やがてマイナンバーの「通知カード」が届く。

やがてマイナンバーの「通知カード」が届く。

その時すぐに「個人番号カード」を申請してはダメ。

自民党は預貯金口座や医療情報まで全てカードに入力させたがっているが、
当面はまず住民票情報、次に免許証と健康保険証の登録と来る。

自民党政権を倒すまで「通知カード」と免許証提示で済ますのが肝要。

急いでマイナンバー「個人番号カード」を申請しない方が良い。

政府は2019年3月の時点で8700万枚まで「個人番号カード」を
普及させるのを目標としているが、その4年間で早くも情報漏出事件は起こるだろう。

カードを申請しなくても罰則はない。

しぶとく我慢しよう。

自民党政権が倒れるまで。

正直に言えばいいのだ。

「個人番号カードに預貯金口座や健康情報まで入ると聞きました。
それはいくら何でも危険じゃないですか」と。

だからまだ申請する気になれませんと言えば強制はできないし、罰則もない。

しぶとく待っているうちに、この制度は情報漏洩の多発で破綻していくはず。

あわてぬ事肝要。

by yakuraibosi | 2015-10-14 21:26 | Comments(0)
<< がん治療が変わる ~日本発の新... 画期的な蓄電池を開発、住宅用にも >>