不気味な一致が次々…市場が震えるブラックマンデー再来

 世界恐慌の引き金を引いたブラックマンデー(1987年10月)の再来か――。株式市場が震撼している。世界同時株安の状況だ。

e0026609_20003189.jpg
 NYダウの大暴落を受け、6日の東京市場はパニック相場となった。

 一時、日経平均は前日比で1600円以上も値を下げた。

「下落率で7%となります。5%を超す値下がりは非常事態です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 ブラックマンデーの悪夢が蘇ったという専門家も大勢いる。

「ブラックマンデーが起きたのは、米FRBの新議長にグリーンスパン氏が就任した3カ月後でした。今回の暴落も、FRBの新議長にパウエル氏が就いた直後に起きました。奇妙な一致です」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

# by yakuraibosi | 2018-02-10 20:01 | Comments(0)

無限小の宇宙に大変動を起こすどんな技術も利用してはいけません---弥勒菩薩ラエル

無限小の宇宙に大変動を起こすどんな技術も利用してはいけません---弥勒菩薩ラエル

2016-01-18 08:29:05

弥勒菩薩からのメッセージin沖縄 さん

http://ameblo.jp/junichi-raelian/entry-12116770106.html

の引用です: "このビデオは凄い"だけが私の書き込みです。


説明は次のブログで

-------------------------



2016-01-12 22:24:00


1973年12月13日、ラエルは宇宙人エロヒムより地球人類の過去と未来に関する重要なメッセージを受け取りました。そのメッセージに
よれば、私達人間を含む地球上の全ての生命は、彼ら宇宙人エロヒムによって遺伝子工学を用いて創造されたと明かされています。

「大型ハドロン衝突型加速器」の実験施設の上空で、ブラックホールのような謎の現象が発生したと話題に。雲などの浮遊物が、1点に向かって吸い込まれていく!さらに・・・
e0026609_19542313.jpg

幸い途中で蒸発したのか、ミニブラックホールは消えてしまったのですが、実はこの現象が起きている場所は「大型ハドロン衝突型加速器」の実験施設の上だということです。つまり実験中に何らかのトラブルが発生しこのようなミニブラックホールができたのではないかという噂も。

さらに、良く見てみると、渦の下の方に謎の発光物体が・・・

このビデオは凄い!

https://youtu.be/ST6X0Ra7zOQ

http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9137583.html
☆宇宙人エロヒムから彼らのメッセンジャー弥勒菩薩ラエルが受け取った「粒子衝突加速装置」に関する警告のメッセージ

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース~2004年8月30日(月)


過去30年の間に、ラエリアン・ムーブメントの創始者弥勒菩薩ラエルは数多くの科学的進展について発表してきました。1973年12月に私達の創造者である宇宙人エロヒムからラエルが受け取ったメッセージは、宇宙には他にも生命が存在すること、新しい生命形態を創造する可能性、クローニング技術を使って私たち自身を再生する可能性、光速より速い速度で空間を移動する可能性についてはっきりと伝えています。これら全ての情報は、これまでに科学界で証明されたものもあり、受け入れられてきたものもあり、現在研究中のものもあります。

 無限の概念 もまた、ラエリアン哲学によってもたらさされた主要概念の一つであり、無限大と無限小の中にも生命が存在することを説明しています。

 地球上でこれまでに獲得された中で最も高い力のレベルに到達することになる超衝突型加速器を作り出す中国での決定を受け、エロヒムは私達に新しいメッセージを送り、分子がそのような強力な条件の下で衝突させられると無限小の中の生命が破壊される危険性がある
と警告しています。

「無限のあらゆるレベルにおいての平和、非暴力、調和の守護者であるエロヒムは、無限小の宇宙に莫大な大変動を起こすことになる如何なる技術も利用してはいけないと人間に要求しています。」

