シリア軍がシリア南部のISIS拠点に攻撃する用意を始めると、米国がシリアに警告 ISを保護

シリア軍がシリア南部からISISとアルカイダを掃討するのに移動したため、米国政府は、昨日、シリア政府に対し、この作戦を開始すれば、「しっかりとした適切な措置を取る」という奇妙な警告を発した。

米国政府は、ISISとアルカイダを直接支援しているようだ。

シリア軍とロシアなど同盟国は、南部の都市ダラアの周辺の武装勢力を掃討する作戦を今月1日~2日には実行する予定であったが、米国はいまや、この軍事作戦の実行を脅している。米国のこうした動きは、彼らがISなどの武装勢力を保護しているためとみられている。

つづきはこちら↓

ロン・ポール米国元国会議員のホームページ

http://ronpaulinstitute.org/archives/featured-articles/2018/may/26/syria-us-moves-to-protect-al-qaeda-and-isis-in-daraa/


by yakuraibosi | 2018-05-27 15:36 | Comments(0)
<< 自衛隊が購入する無人機 米国は世界史上最大の負債を抱え... >>