製造できる細菌をごく少量だけ食物や原材料の出荷に混ぜるだけで可能です。その細菌エージェントたちは、白人とユダヤ人以外をターゲットにするのです。
 イスラエル政府にとって少し問題なのは、大多数のパレスチナ人が本当のユダヤ人を先祖に持ちユダヤの遺伝的形質を持つ一方で、ほとんどのイスラエル人はユダヤ教にとって代わった中央ヨーロッパ人の子孫なので本当のユダヤ人の遺伝的形質を持たない事です。
 さらに難しい遂行上の問題は、全ての人種を殺してしまうその疫病を拡散していく中で全ての白人とユダヤ人にワクチンを受けさせる事です。この疫病は、もちろん良く知られたコレラや腸チフスのように見せ掛けられます。全ての白人とユダヤ人は、人類を守るためと口実され必須の方法としてワクチンを打たされます。
ニセの効き目の無いワクチンが人道的行為と見せ掛けられて全ての白人以外の国に配られ、それはたぶんその疫病をより致死的にしてしまう成分を含んでいるのです。
 アメリカとイスラエル軍は、すでにこの「兵器」をアフリカと最近ではシリアで試して始めています。また、本物とニセのワクチン薬もテストされるでしょう。
 アメリカ・イスラエルとNATOの究極のゴールは、黒人・アラブ人とアジア人がいない世界を創ることで、そこでは世界各地に住む異人種に邪魔されずに・また全人類を滅ぼすリスクのある核世界戦争を起こすこと無しに、自由に新しい帝国を創ることができるのです。

e0026609_21363452.jpg

by yakuraibosi | 2015-08-27 21:16 | Comments(0)
<< エロヒム・リークス⑤ エロヒム・リーク③ >>