「それ(超衝突型加速器)が良くない理由は、膨大な数の文明を絶滅
させ、私たち自身の宇宙の均衡にも影響を与える可能性があるからです。科学は良いものであり、分子を融合させる分には制限を設けるべきではありません。しかし、無限小の粒子を壊したり砕いたりするために科学を決して使用してはなりません。」

「科学と愛は私達の哲学の土台となるものです。科学によってのみ人類はこの惑星上で生存し続け開花することができるのですから。しかし、科学はそれがあらゆるレベルの生命を尊重してこそ鍵となるので
す。」

とラエルはこの最新のメッセージを受け取った日本の宮崎でおっしゃいました。

ラエリアン・ムーブメントは、科学界にこの情報を伝え、関係者に警告し、彼らに自分達の実験が有害な結果をもたらす可能性があることに気付いてもらうための運動を始めます。

# by yakuraibosi | 2018-02-10 19:55 | Comments(0)

「純金のウンコ」をする微生物の仕組みがついに解明! “バイオ錬金術”で海水も金になる!?

e0026609_19292502.jpg

 金の輝きは古今東西多くの人々の心を引きつけて止まないが、世の中には金を塊にして排出する微生物が存在するという。サイエンスメディア「Science Alert」が2月6日付で伝えている。

■金のウンコ!?

 金の塊を作り出すのはCupriavidus metalliduransという微生物だ。金は単体では無毒である一方、金イオンには強い毒性があり、無機金塩類は劇物に指定されている。だが、この微生物は有害な金の化合物の存在下でも生きられる稀有な微生物の一種であり、体内に取り込まれた金の化合物から小さな金塊を作り出し排出する機能を持っている。いわば金のウンコをする微生物なのだ。

 C.metalliduransが金のウンコをすることは2009年に発見されていたのだが、科学者たちを悩ませていたのはその仕組みであった。金のような重金属が含まれる土壌は毒性が非常に強いのだが、なぜこの微生物はそんな場所で生存できるのか? この疑問に答えたのはドイツのマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクの微生物学者たちであった。


■現代の錬金術

 重金属を含む土壌の中では、有害な金イオンや銅イオンなどが容易にC.metalliduranの細胞の中に入り込んでしまう。通常の微生物であればその毒性で死んでしまうのだが、C.metalliduranはそれを排出する仕組みを持っている。その一つは銅イオンを細胞外に排出するCupAである。だが、金が存在するとこのポンプの機能が阻害される。そこで使われるのがCopAという酵素である。

 CopAは細胞内にある銅や金の化合物を吸収されにくい形に変換する能力を持っている。CupAの働きも邪魔されず、細胞内の余分な銅が排出される。そして同時に、金は細胞の外で数ナノメートルの小さくて無害な塊となる。論文は今年1月2日付で学術誌「Metallomics」に掲載された。

 この微生物を使えば、微量な金しか含まないような鉱石から金を精製することも可能になると考えられている。また、海水からも金の採取が可能になるかもしれない。とはいえ、現在はまだ夢物語に過ぎない。現代の錬金術が実現する日を楽しみにしたい。

(編集部)

参考:「Science Alert」「Martin-Luther-University Halle-Wittenberg」「Metallomics」ほか


# by yakuraibosi | 2018-02-10 19:30 | Comments(0)

9.11アメリカ自作自演テロに関与した悪人どもが国家反逆罪でついに起訴された ~世界中での資産凍結、そして公開処刑~

9.11アメリカ自作自演テロに関与した悪人どもが国家反逆罪でついに起訴された ~世界中での資産凍結、そして公開処刑~
竹下雅敏氏からの情報です。
 新年にふさわしい喜ばしいニュースです。“多くの人々が待っていたことがついに起こりました”。9.11の自作自演テロに関与した悪人どもが、国家反逆罪で起訴されたとのことです。2つの記事は同じ内容を伝えていると思いますが、なぜか、一方はネバダ州の最高裁であり、もう一方は地方裁になっています。どちらが正しいのかはっきりしませんが、大勢に影響は無いでしょう。
 冒頭の記事によると、起訴された連中は“最も厳しい判決を言い渡されることになる”とあり、パパブッシュやジョージ・ソロスは処刑されると書かれています。これはこの通りだと思います。
 証拠は完全に抑えられていて、迅速に処刑されていくのではないでしょうか。9.11はサウジアラビアもイスラエルも関与していることは明白なので、いずれ、こうしたこともニュースに上がってくるでしょう。それだけではなく、欧州の支配層も確実に関与しているはずなので、この大量逮捕が始まったのをきっかけに、イルミナティの13家が交渉のテーブルについたというのはとてもよくわかります。
 ロスチャイルド家を含むこのイルミナティの主要な家系は、小児性愛犯罪に深く関わっており、イルミナティの悪魔崇拝の実態が暴露されれば、全員が処刑されると見て間違いありません。全財産を没収されて公開処刑になるか、それとも無条件降伏を受け入れるかのどちらかだと思います。
 これまで、彼らが素直に反省し謝罪すれば、慈悲を受けられる可能性もあったと思いますが、彼らはそのチャンスを完全に逸してしまいました。
(竹下雅敏)

# by yakuraibosi | 2018-02-10 18:49 | Comments(0)

「本当の敵は戦争屋と金融ハイエナ」


e0026609_23090699.jpg

「本当の敵は戦争屋と金融ハイエナ」…原口一博議員が語る国政と世界の現状、新時代のビジョン

民進党衆議院議員の原口一博氏が、今地元佐賀の各地を回って、国政報告会を開いている。ネット中継もあったので見てみたが、これが非常に興味深い内容だったので、ご紹介したい。

「私達が戦っている本当の敵は自民党でも公明党でもない。本当の敵は戦争屋であり、金融ハイエナ」…こんなことを正面から断言する国会議員がかつていただろうか?筆者が数年前からブログやSNSでずっと主張してきたことと、ほぼ同じ内容を堂々と語ってくれる国会議員がついに現れた。元総務大臣、原口一博衆議院議員。今後とも大いに注目していきたい。

【主な内容】

アメリカ大統領のトランプ氏を当選させた人たちは「忘れられた人たち」と言われています。アメリカ西海岸のロサンゼルスやサンフランシスコ、あるいは東海岸のワシントンDC、ニューヨークにはグローバル企業の大富豪がいます。しかし、99%の人たちは貧困なんです。この人達が「自分たちは『金融ハイエナ』に勝手に(搾取)されてたんだ」と気がついて、トランプ氏を応援したんです。

もう一つの大きな要因が「軍事」です。ペンタゴン(米国防総省)の昨年10月に発表された使途不明金はなんと5.8兆ドル(580兆円以上)。日本の1年分のGDP(500兆円弱)以上の金額。これほど使途不明金があって、第7艦隊の汚職なども起きていますが、日本ではほとんど報道されていません。

今年の4月15日に北朝鮮のミサイルが今にも飛んでくるんじゃないかということで、日本は非常に緊張しました。アメリカの空母カールビンソンが朝鮮半島に近づいて、今にも北朝鮮を攻撃するかのように日本では報道されました。しかし、その時総理は「桜を見る会」を開いていました。実際には空母カールビンソンはシンガポールのはるか南にいたのです。いくら最新鋭の空母でも、5000キロも離れた場所から飛んで来ることなんて出来ません…宇宙戦艦ヤマトじゃないんだから。…そういうものが私達が見ている報道なんです。

今日私が申し上げたいことは「戦争屋」「死の商人」がいて、結構大きな力を持っているということです。アメリカはしょっちゅう戦争をしています。1993年から湾岸戦争、2001年からアフガン(対テロ)戦争、2003年からはイラク戦争。たくさんの子供達を亡くしましたが、この実態は「戦争屋」の仕業だとわかってきました。

ベトナム戦争は自作自演でしたね。トンキン湾事件は北ベトナムが仕掛けたことになっていましたが、実はアメリカの戦争屋が仕掛けたものでした。湾岸戦争の時、トマホークミサイルがイラクの首都バグダッドにバンバン打ち込まれている映像が流れましたが、私はバグダッドに行き、空爆で大きな穴が空いた防空壕も見ました。そこでは誤爆で一瞬で多くの子供達が亡くなった…そんなことを(アメリカは)やっているんです。

昨年暮れにマニング上等兵という方が釈放されました。マニング上等兵が投獄されていた理由は、米軍がイラクの人たちを虫けらのように殺しているのを見て義憤に駆られ、5万通に及ぶ機密メールを暴露したからです。私もそれを見ましたが、本当に悲惨なものです。

IS(イスラム国)はなぜあんなにたくさんの武器を持っているのか?彼らをうしろで支えているのは誰か?…それがわかってきました。また、9.11の同時多発テロでは、CIAの元職員が亡くなる前に「あれ(WTCの爆破)は私がやりました」と告白しました。一気にビルが崩れ落ちましたが「(飛行機が突っ込んでも)あんなことは起きない、自分たちが爆破を仕掛けたんだ」と。

私達が戦っているのは自民党や公明党ではないんです。この「自作自演の戦争屋」と戦っているのです。

トランプは若い頃、軍のアカデミーで軍人教育を受けています。軍人というのは実は変な戦争をしないんです。トランプは明らかにこの「戦争屋」と戦っています。

トランプはシリアにミサイルを撃ち込みました。あれは「ガラクタの山」に打ち込んでいるんです。あれはプーチン氏と組んでやってるんでしょ?戦争屋をあぶり出すために。日本ではこの戦争屋の手先がずっと邪魔をしています。私達の鳩山内閣も邪魔をされました。鳩山内閣は北東アジアの冷戦構造を変えようとしましたが、アメリカの戦争屋とつるんだ連中が鳩山さんの足を引っ張った…その資料が出てきました。今僕はそれを国会で追求しています。

安倍政権がやっているマイナス金利政策や、年金を株に投入して株価を無理やり引き上げる政策で、バブルを起こし、一部の人間が大儲けしています。日銀のバランスシートは今世界の中央銀行の中で最低最悪。ECB(ヨーロッパ中央銀行)、FRB(アメリカの中央銀行)の対GDP比の3倍もバブルを膨らましている…これがアベノミクスです。つまり金利バブルを膨らましている。バブルは一部の者だけが儲けるが、潰れて損をする時はみんなに負担がかかる。だからバブルを起こす政治は絶対にダメなんです。

私達の目指す「明るく温かい政治」は、金融グローバリズム、あるいは戦争屋のような敵をはっきり見つけて、それと戦うのです。残念ながら我が民主党(民進党)の中にもその「敵」がいた。だから私は昨日いいました。「野田幹事長が辞めて、それで終わりですか?終わらんでしょ?」と。

東京都の予算は13.6兆もある。これはスウェーデンの国家予算とほぼ同じ。スウェーデンは軍事国家で、かなりの軍備を持っています。しかも「ゆりかごから墓場まで」と言われる手厚い福祉をこの13.6兆円で実現している。東京都はどうですか?…これを変えなきゃいけないんです。こんなオスプレイなんかに3400億も使うんじゃなくて、子どもたちや、私達の老後のために使いましょう。

【激動の時代を読む!~ Change The World ~ 2017.7.26.】


# by yakuraibosi | 2018-02-09 23:09 | Comments(0)

「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに

「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに

e0026609_22444379.jpg
多くの人を苦しませている「がん」の治療でまた新たな成果が報告されています。スタンフォード大学の研究チームは、2つの免疫系刺激物質をマウスの腫瘍に直接注入することで、その部位だけでなく全身に分散していた腫瘍までをも消滅させることができたと発表しています。

Cancer ‘vaccine’ eliminates tumors in mice | News Center | Stanford Medicine
https://med.stanford.edu/news/all-news/2018/01/cancer-vaccine-eliminates-tumors-in-mice.html

がん治療の際に用いられることが多い「抗がん剤」には副作用が多くみられるため、一定のリスクが伴うといわれています。しかし今回、スタンフォード大学の研究チームが開発した方法によると、2種類のごく少量の薬剤を腫瘍部位に直接注入することで効果的に腫瘍を小さくし、消滅させることが可能になるとのこと。

この薬剤は、体の免疫系に対して刺激を与える物質などからなっており、腫瘍学の教授であるRonald Levy博士はその効果について「このアプローチは、腫瘍特異的な免疫ターゲットを特定する必要性を回避し、免疫系の大規模な活性化や患者ごとの免疫細胞に応じたカスタマイズを必要としません」と従来の治療法との違いを述べています。Levy博士は、がん治療のために身体に備わった免疫系を活用する「がん免疫療法」の先駆者で、悪性リンパ腫の治療に用いられる抗体薬(モノクローナル抗体)である「リツキシマブ」の開発を導いたこともある人物です。

e0026609_22452003.jpg

# by yakuraibosi | 2018-02-04 22:45 | Comments(0)

なんと””

https://www.facebook.com/WatchTheMagicShow/videos/10157130671842627/
# by yakuraibosi | 2018-01-23 22:14 | Comments(0)

「ドローンは、米軍にとっての悪夢」---米誌

アフガニスタン・中東ではドローンを遠距離操作して映像を見ながら攻撃に使っていた米軍。やりたい放題だった。今後は自分がやられる番。

ロシアの方が対ドローン兵器が進んでいる。現場の声が反映されて作られるロシアの兵器。根本的に軍需産業を儲けさせるための米軍兵器。

一般の商品開発と同様に、現場の声を反映して作らないと使い物にならない。米国に押し付けられた自衛隊兵器にも使い物にならない・今後使うことはないことが明らか、なものが。

米国にはないロシアの対空システム
https://ameblo.jp/junzom/entry-12346529485.html


# by yakuraibosi | 2018-01-23 22:01 | Comments(0)

極秘計画でバクテリアを使った世界大量殺戮

米国、イスラエル及びいくつかのNATO諸国の軍隊は極秘計画でバクテリアを使った世界大量殺戮について作業しています。


# by yakuraibosi | 2018-01-23 21:56 | Comments(0)

性的な誘いをレイプと間違えてはなりません!

e0026609_19571716.jpg

マイトレーヤ・ラエルのコメント:

彼女は全く正しいです!
清教徒主義を止める時が来ています!
性的虐待は悪いですが、
普通に性的な話を持ちかけることとか
性的な誘いをレイプと間違えてはなりません!
---------------------------------------------
ドヌーブさん「女性口説く権利ある」=過度なセクハラ告発非難
1/10(水) 5:51配信
 【パリAFP=時事】仏女優カトリーヌ・ドヌーブさんは9日、
仏女性作家ら約100人と連名でルモンド紙に公開書簡を発表し、
世界各地で相次ぐセクハラ告発について
「口説く自由は認められるべきだ」と男性側を擁護した。
  ドヌーブさんらは「性暴力は犯罪だが、誰かを口説こうとする行為は
たとえしつこかったり不器用だったりしたとしても犯罪ではない」と主張。

「誰かの膝に触ったり、一方的にキスをしようとしたりしただけで職を失い、

即刻罰せられている」と指摘し、男性が不当に名誉を傷つけられていると擁護した。

 米映画プロデューサーによる有名女優へのセクハラ騒動に端を発して

世界中に広まった告発の動きを「魔女狩りだ」と非難。

同調しない女性を裏切り者と見なす風潮が生まれたと指摘した。

# by yakuraibosi | 2018-01-23 09:43 | Comments(0)